バンガード社は一括投資を明確に推奨している

インデックスファンドを世界で初めて販売したバンガード社が面白い記事を公開しています。

こちらです。
https://investor.vanguard.com/investing/online-trading/invest-lump-sum

タイトルは「How to invest a lump sum of money」。
日本語訳は、「一括投資のやり方」となります。



※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●アマゾンでiPadが11~15%ポイントバック
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1349.html

●クオカードペイ500円をゲットだぜ【男爵はるのペイ祭り】
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1345.html

広告

バンガード社の主張は極めて明快です。

Investing a lump sum of money comes down to the question of your tolerance for risk.
(一括投資は、あなたがリスクをどれだけ我慢することができるかという問題に帰着する)

All at once ...
Investing all of your money at the same time is advantageous
(あなたの資金は、一度の機会で市場に全て投入するほうが有利である)

Our research indicates that it's prudent to invest a lump sum immediately.
(我々の研究は、一括投資が賢明であることを示している)

History shows that investors taking such a risk have been rewarded with positive returns over the long run that should be greater than the expected return of cash investments.
(歴史は、リスクを取る投資家が現金を保有する投資家より長期的には良いリターンを得ていることを示している)

Weigh your emotionally based concerns carefully against what the research shows
(あなたの感情に基づく懸念が研究の成果に反対するのであれば、自分の感情を慎重に吟味する必要がある)

Delaying investment is itself a form of market-timing, something few investors succeed at.
(投資を遅らせること自体がマーケットタイミングの一形態であるが、これを成功させた投資家はほとんどいない)


一括投資のほうが積立投資よりも儲かる可能性が高いのは当然です。
なぜなら、より早く、より多額の資金をリスクにさらしているからです。リターンはリスクの裏返しであり、より多くのリスクをとった人だけがより多くのリターンを得ることができます。

このブログでも何度も紹介していますが、「積立投資のすべて」という書籍を出版した星野泰平さんでさえ、

圧倒的に一括投資のほうが平均的に利益を上げている。

と結論付けているくらいです。

ただ、残念ながら、我々のような凡人は理性的に行動することができません。
ほとんどの人は衝動的に感情的な行動をとって後悔するわけですが、それは投資行動も同じです。

市場が暴落し、保有資産の含み損が増え続ければ、誰だって動揺します。
バンガード社の創業者のボーグルでさえ、

「市場が50%下落したら、どう感じるか」と聞かれたら、正直に「惨めに感じる」と答える。
胃がキリキリ痛んできたら、自著2冊を取り出し、「長期的展望を維持する」と書いた箇所を読み直す!

と述べるくらいですから、我々は「自分なら大丈夫」と無邪気に信じるべきではありません。

均等額積立投資のメリットは、資産を少しずつリスク市場に投下することで、その期待リターンを「含み益」という形で確保し、積み上げた含み益を「暴落時のお守り」にすることです。

●積立買付で含み益というお守りを獲得しよう
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-622.html

相場が暴落し、保有資産が大幅な含み損になったとしても、かつて含み益が存在したという記憶が我々を我々自身の弱い気持ちから守ってくれます。

そして、

これまでに買ったリスク資産を売却せず、スリム先進国株を今までどおりのペースで均等額積立投資していく限り、世界経済の右肩上がりの成長に伴って、必ず、相場もまた右肩上がりに成長するから損をすることはない

との確信を揺るぎないものにしてくれることでしょう。

広告

コメント

No title

こんにちは、いつも楽しく拝見しています。
質問させてください。

積立NISAで購入しようとしたものが私のミスで特定口座で30万ほど購入してしまいました。

そのような場合は一度取消して、積立NISAで買い直したほうがいいでしょうか?

くだらない質問で大変申し訳ございませんが、ご教授いただけますと嬉しいです。

No title

コメントありがとうございます。

>積立NISAで購入しようとしたものが私のミスで特定口座で30万ほど購入してしまいました。
そのような場合は一度取消して、積立NISAで買い直したほうがいいでしょうか?

余剰資金によります。

全体の投資計画にとって30万円が微差であれば放置し、新たにつみたてNISA口座で購入すればいいですし、この30万円のせいで投資計画が崩れるのであれば売却してつみたてNISA口座で買い直すべきです。

No title

こんにちは。

ヤマゲン先生も著書やコラムなどで一括投資を勧めていますよね。

一括投資に割り当てる額は当人のメンタルが耐えられる範囲でってことだと,自分の場合は,つみたてNISAの年初一括40万円くらいならなんとかいけそうです。

今年はそこそこいい感じで下げたところで買えちゃいました。ビギナーズラックですね。

No title

コメントありがとうございます。

>自分の場合は,つみたてNISAの年初一括40万円くらいならなんとかいけそうです。

無理をすると暴落時に退場してしまいます。
財産をリスクにさらすのはストレスのない限度にすべきですから、それでよろしいのではないでしょうか。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理