【重要な追記あり】ペイ戦争からLINE Payが脱落か?【大改悪】

今スマホ決済がアツいです。

●すごいぞ夏のペイ祭り
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1376.html

来月からはファミマとセブンイレブンが独自のペイアプリをローンチします。
特にファミペイは、ファミマTカードで2万円をチャージすると3000円残高バックされ、しかもこの残高は税金の支払いにも利用することができます。

しかし、残念ながら、LINE Payが一足先に力尽きたようです。
SBIネオモバイル証券 口座開設

広告

ラインペイは、本日、このようなお知らせを公表しました。

●【8/1より】マイカラーのインセンティブが「LINE Payボーナス」になります!
http://pay-blog.line.me/archives/18318949.html#more
2019年8月1日(木)より、毎月、ご自身のバッジカラーに応じて、インセンティブとして付与される「LINEポイント」が「LINE Payボーナス」に変更になります。
※各バッジカラーの付与率に変更はありません。
※コード支払いで、通常のマイカラーのポイントに「+3%」上乗せキャンペーンは、2019年7月31日(水)をもって終了となります。


大改悪です。

ラインペイカード決済をしたとき、これまでは還元率0.5~2%(前月の利用額による)のラインポイントが付与されていました。
ラインポイントはラインペイ残高に即時に等価交換することができますので、実質的にはラインペイ残高と同じといえます。

しかし、これがラインペイボーナスに変更されると、ラインペイカード決済に充当することができなくなります。
ラインペイは、今月からPayトクの還元ボーナスについてもラインペイ残高からラインペイボーナスに改悪しましたので、ラインペイカード決済をするためには必ず銀行口座からの事前チャージをしなければならないことになってしまいました。

さらに、これまではコード払いをすると、前月の利用額がゼロ円であっても3%のLINEポイントが上乗せ付与されていましたが、8月1日からこれもなくなります。

そうすると、前月の利用額がゼロ円の人は、ラインペイカード決済をしてもコード決済をしても還元率0.5%となり、しかもそれはコード決済でしか利用できないラインペイボーナスでの還元になってしまったわけです。

ちなみに、ペイペイは、YJカードを利用した残高チャージでTポイント1%、残高払いで3%のペイペイボーナスを付与しますので、還元率は4%です。
ペイペイ残高には、ペイペイライトとペイペイボーナスの2種類があります。ペイペイライトとペイペイボーナスの違いは、有効期間(5年か2年か)と送金の可否で、ペイペイボーナスはペイペイライトに劣後します。

※私のスマホにはペイペイライトしかなく確認できませんが、ペイペイボーナスはネット決済(ヤフーショッピング等)で利用できるはずですので、利用先に困ることはありません。
また、ペイペイは加盟店が多いことから、リアル店舗での利用先に困ることはありません。

※影が薄いものの、オリガミペイも、9月30日までの期間限定ですが、還元率5%(ペイ決済2%+紐づけたkyashリアルカード3%)となります。

ラインペイボーナスの設計思想は、ペイペイボーナスと同じといえば同じです。
しかし、ラインペイは致命的に加盟店が少なく、これまではJCB加盟店で利用することができるラインペイカードの存在がそれを補完していました。
そのため、これがなくなることによる利用者の心理的閉塞感は大きく、ラインペイの利用が激減するほどの絶大なマイナスインパクトが発生するはずです。

ラインペイ社は、昨日、クレジットカードの発行を8月から開始する旨を発表しました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000069.000006846.html

これは還元率3%を目玉にしていますが、還元率が3%になるのは初年度限定であり、2年目以降の還元率は未定とされています。
今回、コード決済の還元率が3.5%から0.5%に激減する大改悪をしたことから考えると、2年目以降の還元率についても期待できないでしょう。

しかも、カード発行をオリエントコーポレーションに委託しています。私は、これを知った瞬間にカード発行の意欲がなくなりました。


というわけで、ペイ戦争が始まったばかりのこの時期にラインペイがまさかの大改悪を行ってしまったことで、一足先にペイ戦争から脱落しそうです。
ペイペイも徐々に還元率を絞りつつあることから、大盤振る舞いのペイ戦争の賞味期限はもう長くないかもしれません。

私は、ペイ戦争勃発時に生きている幸せをかみしめながら、今日もドラッグストアで還元率20%を満喫する予定です。


【2019.6.28 16:40追記】

LINEPayが来月新規発行するクレジットカードのポイントについて、ラインペイボーナスで付与するとのニュースを発見しました。


初年度のポイント還元率は3%で、LINE Payボーナスとして付与される予定。
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1906/27/news108.html


ラインペイボーナスは、ラインペイ加盟店でしか利用することができず、有効期間は2年という縛りがあります。
kyashリアルカードにラインペイクレジットカードを紐づけたとき、ラインペイがポイント付与するのかは分かりませんが、普通に考えて還元率を3%にしたのはkyashリアルカードに対抗するためでしょうから、ラインペイ社はポイント付与の対象外にするものと思われます。
そうなると、還元率が同じ3%であれば、クレジットカードの決済代金に自動充当されるkyashリアルカードのほうが優れています。

また、私は、kyashリアルカードが利用できないときは還元率2%のリクルートカードプラスを利用しています。
リクルートカードプラスの還元ポイントはポンタに等価交換できるリクルートポイントですが、ポンタには有効期限はなく、シェル石油でガソリンを購入して費消できますので、使い勝手は非常によいです。

発行業務をオリコに委託したことといい、ラインペイクレジットカード、非常に残念です。

広告

コメント

No title

> しかも、カード発行をオリエントコーポレーションに委託しています。私は、これを知った瞬間にカード発行の意欲がなくなりました。


参考までに、この理由を教えてもらえますでしょうか?

