ニッセイ外国株、0.0999%に値下げ

スリムシリーズの後塵を拝していたニッセイがやりました。

ニッセイ外国株が、他社に先駆けて先進国株の信託報酬を0.0999%に引き下げます。



※よろしければ、下記記事もご覧ください。

●VTやVTIは、8年以上の保有で直接買うほうが有利になる
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1334.html

●楽天がバンガード社から直接購入できなかった理由
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1333.html

●【悲報】じぶん銀行1万円キャッシュバックが明日で打ち切り
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1335.html

広告

コメント欄で情報提供いただいた読者の方、ありがとうございます。
ソースを調べたところ、日経電子版の20:00の記事でした。


ニッセイアセットマネジメントは投資信託の手数料である「信託報酬」を6月にも引き下げる方針だ。対象は日経平均株価などに連動するインデックス投信6本。外国株式連動の投信は0.1%未満にするなど、業界最低水準になるもよう。
外国株式に連動するインデックス投信の信託報酬は現在の0.1090%から0.0999%に変える。日経平均連動など他の5本の信託報酬も0.019~0.03%引き下げることで、業界最低水準になる見込みだ。


ニッセイなしなしシリーズ、超低コストインデックスファンドの旧王者としての意地を見せてくれました。
やったね。

なお、スリム米国株は、本日、楽天全米株に対抗し、税抜0.15%の値下げを発表しています。
私は、三菱UFJ国際投資が、今回の爆弾に対し、ニッセイの公式発表に先んじて0.0999%への対抗値下げを発表するかどうかが極めて重要な気がしています。


広告

コメント

No title

ニッセイのこの姿勢は素晴らしいですね。と言いながら、私はslimを持ち続けますが。。。
このタイミングで、slimが同率ではなくニッセイを下回る水準まで値下げを断行すれば、完全に勝負アリとなると思うのですが、slimはそこまではしないのでしょうね。

No title

コメントありがとうございます。

>slimが同率ではなくニッセイを下回る水準まで値下げを断行すれば、完全に勝負アリとなると思うのですが、slimはそこまではしないのでしょうね。

私も、いつものとおり、ニッセイの発表後に同率値下げをするだけだと思います。

スリム先進国が同率に下げた後、SBIのポイントが維持されてるといいのですが。。。

No title

コメントありがとうございます。

>スリム先進国が同率に下げた後、SBIのポイントが維持されてるといいのですが

除外されたら悲しいですよね。

新記事で言及しましたが、私はまだ大丈夫だと考えています。

いつも良質な情報ありがとうございます。

ついに、0.1%の壁が突き破られましたね。
今回の値下げは、五感の全てが反応するインパクトがありましたね。

私はスリム派で、ニッセイは持っていないですが、応援したくなりました。
スリムが便乗値下げの際、気持ち頑張ってくれると惚れ直すのですが、冷静に考えて期待できないですね(笑)

No title

コメントありがとうございます。

>私はスリム派で、ニッセイは持っていないですが、応援したくなりました。

私は、楽天証券の100円積立てで応援するのみです。

>スリムが便乗値下げの際、気持ち頑張ってくれると惚れ直すのですが、冷静に考えて期待できないですね

スリムシリーズは同率値下げしかしません。
その意味でも、iFree外国株に税込0.1%未満の壁を超えるという爆弾を投げ込んでほしいものんです。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理