【追記あり】SBI証券、Tポイントで全投信を購入可能に(7/20~)

SBI証券で、7月20日から、全ての投資信託の購入資金の全部または一部にTポイントを利用することが可能になります。




※イオンカードの新規発行で、3か月連続で還元率が20%となります。

●d払い+イオンカードで40%還元か?
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1380.html

広告

ソースは日経新聞です。

●SBI証券、Tポイントで投信買い付け可能に 投資初心者取り込む
SBI証券は20日から、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が展開する共通ポイント「Tポイント」で投資信託を購入できるようにする。
対象はSBI証券が取り扱う2600本超の投信全て。SBI証券では100円から投信が買えるが、Tポイントの保有者は1ポイント=1円単位で購入費の全額や一部に充てられる。SBI証券での投信保有額や国内株式などの取引額に応じて別途、Tポイントをもらえる仕組みも導入する。


日経新聞によると、1円単位でTポイントの利用が可能となるほか、投信保有額に応じてTポイントを付与するようです。
SBI証券は、既に投信保有ポイントを導入していますので、これをTポイントに置き換えるのか、超低コスト投信に対しても一律0.048%の楽天ポイントを付与する楽天証券に対抗するのか、どちらなのかは不明です。

しかし、楽天証券が楽天カード投資で購入額の1%、超低コスト投信に対しても保有額の0.048%をそれぞれ付与するのは、楽天ポイント経済圏を構築するための販促費の意味があります。
SBI証券がTポイントをばらまいてもSBI証券にメリットはありません。
そのため、楽天証券と同水準のポイント付与率にするためには、このところ加盟店離れが起きているTポイントが顧客をつなぎとめる販促費としてSBI証券に対するTポイントの販売価格を大幅に引き下げる必要があるものと思われますが、仮にそうしたとしても楽天グループ一体となった楽天ポイント経済圏ほどの効果は発生しないでしょう。

というわけで、現在の投信保有ポイントをTポイントに置き換えるだけになりそうです。

しかし、毎月20日のウエルシアのキャンペーン(Tポイント払いをすると全商品が値札の66%で買える)が終了すると、大量にあるTポイント(4万3244ポイントあります)の始末に困ることから、Tポイントの安全な換金先として活用することができます。

なお、私は、SBIネオモバ証券で、毎営業日1株ずつインド株ETF(1678)をTポイントで購入しています。
SBIネオモバイル証券 口座開設
来年からの税制改正でかなりのコスト削減効果が見込まれるほか、私は、現在、SBI証券でインデックスマラソンをしており、複数の超低コスト投信を毎営業日100円ずつ購入し続けていることから、Tポイントで超低コスト投信を買うわけにはいかないという事情があることから、このままこれを続ける予定です。

【2019.7.3 18:20追記】

SBI証券がプレスリリースを出しました。
https://www.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_home&cat1=home&cat2=corporate&dir=corporate&file=irpress/prestory190703_01.html

投信保有ポイントについては、次のように記載されています。


投資信託取引(投信マイレージ)
・Tポイント
・対象投資信託の月間平均保有額が、
 1,000万円未満のお客さまに年率0.1%相当のポイント
 1,000万円以上のお客さまに年率0.2%相当のポイント
 ※一部のファンドは0.1%未満の付与率となります。


今と同じですね。


これまでは、取引実績等に応じてSBIポイントが貯まりましたが、2019年7月20日(土)[予定]以降、新ポイントサービスの利用規約に同意いただいたお客さまにはTポイントを付与いたします。
なお、移行期間中(2019年7月20日~2020年1月31日)は、規約に同意いただいた方にのみTポイント(または期間固定Tポイント)を付与し、それ以外の方にはSBIポイントを付与します。貯まっているSBIポイントは、引き続きご利用いただけます。


と記載されていますので、7月20日以降にTポイントへの移行同意をする必要があります。


「Tカード番号登録」で、期間固定Tポイント100ポイントプレゼント!(※先着60,000名さま)


