広告

これです。

サイズはM、L、2L、3Lの4種類。
購入する前にサイズ選択のすぐ上の「15%OFFクーポンあり 5/7まで」をクリックし、クーポンを取得してください。
605円が514円になります。

私は、シャツはこのYGを愛用しています。
綿100%で、非常に着心地がよいです(首テープ部にポリエステル20%という表記がありますが、後ろの首元に小さく「YG」とカラー印刷されており、その部分にポリエステルを20%だけ使用しているという意味です。本体は綿100%です)。
うちは毎日乾燥機にかけていますが、全く縮みません。

よく分からないメーカーのポリエステルが混ざった安いシャツを買って後悔するより(安いシャツは静電気が起きますし、洗うと縮みます)、グンゼの主要モデルであるYGシリーズの綿100%のシャツを買うべきです。

今回の1着514円は激安です。
昨年7月16日にご紹介したときは、1着573円でした。今回はそれを下回る最安値となります。
前回下手な激安シャツより安いですし。

私は未使用品が10着以上あるため、今回は購入を見送ります。非常に残念です。


なお、スマートスピーカーも5000円オフの激安です。

全く同じものを私も保有していますが、しっかりしたスピーカーがついています。
代金は6980円。これは昨年12月の最安値と同額です。
スマートスピーカーが欲しかった人は買うべきです。

ただし、

アマゾンのタブレットがアレクサに対応しました。
Showモードにすると、「Eco Show」という液晶画面付きのスマートスピーカーと同じように使えます。

【説明抜粋】
Showモードをオンにしておくと、画面に触れることなくAlexaを呼び出せるようになるのはもちろんのこと、画面上にループ表示される、トレンドやニュース、天気予報、カレンダー、アラームなど、さまざまな情報を楽しむことができます。Alexaへの質問例などが画面の下に表示されるので、さらにAlexaとのコミュニケーションを楽しめます。


スピーカー機能にこだわらない人は、アレクサ付きのタブレットを買ったほうが楽しめるでしょう。
256GBまでのmicroSDカードに対応しているため、64GBではなく32GBのほうを買って(価格差4000円)、自分で増量したほうがよいと思います。

アマゾンのタブレットは、プライムビデオをタブレットにダウンロードすることができます。
そのため、自宅のWi-Fi環境でビデオをタブレットにダウンロードしておき、車内やホテルでビデオを楽しむといった使い方もできます。

脱獄すればアンドロイドアプリを使えるようになりますが、アマゾンは推奨していませんし、タブレットはアマゾンのIDと紐づいた状態で届くため、タブレットがウイルスに汚染されたりハッキングを受けると、アマゾンIDに非常にまずい悪影響が及ぶリスクがありますので、やめたほうがよいでしょう。

なお、定価は1万5980円ですが、底値は昨年12月の9980円でした(その次の安値は昨年7月の1万0480円です)。
今年の3月に1万1280円、昨年の10月と11月には1万1780円に下がっています。
そのため、すぐにほしいのでなければ、安くなるまで待ったほうがよいかもしれません。


広告

コメント

いつも色々な情報ありがとうございます。
LINEポイントパーティー経由で5000円少々購入させていただきました。

前の記事の話になってしまいますが、三菱UFJ国際投信の件が外国税控除だとおもしろいですね!
投資信託の委託会社と販売会社には制度改正の話は行っていて、対応に追われているところで次の一手がもし打てるならすごいと思います。

外国税控除の確定版改正内容は4月中に公開される見込みなので、まだ未確定で対応を進めてる段階ですが、基本的には男爵様の想定のようになりそうです。
ただ、当初は地方税の外国税控除はされず、地方税の課税標準は上がるので、外国で源泉徴収が行われる前の配当金 100 に対して、投資家に支払われる税引後の分配金は 80.0(地方税が5.0)になるイメージのようです。
※手取りは増えますが地方税は増えます

あとはファンドの外貨建資産割合で控除限度額が減るので、ファンドの投資対象が外貨建資産100%に近いファンドであればあるほど旨味があることになりますね。

No title

コメントありがとうございます。

>外国税控除の確定版改正内容は4月中に公開される見込みなので、まだ未確定で対応を進めてる段階ですが、外国で源泉徴収が行われる前の配当金 100 に対して、投資家に支払われる税引後の分配金は 80.0(地方税が5.0)になるイメージのようです。

素晴らしい情報を提供いただき、ありがとうございます。

これが実現すれば、極力配当を出す方針のほうが顧客にとって有利になると思われますので、スリムシリーズが具体的なシミュレーションとともに配当ありへの方針転換を表明すれば非常なインパクトがあるでしょうね。

しかし、逆にベンチマークを配当込み指数に変更する旨を発表するのだとしたら、残念極まりないことになります。

18日の発表が楽しみです。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理