ジュニアNISAの残枠33万3338円を一括投資しました

私は、毎年の正月、子供に幾ら贈与するかをその都度決めて子供名義のみずほ銀行の普通口座に振込送金しています。

※その年の贈与金額をその年の正月にその都度決める理由は、定期贈与の該当可能性をなくすためです。




※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●上新電機(8173)を実質無料で手に入れる方法
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1414.html

●熱いぞ夏のペイ祭り
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1411.html

まだメルペイに登録していない人は、アプリを最初に起動させたとき、以下の招待コードを利用してください。
あなたも私も300ポイントが手に入ります。


【招待コード】  HJTRYV

広告

さて、その年の正月に110万円(贈与税が課税されない上限額)を贈与すると決めたとき、80万円はジュニアNISA口座で、30万円は特定口座源泉徴収なしでスリム先進国株を買うことになります。

私は2016年からジュニアNISAを利用していますが、これまではずっと月額6万6666円ずつ先進国株インデックスファンド(2016年と2017年はたわら先進国株、2018年以降はスリム先進国株)を購入してきました。

その理由は成人した子供に対して実際の含み益を示すことで

「つみたて投資のパワー」

を実感させるためです。

しかし、考えてみれば、ジュニアNISAは5年で終わりです。
私の場合は、2016年からジュニアNISAを利用していますので、2020年の非課税投資枠が最後となり、以後はもう追加投資することはできず、子供が成人するまで寝かせたままです。
そうすると、つみたて投資をしたといっても、含み益はつみたて投資のおかげではないことになります。
しかも、子供が成人した後は子供名義の特定口座にその時点の基準価額を取得価額として払い出されることから、含み益のパワーを一目で実感させることもできません。

結局のところ、「パパがお前のために400万円で買った先進国株インデックスファンドが今では〇〇円に増えたんだぞ」としか言えないわけですね。

私は昨日、このことに気づき、愕然としました。
丁度よいことに、円高が進み、株価も下落傾向にあります。

そこで、2019年分の残り枠33万3338円でスリム先進国株を買ってしまうことにしました。
来年はジュニアNISAの最後の投資可能年ですが、来年の正月、心機一転してその年の贈与額を検討し、それがジュニアNISAの非課税投資枠80万円を超えるときは、1月中に全額を一括投資してジュニアNISA口座における投資行動を終了させようと考えています。

なお、ジュニアNISAの投資額80万円を除いた残りの30万円については、現在、ゴトウビ積立(毎月5日4100円、10日4100円、15日4500円、20日4100円、25日4100円、30日4100円、合計2万5000円)をしています。
これは私が死ぬまでずっと継続します(ジュニアNISAが終了した2021年からは積立金額を増やす予定です)。


広告

コメント

No title

 いつも参考にさせて頂いています。記事とは関係ありませんが、円高と株安で保有米国ETFが、評価損状態になりました。
 このチャンスに売却し、Slim先進国に乗り換えるべきか悩んでいます。
 また、乗り換えるとしたら、為替手数料を節約する為に楽天からSBI銀へドル送金円転し、購入までのタイムラグリスクを取ることは、本末転倒でしょうか。
 よろしくお願い致します。

No title

コメントありがとうございます。

>円高と株安で保有米国ETFが、評価損状態になりました。このチャンスに売却し、Slim先進国に乗り換えるべきか悩んでいます。

米国ETFが何か分からないので何とも言えませんが、VTやVTIであれば、私ならばそのまま保有し続けます。
これからVTやVTIに投資するのであればスリム先進国株をお勧めしますが、既に購入済みであれば乗り換える必要はないと考えるからです。
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1334.html

>乗り換えるとしたら、為替手数料を節約する為に楽天からSBI銀へドル送金円転し、購入までのタイムラグリスクを取ることは、本末転倒でしょうか。

これは何を目的としているのでしょうか?

No title

お考えを教えて頂きありがとうございます。リンク先も再読しました。
 ETFは、SPY,DVY,EFA,EEMを同額買い放置していたのですが、特定口座非対応の頃購入した為、売却し特定口座化しようと考えていました。
 一番シンプルそうな、楽天のままでのVTかVTIへの買い換えにしようと思います。
 円転時の為替コストが気になったので楽天からSBIへの移動も考えていましたが、やめようと思います。
 
 

No title

コメントありがとうございます。

>特定口座非対応の頃購入した為、売却し特定口座化しようと考えていました。

一般口座は管理が面倒ですから、タイミングを見て売却すべきだと私も思います。

しかし、含み損の時に売却すると損が確定してしまうため、微益が出るまで待ったほうがよいと思います。

>楽天のままでのVTかVTIへの買い換えにしようと思います

楽天証券で米国株を保有していると、コーポレートアクションがあったときに強制的に一般口座に払い出されてしまうリスクがありますし、特定口座から特定口座への出庫もできませんので、他社にすべきです。

>円転時の為替コストが気になったので楽天からSBIへの移動も考えていました

少し見てみましたが、電話で依頼しなければならず、すごく面倒で時間がかかりそうです。

私ならば、手持ちの現金を一時的に流用し、同日売買をします。

例;8月6日15時までにスリム先進国株を200万円注文し、8月6日から7日のニューヨーク市場で200万円分のETFを売却する
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理