【追記あり】イオンカード20%還元まで、あと10日

イオンカードは、新規発行者限定で、イオンカードの決済額の20%を還元するキャンペーンを開催しています。

上記キャンペーン及び発行すべきイオンカードの詳細は、下記記事をご覧ください。
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1380.html

広告

さて、上記キャンペーンは、利用期間が7月、8月、9月の月末に限定されています。

私は、昨年12月4日に20%還元キャンペーンを開催したPayPayがわずか10日で終了したことから(終了日は12月13日)、イオンカードのキャンペーンも7月分で終了するものと予想していました。
しかし、8月上旬に途中終了のアナウンスがなく、様々な媒体でこのキャンペーンの宣伝が継続していることからすると、8月25日からのキャンペーンはどうやら開催されそうです。

私は、7月1日にイオンカード(ミニオンズ)を申し込み、8日にカードが到着しました。
その後、妻と母の家族カードを作り、総額で42万1522円を利用しました。残り枠は7万8478円です。
支払日が9月2日であることから、このままでは8月25日からのキャンペーンをしゃぶり尽くせません。そこで、デスクに電話し、事前振込によるクレジットカード利用額の回復をしました。

※イオンカードに電話すると、振込先の銀行口座名を口頭で教えてくれるので、そこに残高全額を振込送金すると、3~4日ほどで利用可能額が回復します。もちろん事前振込をしたとしても、20%キャンペーンの対象外にはなりません(電話確認済)。

しかし、よくよく考えると、8月下旬はEクラスの車検が控えています。
また、Cクラス(9年目、もうすぐ10万キロ)のエンジンがかからなくなったので、その修理もしなければなりません。

※Eクラスの車検費用は、ヤナセに支払うお金(法定費用等を除く)は5万5836円(前回の3年目の車検)です。
法定費用(クレジットカード決済不可。現金持参)は6万7010円であるとの事前連絡が来ています。

※Cクラスは、先月末からエンジンのかかり具合がおかしいので見てもらったところ、煤が固まってしまっているのでユニット交換が必要であり、修理費用が21万円かかるそうです。
また、前回の点検時にバッテリーがかなり弱っているので1年以内にバッテリー交換が必要だと言われています。その費用は4万2522円です。

そこで、今月末、Eクラスの5万5836円、Cクラスの修理代21万円、Cクラスのバッテリー交換費用4万2522円の3回に分けてイオンカードを切ろうと考えています。
事前振込をしてイオンカード(ミニオンズ)の利用可能枠を開けた理由は、Cクラスの修理代21万円を支払うためです。1回のショッピングにおける還元上限額は1万円ですので、還元率は1万円÷21万円=4.76%に下がりますが、リクルートカードプラスで支払ったときの還元額は4200円ですから、イオンカードにすれば5800円の儲けになります(しかも、リクルートカードプラスはポンタポイントに対し、イオンカードは現金キャッシュバックです)。
そうすると、残りの2回のヤナセ支払分が不足しますが、既に妻名義でイオンカード(ミッキーマウス)を発行済で、私名義の家族カードの申込みも済ませましたので、これから到着する家族カードで決済する予定です。

※キャンペーン細則には、次のように記載されています。

2019年7月1日(月)~2019年9月30日(月)の入会期間中に新規でご入会いただき、発行されたカード(以下、対象カード)で、利用期間中にカードショッピングをご利用いただいた方に、ご利用金額の最大20%をキャッシュバックいたします。
本キャンペーンにおけるキャッシュバック上限金額は、おひとりさまにつき合計10万円となります。
同一名義の対象カードが複数枚ある場合、キャッシュバック上限金額は、全対象カード合計で10万円となります。(カード1枚ごとに10万円とはなりません)
対象カードにひもづく家族カードやETCカード、イオンiD、Apple Payなどのご利用分もキャッシュバック対象となります。