というキャンペーンが実施されますので、7月20日になったら直ちに移行同意をし、Tポイント番号を登録すべきです。

なお、今回のプレスリリースで、Tポイントを利用できるサービスについて、SBI証券は投資信託のみ、ネオモバは個別株のみというように整理されました。

Tポイントを使って個別株を買いたい人は、今までどおりネオモバを利用するしかありません。
SBIネオモバイル証券 口座開設

広告

コメント

No title

いつも男爵さまの記事を大いに参考にさせていただいております。
ありがとうございます。
さて、個人的に楽しみにしていたSBI証券でのTポイントによる投信の購入がスタートするにあたりアドバイスをいただけないでしょうか。
今、自分は以下のようなかたちでスリム先進国を積み立てています。
・つみたてNISA(楽天証券・毎月楽天カード払い)…スリム先進国
・iDeCo(マネックス証券・毎月12,000円)…スリム先進国
また楽天ポイントでも、都度スリム先進国を購入しています。

現在Tポイントが10万ポイント程度たまっているため、投信の購入に使いたいと考えているのですが、男爵さまであれば何を購入しますか?
①他と同様にスリム先進国、②ポイント投資として別のもの(例えばスリムバランスなど)
なお、今後もTポイントが貯まる度に追加で購入するとともに、SBI証券の特徴をいかして、毎営業日100円から買い増していこうかと考えています。

長文の質問で申し訳ありません。
アドバイスをいただけますと幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

No title

コメントありがとうございます。

>現在Tポイントが10万ポイント程度たまっているため、投信の購入に使いたいと考えているのですが、男爵さまであれば何を購入しますか?

これから本気で資産形成を目指すのであれば、スリム先進国株に全ポイントを一括で突っ込むべきです。

>今後もTポイントが貯まる度に追加で購入するとともに、SBI証券の特徴をいかして、毎営業日100円から買い増していこうかと考えています。

それでよいと思います。

私も、楽天ポイントが付与された当日にスリム8均等バランスに全て突っ込んでいます。DEALで1万数千ポイントが入るときも迷わず全突っ込みです。
ポイントは寝かせても仕方ないですしね。

ただし、Tポイントはウエルシア全品33%オフのプラチナチケットになるため、私はもったいなくて、ネオモバでちょぼちょぼずつしか使えません。

男爵様

こんにちは。

久しぶりに2つ質問させていただきたく、書き込みさせていただきます。

①国民健康保険・住民税などのコンビニ支払いは、従来はリクルートカードなどでナナコチャージしてナナコで払う一択でした。

しかし男爵様の記事で、ファミマTカードチャージをしてファミペイで支払うなど、新たな支払い方法ができたことを知りました。

男爵様としては、今後の税金支払い方法として、新たにファミマTカードを発行して(当方現在ファミマTカードは保有していません)ファミペイ支払いしたほうが得なので断然移行すべし、とお思いですか。

それとも、キャンペーン期間はファミペイ支払いが得だが、長期的には従来のナナコチャージで支払っても大差ない、とお考えでしょうか。

②参議院選挙が近づいてきまして、改めて各党がそれぞれの方針を示すようになってきました。

大方の野党は、「資産課税強化や、金融資産から生じる所得の税率をあげるべき」というところがほとんどなので、もはや自民党しか選択肢がないような気がするのですが、セミリタイアラー(もしくは今後セミリタイアを志向している方)的には今回の参議院選挙はどの点に注目して投票するべきか、あくまで男爵様の個人的なご見解でかまいませんので、教えてくださると嬉しいです。

とくに②につきましては、政治というセンシティブな話題ですので、あくまで差し支えない範囲で構いませんので、ぜひご意見のほどよろしくお願いいたします。

No title

現状、SBIソーシャルレンディングの口座を開設していると、10000SBIポイントを12000円に換金できるので、しばらくはSBIポイントの受け取りで粘ろうかと思います。

