ラインペイボーナスを送って1000pゲットだぜ【男爵はるのペイ祭り】

LINE社が本日から新キャンペーンを開始しました。

その名は「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭」です。

広告

簡単に説明します。

(1)LINEPayのトークに「LINEの友だちに送ろう!」と記載された宝船の絵があるので、それを選択する。
(2)「無料で1000円相当を送る」と記載された赤いバーが出現するので、それを選択する。
(3)「友だちを選択」する画面に遷移するので、1000円を送りたい友だちを選択し、1000円を送る(※)。

※この1000円はライン社が負担します。自分のラインペイ残高は減りませんし、ラインペイ残高が0円でも送ることができます。

(4)同様の手順で、友だちからも自分に1000円を送ってもらう。
(5)本人確認(銀行口座の登録)済みであれば、ラインペイ残高が1000円増える。

ライン社は300億円あげちゃうと言っていますが、300億円÷1000円=3000万ユーザーとなります。
ライン社は、2017年5月5日付けでラインペイのユーザー数が3000万人を突破したと発表していますが、3000万ユーザーの中には相当数の複アカウントが存在するものと推測されます。
今回のキャンペーンで1000円を貰うには本人確認が必須となりますので、複アカ保有者が複アカを利用して件数を稼ぐことはできません。

そのため、キャンペーン終了予定日(5月29日)前に300億円の予算が尽きることはないと思われますが、忘れないうちに貰えるものは貰っておいた方がよいでしょう。

なお、


LINEの舛田淳CSMO(最高戦略マーケティング責任者)は、16日の記者会見で「LINE史上最大の還元祭を開催する」と宣言。
「キャンペーン終了後すぐに高還元率のキャンペーンも用意している。友人同士で1000円相当の電子マネーを送り合い、その後、別のキャンペーンの期間中に店舗の支払いなどに使ってもらう――というサイクルを生み出したい」と話した。
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1905/16/news084.html


と報道されていますので、6月1日からPayトク(リアル店舗でのスマホ決済が還元率15%となるキャンペーン)が始まるものと思われます。
これが超Payトク(スマホ決済に加えてラインペイカード決済もできるキャンペーン)になるかどうかは、まだ開示されていません。

また、「友人同士で1000円相当の電子マネーを送り合い、その後、別のキャンペーンの期間中に店舗の支払いなどに使ってもらう――というサイクルを生み出したい」との表現からは、1000円を友だちに送金するキャンペーンを実施した直後にPayトクを実施するということを何度か繰り返すのではないかとも思われます。

いずれにしても、ノーリスクで1000円相当のラインペイ残高が貰えますので、ぜひやっておくべきでしょう。
なお、私は、妻と1000円ずつ送りあって終了です。


広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理