つまり、家族カードの利用分は対象カード(本会員)の利用分として扱われるわけですね。

妻のイオンカード(ミッキーマウス)は、8月6日に申し込み、14日に自宅に届きました。申込日を含んでわずか8日で到着したことになります。
したがって、まだイオンカードの申し込みをしていない人でも、今すぐ申し込めば今月末のキャンペーンに間に合う可能性は高いと考えられます。

なお、ネットショッピングは、利用日が注文日ではなく発送日となることがあります。
したがって、ネットショッピングでイオンカードを利用するときは、25日になったらすぐに注文し、31日までに発送されることを祈るべきです。

ちなみに、アマゾンは8月31日午前9時からタイムセール祭りを開催します。
31日中に発送されるか微妙なところですが、アマゾンで買いたいものがある人はダメもとでチャレンジしてもいいかもしれません。

【2019.8.15 19:01追記】

書き忘れましたが、イオンカードにはショッピング保険が自動付帯しています。

※ショッピング保険とは、クレジットカードで購入した商品が破損、火災、盗難事故にあったときに適用される保険です。

このショッピング保険は優れものです。

1品5000円以上のものであれば自動付帯され、自己負担額はゼロ。
スマホや眼鏡にも適用されます(コンタクトレンズは除外。眼鏡のレンズのみの破損は除外、フレームと一緒にレンズも破損したときは対象)。
保証期間は購入日から180日、年間保証限度額は50万円(ゴールドカードは300万円)です。

JCBの最高峰カードである「ザ・クラス」と比較してみます。

保証対象 1品いくら以上という制限はない(ザ・クラスの勝ち)、スマホは除外(イオンカードの勝ち)
自己負担額 3000円(イオンカードの勝ち)
保証期間 購入日から90日(イオンカードの勝ち)
年間保証限度額 500万円(ザ・クラスの勝ち)

というわけで、イオンカードは1品5000円以上のものという制限はあるものの、それ以外ではザ・クラスよりも優れた保証内容となっています。

私は、今月末、家族カードで眼鏡を新調する予定です。


広告

コメント

イオンカードの次がなかなか出てきませんね。
楽天カードあたりがやってくれないものか。次のキャンペーンが楽しみです

No title

コメントありがとうございます。

>イオンカードの次がなかなか出てきませんね。

イオンカードの今回のキャンペーンは破格ですから、他社は追随しないと思います。

>楽天カードあたりがやってくれないものか。

楽天は、こういうものは意外と渋いです。
楽天ペイは還元率5%にしたものの、他社のペイキャンペーンと比べると全く魅力的ではないですし。

記事に全く関係なくて申し訳ありません。
いつも楽しくよませてもらっています。

母が定年を迎えるにあたって、退職金が出ますが、その運用について相談です。

60歳の母には、3月に2500万円程支給されると思います。母は金融知識がなく、おそらく銀行のいいなりになる為、今から何か伝えられることがないか模索中です。
銀行の退職金プランは金利は高いですが、手数料の高い投資信託と抱き合わせだったり、高金利適用期間が短いなど、リスクだらけなので使わせるつもりはありません。
私としては、国債のキャンペーン、普通預金、少しだけネットの投資信託など考えています。おそらく母は保険関係はかなり金をかけている為、保険はあまり考えておりません。
男爵様だったらどのようにしていかれますか?ご助言いただけると幸いです。

No title

コメントありがとうございます。

>60歳の母には、3月に2500万円程支給されると思います。
銀行の退職金プランは金利は高いですが、手数料の高い投資信託と抱き合わせだったり、高金利適用期間が短いなど、リスクだらけなので使わせるつもりはありません。

