明日からペイ祭りが始まります【男爵はるのペイ祭り】

ゴールデンウイークとともに終了したペイ祭りですが、明日から再開です。
まさに春のペイ祭り。
そして、男爵がブログに貼るのペイ祭り。

それではいきます。

広告

まずは、PayPayです。

PayPayの通常の還元率は4%です。

※YJカードを利用した残高チャージで1%、チャージした残高払いで3%

しかし、6月1日9時から6月30日23時59分までの1か月間、ドラッグストアに限定して還元率が21%になります。

※YJカードを利用した残高チャージで1%、チャージした残高払いで20%(ただし、ヤフープレミアム会員、ソフトバンク携帯ユーザー、ワイモバイル携帯ユーザーのいずれかの条件を満たさないと、20%が10%に減ります)。

最大の還元率(21%ないし11%)を得るためには、1回の決済金額を1万円以下に抑える必要があります。
また、還元金額の上限は3万円ですので、還元率が21%の人は15万円まで、還元率が11%の人は30万円まで利用することができます。

つまり、1回の決済金額を1万円以下に抑えながら、期間中の累計利用金額を15万円ないし30万円以下に抑えればよいということになりますが、利用可能店舗がドラッグストアに限定されていることから、大半の人は利用可能額を残したまま終了日を迎えることになるでしょう。

なお、6月10日からはツルハグループが加盟店になります。
https://image.paypay.ne.jp/pdf/pr20190531_01.pdf?_ga=2.241093315.1362736355.1559311677-1383373221.1542883799
やったね。


つぎに、LINE Payです。

LINEPayの通常の還元率は3.5~5%です。

※前月の利用実績によって変動します。前月の利用金額がゼロの人の還元率は3.5%です。

しかし、6月1日0時から9日23時59分までの間、Payトクを開催します。
https://linepay.line.me/campaign/paytoku.html

3月と4月のPayトクは「超Payトク」でした。
「超」が付くときはLINEPayカード決済も対象ですが、今回は「超」が付きませんので、LINEPayカードは対象外です。

還元上限額は5000円ですが、期間中、1回でもLINEPayアプリを利用して決済すると1万円に倍増します。
そのため、利用上限金額は6万6666円(アプリ利用時)となります。

ペイペイと異なるのは、1回の決済における付与上限金額がないということです。
ペイペイは1回の決済で1万円を超えて決済しても無意味ですが、ラインペイは6万6666円までの決済であれば15%のラインペイボーナスが付与されますので、ヤマダ電機やビックカメラでiPadエアやiPadミニを買うこともできます。

※付与されるのはLINEPay残高ではなく、ラインペイボーナスに改悪されました。
これまでのラインペイ残高と異なるのは、ラインペイボーナスはLINEPayカードの支払に充当することができなくなったという点です。つまり、端数をアマゾンギフト券を買って無駄なく利用するという使い方ができなくなりました。

近くにラインペイに対応したスーパーやマッサージ店があることから、これをきっかけに行ってこようと思っていますが、今回はラインペイカードが除外されているため、モバイルSuicaやアマゾンギフト券にチャージすることができません。
かなりの利用可能残高を残して終了になることが残念でなりません。



広告

コメント

質問です。

いつも有益な情報ありがとうございます。
少し質問があります。

>ラインペイは6万6666円までの決済であれば15%のラインペイボーナスが付与されますので、

最高の還元率は6万6666円までの決済と思いますが、特にそれを超えても決済は出来るけど、還元率が落ちるということでいいでしょうか?

No title

コメントありがとうございます。

>最高の還元率は6万6666円までの決済と思いますが、特にそれを超えても決済は出来るけど、還元率が落ちるということでいいでしょうか?

その理解で正しいです。

例えば、初めてラインペイを利用する人がコード払いで7万円を使ったとき(この7万円とは別に、コンビニかどこかでラインペイアプリ決済をキャンペーン期間中1回でもする必要があります)、

・今回のキャンペーン(15%) 上限1万円相当のラインペイボーナス

・通常の還元率(3.5%)2450ラインポイント


の1万2450円が付与されます。

ありがとうございます。

分かりやすい説明ありがとうございます。
理解できました。

東電などの請求書払いは、コード払いの3%アップと見なされるかおわかりでしょうか?

No title

コメントありがとうございます。

>理解できました

お役に立ててよかったです。

>請求書払いは、コード払いの3%アップと見なされるかおわかりでしょうか?

利用したことがないため分かりませんが、コード払いとは別の支払方法として挙げられていますので、3%アップはされないと思います。

No title

LINE Payカード対象外と記載がありましたがQUICPayは対象ですよね
QUICPayにLINE Payカードを紐付けて使うという認識でいたのですが、どういうことなのでしょう

No title

コメントありがとうございます。

>LINE Payカード対象外と記載がありましたがQUICPayは対象ですよね

アンドロイドのクイックペイのみ対象です。

>QUICPayにLINE Payカードを紐付けて使うという認識でいたのですが、どういうことなのでしょう

iPhoneのApplePayのように、アンドロイド携帯のクイックペイに紐づけて使うのだろうと思いますが、私はアンドロイド携帯を使ったことがないので分かりません。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理