No title

コメントありがとうございます。

私は、多額の過払金を発生させたということは、違法な営業を違法と知りつつ公然と継続していたことを意味すると考えており、そういうところに自分の信用情報を提供したくないと思っているからです。

ラクマにさえ対応していれば、使い道は無限だと思うのでさほど気になりませんw

No title

コメントありがとうございます。

>ラクマにさえ対応していれば、使い道は無限だと思うのでさほど気になりません

ラクマを頻繁に利用する人であれば、そうかもしれませんね。

No title

エポスゴールドカードは指定した3ヵ所でポイント3倍で1.5%、リボ払いで2%、100万円利用で2万ポイント+ボーナス1万ポイントで3%還元ですが、魅力ありますか? 私は3ヵ所で100万円利用は無理そうです。

No title

ファミマペイの税金払いですが、ファミマTで2万円チャージして、3000円もらって、23,000円収納代行して、ファミマペイはこれで終わりにして、他はこれまでどおりnanacoで払うといいですか? 

No title

コメントありがとうございます。

>エポスゴールドカードは魅力ありますか?

私のメインは楽天カードを紐づけたkyashリアルカード(還元率3~4%)で、サブはJCBリクルートカードプラス(還元率2%)です。

エポスゴールドは妻の車のETC(ポイントアップに指定)で使っているだけです。
ポイントアップ先でなければ、100万円使ってようやく1.5%還元のため、それならばリクルートカードプラスを使ったほうがよいと考えています。

>ファミマペイの税金払いですが、ファミマTで2万円チャージして、3000円もらって、23,000円収納代行して、ファミマペイはこれで終わりにして、他はこれまでどおりnanacoで払うといいですか? 

私は7月に国保の納付書(11万円前後)が届くため、ファミペイチャージ2万円、三井住友カードナナコチャージ5万円で払えるだけ払ってしまいます。
後日3000円残高バックされたら、その時点でコーヒー回数券を買うのか、リクルートカードのナナコチャージ(上限チャージ額は月額3万円)と合算して国保の不足分に充当するかを考えます。

No title

回答ありがとうございました。
kyashはREXカードにひも付けして日曜日にチャージして、3.5%還元にしようと思います。楽天カードは2+1で3%還元ではないですか? どうすると4%還元になりますか?
ファミペイですが、ちょうど2.3万円の納付書がない場合、足りない分はファミマTでチャージしたいですが、1円単位でチャージできますか? 例えば1000円単位だったとして足りない端数は現金との併用はできますか?
よろしくお願いします。

No title

コメントありがとうございます。

>楽天カードは2+1で3%還元ではないですか?どうすると4%還元になりますか?

楽天市場で4万円以上購入すると、その月の楽天以外のショッピングポイントの付与率が2%になります(上限10万円まで。1000ポイント)。

>例えば1000円単位だったとして足りない端数は現金との併用はできますか?

全く分かりません。
7月1日になれば明らかになるでしょう。

No title

いつもありがとうございます。
今、ファミリーマートのお客様相談室に問い合わせしたら、ファイペイの1回のチャージ上限は2万円。最大チャージできる上限は10万円。1日にチャージできる回数に制限なし。ファミペイと現金の併用払い可という案内を受けましたが、合っているでしょうか?
コンビニ利用は収納代行専門なので、ファミペイを2万円チャージして、ボーナスの3000円をもらって、23000円ぴったりがいいですが、なければ23000円を少し超える納付書で現金と併用払いするのが合理的だと思いますが、どうでしょうか?
よろしくお願いします。

No title

コメントありがとうございます。

>ファイペイの1回のチャージ上限は2万円

先ほどファミマTカードでチャージしたのですが、3万円が上限でした。

カードの日(火・土はポイントアップ)は終わったと思っていましたが、7月で終わりのようですから、ひょっとしたら私のチャージは引っかかったかもしれません(※)。

※ファミマTカードチャージしたファミペイ残高×0.5%がファミペイボーナスとして付与され、通常のショッピングポイント(Tポイント)とは別建てであることから、付与されない可能性のほうが高いと思われます。

>ファミペイと現金の併用払い可という案内を受けましたが、合っているでしょうか?

分かりませんが、ファミマTカードチャージすれば0.5%還元ですから、不足分はファミマTカードチャージをして支払ったほうが得です。

>ファミペイを2万円チャージして、ボーナスの3000円をもらって、23000円ぴったりがいいですが、なければ23000円を少し超える納付書で現金と併用払いするのが合理的だと思いますが、どうでしょうか?

不足分は現金ではなく、ファミマTカードチャージをしたほうが得です。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理