3か月定期とか6か月定期とかしかないですし、契約するためには店頭に行く必要がありますしね。

>私としては、国債のキャンペーン、普通預金、少しだけネットの投資信託など考えています。

国債のキャンペーンをするとして1年で10万円(1000万円あたり4万円×2.5=10万円)ですし、1年ごとに大和証券とみずほ証券を乗り換える必要があります。

かといって、それまで投資経験がなかった人が定年退職をきっかけに投資デビューをすべきではありません。

お母さんが他にどれだけの資金があるのか分からないため何とも言えませんが、お母さんが1年に1回、証券会社に電話して解約する手間を厭わないのであれば個人向け国債の乗り換えでよいと思います。

投資に興味があるのであれば、個人向け国債と並行して、一部資金でつみたてNISAに限定してやってみて、5年程度の投資経験を積んでから特定口座に拡大するのもいいかもしれません。

アマゾンプライムの年会費

イオンカード20%キャッシュバックキャンペーンの開催期間中にアマゾンプライムの年会費の引き落としは対処でしょうか?

No title

コメントありがとうございます。

>アマゾンプライムの年会費の引き落としは対処でしょうか?

会費は対象外ですので、イオンカードに発覚したらダメでしょうね。

ただ、アマゾンは、マーケットプライスを除き、アマギフチャージしてもショッピング特別できないという噂がありますので、通るかもしれません。
掛金は還元率が0.5%になってしまうかどうかにすぎませんので、チャレンジしてみる価値はあると思います。

イオン セレクトカード

いつも、ありがとうござます。
イオンセレクトカードで、スターバックスカードは、20%OFFの対象にはならないだろうか?
宜しくお願いします。

No title

コメントありがとうございます。

>イオンセレクトカードで、スターバックスカードは、20%OFFの対象にはならないだろうか?

除外です。

No title

定期券も買えそうですね、今の定期を解約して新しく6ヵ月定期を買おうと思います

No title

コメントありがとうございます。

>定期券も買えそうですね

除外リストに載ってませんから、今後リストに追加されなければいけそうですね。

>今の定期を解約して新しく6ヵ月定期を買おうと思います

私は、定期券や回数券は、今後、除外リストに追加されるリスクが一定程度あると考えています。
勝負するのであれば、それを踏まえて勝負してください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

非開示設定でしたので、貼り付けます。


お世話になります。

①車検、その際の修理代はOKでしょうか。
②学会などの年会費はダメですよね。
③子供の印鑑やスーツは問題ないと思いますが、注文した日と支払日が異なる場合は、両方が期間内にしないといけないものでしょうか?
可能な範囲で回答頂ければ幸いです。

No title

コメントありがとうございます。

>①車検、その際の修理代はOKでしょうか。

除外リストに載っていないので、大丈夫だと思っています。

>②学会などの年会費はダメですよね。

除外リストには「月会費」と記載されていますが、「年会費」とは記載されていません。
ダメもとでやってみる価値はあると思います。

>③子供の印鑑やスーツは問題ないと思いますが、注文した日と支払日が異なる場合は、両方が期間内にしないといけないものでしょうか?

注文日は無関係です。
カード決済をした日が利用明細書に載ることになりますが、リアル店舗では買った日ですが、ネットショップでは発送日になることが多いようです。

paypay

はじめまして。
いつも貴重な情報を参考にしております。

近所の商店で、現金決済だけであったところが、paypayのみ導入をはじめた店がいくつかあります。

paypayにイオンカードを登録していますが、この場合は20%キャッシュバックの対象になりますでしょうか?
よろしくお願いいたします。

No title

コメントありがとうございます。

>paypayにイオンカードを登録していますが、この場合は20%キャッシュバックの対象になりますでしょうか?

除外リストには掲載されていないため、現状であれば還元対象です。

しかし、10月15日の判定日にどのような判定がなされるかは予測できませんので、ダメ元で考えたほうがよいでしょう。

PayPayにイオンカードを紐づけ、仮に還元対象外になったとき、PayPay残高払いをしたときの4%(YJカードチャージの1%分を含む)を失う結果になります。

4%を賭け金にして20.5%にチャレンジすることになります。
やってみる価値はありそうですね。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理