広告

期間は、本日から12月15日まで。

還元率は20%。
還元上限額は1カードにつき1万円(5万円利用分まで)。
キャッシュバック時期は、2020年3月の利用明細書(カード利用額があればそこから相殺され、キャッシュバックのほうが多額であれば引き落とし口座に送金される)。
利用カードの枚数制限はなし。

※複数のJCBカードを保有しているときは、複数枚×1万円が還元されます。
※家族カードは、別枠で還元。家族カードが複数枚あれば、家族カードの枚数×1万円が還元されます。

MyJCBにログインし、それぞれのカードに切り替えて、それぞれのカードの専用サイト内からキャンペーン登録が必須。
家族カードは、家族自身のMyJCBにログインしてキャンペーン登録する必要あり(本会員がキャンペーン登録しても、エントリーは本カードだけで家族カードはエントリーされない)。

過去にApplePayを利用していてもキャンペーン登録すれば対象。

私は、「JCBカードでApple Payをはじめよう!キャンペーン」(ApplePayで初めてJCBを利用すると、5万円まで10%還元されるというもの。モバイルSuicaも対象)を利用し、ほぼ全額をモバイルSuicaに突っ込みましたが、本カードと家族カードで5000円ずつキャッシュバックされる予定です(キャッシュバックは9月10日の利用明細に既に反映されています)。

しかし、今回のキャンペーンはモバイルSuicaやネットショップは対象外です。


Apple Pay、 Google Pay による日本国内のQUICPay・QUICPay+(クイックペイプラス)TM加盟店でのご利用分が対象です。Suicaチャージ・オンラインショップなどのご利用分は対象となりません。


なお、今回のキャンペーンは、カード番号が「354」から始まるものに限定されています。
リクルートカードプラス、リクルートカード(JCBのみ)は対象ですが、イオンカードは対象外です。

還元率は、リクルートカードプラス22%、リクルートカード21.2%、ザ・クラス20.5%となります。
https://www.recruit-lifestyle.co.jp/news/lifestyle/nw28338_20190816
https://www.recruit-lifestyle.co.jp/news/lifestyle/nw28329_20190816

私は、JCBカードはザ・クラス(登録済)とリクルートカードプラス(今登録しました)の2枚を保有していますので、5万円×カード2枚×還元率20%=2万円までキャッシュバックを受けることができます。
さらに、妻の家族カード(ザ・クラス)で5万円×還元率20%=1万円までキャッシュバックを受けることができます。

ただ、リアル店舗でのクイックペイ決済限定のため、どこまでしゃぶり尽くせるかは分かりません。

【2019.8.16 17:05追記】

クイックペイには、クイックペイとクイックペイプラスの2種類があります。
両者の違いは、1回2万円までか、2万円を超えて決済できるかどうかという点です。

ApplePayとGooglePayにはクイックペイプラスが搭載されていますので、クイックペイ加盟店では1回2万円まで、クイックペイプラス加盟店では制限なく利用することができます。

しかし、本キャンペーンは5万円を超えた利用に旨味はありません。

デスクに確認したところ、1個の商品を購入するとき、クレジットカードで決済を分けることは加盟店規約に違反するが、クイックペイであれば分けて決済しても構わないということでした。

※dカードに確認したときも、iD決済は1個の商品代金を自由に分けて決済しても構わないとの回答を得ています。

そうすると、クイックペイ加盟店で2万円を超える商品を購入する際、2万円ずつ分割して決済することで本キャンペーンをしゃぶり尽くすことができます(事前にレジの人に確認する必要がありますが、JCBが許可していると言えば通るでしょう)。

また、クイックペイプラス加盟店で8万円の商品を買うとき、5万円はAカード、3万円はBカードに分割してもJCBの加盟店規約には違反しないはずです(こういう微妙な点は確認すると改悪リスクがあるため、あえてデスクには確認していません)。

広告

コメント

https://t.co/RTAD6JwDBg
これ関連でしょうか。当方もリクプラホルダーですが、現実的にどこで買い物するのかイメージ湧いてません、、

No title

コメントありがとうございます。

>『リクルートカード』『リクルートカードプラス』がJCBブランドで「Apple Pay」に対応開始
https://t.co/RTAD6JwDBg

私は、漠然とリクルートカードプラスはApplePayに登録できないと思っていましたが(前回の5万円まで10%キャッシュバックキャンペーンも対象外でした)、デスクは対象であると明言するし、リクルートカードプラスのログインページにもキャンペーンが表示されてエントリーできたことから、やってみたら先ほど登録できたので勘違いだと考えていました。

8月15日から対応していたんですね。
大変参考になりました。

>現実的にどこで買い物するのかイメージ湧いてません

ガソリンスタンドでも対応しているところがありますし、かなりの飲食店も対応しています。私はさきほどバーミヤンで利用しました。

JCBとしては、これをきっかけにしてクイックペイ決済の習慣を顧客に身につけてほしいのでしょうね。

ID

リクルートカードを作る予定です。
アップルペイにつなげたら、IDの使えるお店で使うことが出来ませんか。
いつも、ありがとうござます。

No title

コメントありがとうございます。

>アップルペイにつなげたら、IDの使えるお店で使うことが出来ませんか。

今回のキャンペーンはJCBカードのものですので、JCBのリクルートカードを作る必要があります(リクルートカードの頭番号も「354」から始まるため、本キャンペーンの対象です)。

なお、利用店舗はクイックペイ加盟店となります。

リクルートカードプラスの本会員と家族カードが一枚ずつあります。
Apple Payがついているスマホが、本会員の私だけです。家族カードの妻の分も私のiPhone7に紐付けして大丈夫でしょうか?

No title

コメントありがとうございます。

>家族カードの妻の分も私のiPhone7に紐付けして大丈夫でしょうか?

非常に危険なにおいがしますね。
2人分ともに対象外にされるリスクがありますから、私ならばやりません。

No title

リクルートカードプラスが、アップルペイに
登録可能となり、バンザイです\(^o^)/。


カードも更新されているようなので、(ネット上では更新期限が7年となっていた人も)、嬉しいです。

一枚のリクプラを僕と嫁でどちらもApple Payに登録しましたが、実店舗で嫁がQUICPay反応せず決済できませんでした。
僕は同行してないのでまだ試してないです

これは仕様でしょうか、危険ですかね?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

コメントありがとうございます。

>カードも更新されているようなので、(ネット上では更新期限が7年となっていた人も)、嬉しいです。

私の更新は来年の3月ですので、2027年3月まで延びれば嬉しいのですけれど。

>一枚のリクプラを僕と嫁でどちらもApple Payに登録しました

ApplePayの仕組みがよく分からないので、名義の違うカードを登録するのはやめたほうがよいと思います。

私ならば怖くてできません。

非開示設定でしたので、貼り付けます。


>お世話になっております。
リクルートカードのJCBでナナコチャージは還元されませんか?
>すいませんでした。
スマホ決済だからナナコチャージはだめですね。


イオンカードは元々nanacoチャージができないカードですが、詳細な除外リストを作成したことから、仮にnanacoチャージができていたら除外リストに含まれていたと思います。

JCBカードも今回のキャンペーンでモバイルSuicaチャージを除外していますので、やらないとは思いますが、仮にプラスチックカード全般のキャッシュバックキャンペーンをしたとしても各種チャージは除外されると思います。

No title

今から申し込むならどのJCBカードがよいと思いますか?

No title

コメントありがとうございます。

今日の記事をご覧ください。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理