広告

このキャンペーンは、カード発行月の翌々月(今月発行されたときは8月末日)までのショッピング金額を合計し、その20%をキャッシュバックする(その月にクレジットカードの支払があればそれと相殺し、なければ顧客の銀行口座に振込送金する)というものです。
キャッシュバックの上限金額は1万円ですので、利用額の上限は5万円となります。

このキャンペーンがうまいのは、クレジットカード決済ができたものであれば全てが対象になるということです。

デスクに確認したところ、nanacoチャージ、プロペイドカードへのチャージ、モバイルSuicaへのチャージ、PayPay、LINEPay、楽天ペイも全て対象だそうです。
三井住友カードがポイント付与の対象にしている取引かどうかに関係なく、とにかくクレジットカード払いができるものであれば一律20%キャッシュバックキャンペーンの対象であるとのことでした。

また、三井住友カードは、同じ種類のクレジットカードであってもビザとマスターの2枚を発行することができますが、今回のキャンペーンはそれぞれのカードごとに適用されます。

例えば、ビザクラッシックカードを以前から保有している人が、キャンペーン期間中にマスタークラシックカードを発行すると、マスタークラシックカードの利用額の20%がキャッシュバックされます。
クラシックカードを保有していない人が、キャンペーン期間中にビザクラッシックカードとマスタークラシックカードを発行すると、それぞれのカードで最大1万円ずつのキャッシュバックを受けることができます。

なお、家族カードは本会員の利用額と合算されますので、家族カードを発行するメリットはありません。

キャンペーンの対象となるカードは13種類ですが、ビザとマスターがあるカードはそれぞれがキャンペーン対象となるため、実際に対象となるカードの種類はおよそ2倍です。


私は、今回、クラシックカードのビザとマスター、エプリプラスカード(ビザカードしかない)の3枚のカードを新規発行しました。
クラシックカードは、マイペイすリボ登録をすると、年に1回の利用で年会費が無料となります。アマゾンギフト券を100円買えばクリアできます。
エブリプラスカードはマイペイすリボ専用カードであり、年会費は永年無料です。

※マイペイすリボとは、支払回数の指定の有無にかかわらず、全て自動的にリボ払いになるというものです。
リボ払いの1回の支払金額をカード限度額に設定しておけば(ログインページで設定できるほか、デスクに電話しても変更できます)、翌月一回払い専用カードとして運用できます。この場合、リボ手数料は一切かかりません。

明日から開始するラインショッピングのポイントパーティー(ラインショッピングアプリを経由するとおよそ10%のラインポイントが付与されるというもの)で利用したかったことから、簡易書留でこれから発送する旨のメール(キャッシングをゼロにして申し込むと、通常は数時間後に届きます)の確認後にゴールドカードデスク経由(※)で依頼したところ、翌日の夜に速達で発送してくれることになりました。

※毎月1回、土日の2日間、ラインショッピングでポイントパーティが開催されます。今月は18日~19日です。
今回のキャンペーン内容は、5000円以上で500ポイント、1万円以上で1000ポイント、5万円以上で5000ポイント、15万円以上で1万ポイントが付与されるというものです。
注意しなければならないのは、これは税抜表示であり、ライン社は税込の金額を税抜として計算する場合があるということです。つまり、5000ポイントが欲しければ、5万円×1.08×1.08=5万8320円を買っておく必要があるということになります。
また、ポイントパーティは要エントリーであり、エントリー前の購入は対象外になりますので、必ずエントリーしてから購入してください。
楽天市場は対象外ですので、ヤフーショッピングやアマゾン等でショッピングしなければなりません。

※私は、JCBに用事があるときは、全てクラスのカードデスクに電話して対応してもらっています。
三井住友カードではゴールドカード(キャンペーン目的で申し込んだforOwnersカード)しか保有していないことから、ゴールドカードデスクに電話して対応してもらえるかどうか不安だったものの、何でも対応してくれることが判明しました。


このように、三井住友カードは、ネットで申し込んだ翌日には速達でカードを発送してくれますので、申し込んだ日の翌々日にはカードが手元に届くことになります。
20%キャッシュバックキャンペーンは今月末までに申し込めば適用されますし、ポイントパーティも毎月開催されていますので、これから申し込んでも十分にキャンペーンをしゃぶり尽くすことができます。

私は、とりあえずkyashリアルカードに紐づけて還元率22%を楽しむほか、納付書がそろそろ届く固定資産税(20万5000円)や7月に届くであろう国民健康保険料(11万円)の支払にあてる予定です。


広告

コメント

No title

男爵さんは、クレジットカードは何枚もたれているのですか?

私もこの記事を見て、3枚申し込みたい気持ちはあるのですが、すでに20枚くらい持っているので、ちょっと躊躇してしまいます。キャッシング枠はほとんどのカードで0円に設定しているので、発行はされるとは思いますが。

No title

コメントありがとうございます。

>男爵さんは、クレジットカードは何枚もたれているのですか?

今数えたら、kyashリアルカードは除き、24枚(今回の3枚を含みます)でした。

三井住友ゴールドカードforOwners(初年度年会費無料)は、年会費が発生する前に解約し、アマゾンカードをゴールドカードにする予定ですので、秋には1枚減ります。

ANAビザSuicaカード、みずほマイレージクラブビザSuicaカードも、ApplePayを使いこなしている現在では不要ですし、今回の3枚も2年ほど保有して更なるキャンペーンがなければ解約する予定です。

申し込みました

男爵さんも多数枚持ちということで安心して、私も3枚申し込んでみました。

5万円×3枚=15万円分、Amazonギフト券を注文してみようと思います。

No title

コメントありがとうございます。

>最大で0.048%の変動還元率という表現の方が正確のような気がします。

Amazonでそれだけの使い道があればそれでもよいかもしれませんが、どうせやるのであれば、kyashリアルカードに紐づけてkyashリアルカードで買ったほうが2%得します。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理