No title

コメントありがとうございます。

>男爵様としては、今後の税金支払い方法として、新たにファミマTカードを発行して(当方現在ファミマTカードは保有していません)ファミペイ支払いしたほうが得なので断然移行すべし、とお思いですか。

ファミペイが得なのは最初の2万円だけです。
以後はファミマTカードからのチャージ時に0.5%のファミペイボーナスが付与されるだけですから、1.2%のリクルートカードでnanacoチャージをしたほうが得です。

ただし、リクルートカードのnanacoチャージは月3万円が上限ですので、それを超えた分の支払は(還元率0.5%であるものの)ファミペイを利用するのが得です。

今ならファミマTカードのApplePay払いで15%還元キャンペーンを開催中ですから、今後も税金の支払が見込まれるのであればこの機会にファミマTカードを作ってもいいかもしれません。

>セミリタイアラー(もしくは今後セミリタイアを志向している方)的には今回の参議院選挙はどの点に注目して投票するべきか

3年前の選挙のときにも書きましたが、自民党一択です。
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-118.html

ただ、3年前、私は今井絵理子(自民比例)に投票したんですよね。

>現状、SBIソーシャルレンディングの口座を開設していると、10000SBIポイントを12000円に換金できるので、しばらくはSBIポイントの受け取りで粘ろうかと思います。

私はSBIカードが有料化された時点でSBI証券を見限って楽天証券に移管しました。
ただ、蛇口が完全に閉められるまで粘るのも一つの考え方だと思います。

それでも先進国株式?

NYダウが9カ月ぶりに最高値更新したようです。
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6328919

バフェット指数やCAPEといわれる指数では、アメリカ株は割高では、という指摘もあります。

私も、もしかしたらいずれ下がるんではないかと疑心暗鬼です。eMAXIS SLIM先進国の設定日の2017/3/1から2年ちょっとで2割も上がるのは上がりすぎではと。

それでも先進国積立し続ける方がいいのでしょうか?もう少し株価が調整してから(トランプの再選後くらいから)積立した方がいいかなと迷ってます。何か今は割高な気がしています。

私はとりあえず新興国比率を上げています。新興国も怖いですが、20年もすればすくなくとも元本割れはないだろうと思ってます。

積立し続けている男爵さんを惑わしてすみません。

No title

マネックスの米国株手数料引き下げ発表はずいぶん思い切った感じですね。
SBIと楽天もすぐに追随でしょうが、マネックスを上回る施策として為替手数料の恒久的無料化も打ち出してほしい所です。
これにDRIP導入でもあれば、SBIでVTI(VOO又はVT)積立あたりが投資の最適解になるかも。

No title

コメントありがとうございます。

>もう少し株価が調整してから(トランプの再選後くらいから)積立した方がいいかなと迷ってます。何か今は割高な気がしています。

トランプ当選前後も投資を見合わせる人が結構いましたが、みんな悲しい思いをしています。

我々のような素人が根拠のない投資判断をすべきではなく、淡々と均等額積立買付をしていくべきです。

>私はとりあえず新興国比率を上げています。

余計なことは考えず、スリム先進国株の均等額積立買付をひたすら継続したほうがよいと思いますよ。

>マネックスの米国株手数料引き下げ発表はずいぶん思い切った感じですね。

これから記事にしますが、あれは1回13万円ほど投資する人にとっては関係ないものです。
手数料は依然として0.45%であることは変わりません。
マネックス証券の保有資産額に応じて毎月1~3回までの売買手数料を無料にする等の施策をしてほしかったところです。

もう、ネオモバイル証券は
いらないかな
短い命だったな

No title

コメントありがとうございます。

>もう、ネオモバイル証券はいらないかな

SBI証券では投資信託しか買えませんので、私はうまく棲み分けをしたと考えています。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理