楽天マガジン、4か月99円キャンペーン(8月30日11時59分まで)

楽天マガジンという雑誌読み放題サービスがあります。


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●熱いぞ夏のペイ祭り
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1411.html

まだメルペイに登録していない人は、アプリを最初に起動させたとき、以下の招待コードを利用してください。
あなたも私も300ポイントが手に入ります。

【招待コード】  HJTRYV

広告

楽天マガジンは、2019年8月でサービス開始3周年を迎えます。

8月1日から、「3周年を記念し、3か月間は月額33円(税抜)キャンペーン」が始まりました。

キャンペーンの概要です。

●キャンペーン期間
2019年8月1日(木)12:00 - 8月30日(金)11:59

●キャンペーン内容
下記の条件をすべて満たす場合に、楽天マガジンの月額料金を3ヵ月間は33円(税抜)にいたします。
・「キャンペーン期間」中に初めて楽天マガジンにお申し込み
・「キャンペーン期間」中に月額プランにお申し込み

●注意事項
初めて楽天マガジンにお申し込みされた方のみが対象です。
年額プランをお申し込みのお客様は対象になりません。
年額プランから月額プランへの変更は対象になりません。
本キャンペーンは予告なく中止または延期させていただく場合がございます。
無料期間終了後、3ヵ月分の利用料金99円(税抜)のお支払いとなります。
無料期間終了後、3ヵ月間の途中で解約してもお支払いいただいた利用料金は返金されません。
有料会員4ヵ月目以降は毎月380円(税抜)のお支払いとなります。


つまり、

(1)これまで楽天マガジンを利用したことがないこと
(2)年額プランではなく月額プランで利用開始すること
(3)3か月分の料金99円(税抜)を一括前払いすること(途中解約しても返金はなし)

という条件を満たすと、最初の1か月無料キャンペーンが重畳して適用される結果、4か月99円(税抜)で利用することができることになります。

利用期間について、説明文には次の記載があります。


例:8月6日にお申し込みした場合、9月5日まで無料期間、9月6日から12月5日まで99円(税抜)


私は、2017年11月5日から楽天マガジンを利用しています。

当初はiPhoneで閲覧していましたが、画面が小さくて非常に見にくかったことから、子供の見守りケータイを契約したときに抱き合わせで契約したタブレット(レノボTab3、8インチ)で閲覧していました。
しかし、レノボは実質無料で配布されていることもあってか、パワー不足で時々画面が凍ります。

最近、iPad miniを格安で入手したことから、楽天マガジンもiPad miniで閲覧していますが、さすがアップル、非常に快適です。
iPad miniで楽天マガジンを閲覧すると、拡大しなくても普通にページをめくるだけで快適に字を読むことができます(レノボはところどころ拡大しないと読めませんでした)。

楽天マガジンの利用料金は月額380円(税抜)ですが、年間契約をすると月額300円(税抜)となります。
しかも、楽天ポイント払い設定ができるため、期間限定ポイントで支払うこともできます。

4か月99円はとても得ですから、まずはこのキャンペーンを利用して試してみて、4か月の期間終了間際に年間契約に変更するのがよいでしょう。

なお、「楽天 はじめて」で検索すると楽天マガジンの初回利用で1000ポイントが貰えるキャンペーンにエントリーすることができます。
しかし、いきなり年間契約をするのはハードルが高いでしょうし、1か月の無料期間はあるにしてもこういう定期サービスは数か月利用してみなければ自分にとって本当に必要なサービスなのかは分かりませんので、まずは今回の99円キャンペーンを利用したほうがよいと考えます。


広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理