【悲報】MFクラウド確定申告が値上げ(6/5~)

悲しいお知らせです。

私は、マネーフォワード確定申告を愛用しています。
月額利用料は800円。1年分を前払いすると8800円となり、1か月分だけ得をします。

●【激安】MFクラウド確定申告が15%オフ(~2/3)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1201.html

私は、上記の裏技を使って、実質590円ほどの月額利用料金で利用しています。
しかし、6月5日から改悪です。

広告

まず、料金プランが大きく変更されます。
MFクラウドシリーズには、確定申告ソフトのほか、請求書、給与、経費、マイナンバーの5種類のソフトがあります。

今回の料金プランの変更は、問答無用で5種類のソフトが自動セットされるというものです。
料金も、月額800円から1280円に増額されます。実に1.6倍です。これは痛いです。

年間利用料金で比較すると、733円から980円への増額となります。
実に1.33倍。やはり痛いです。

ただし、2つの抜け道があります。

1つ目の抜け道は、年額プラン利用者(ただし、5月8日以降は現行のプランには申し込めなくなります)が6月4日までに年額プランを解約し、有効期間が残っているときです。
このとき、現在のプランは、年額プランの解約後、有効期限が経過するまで利用することができます。

2つ目の抜け道は、アマゾンで1年分の利用権(プロダクトキー)を購入することです。
このとき、プロダクトキーの有効期間が経過するまでは現在のプランを利用することができます。

私は、上記のアマゾンのキャンペーンを利用して2年分のプロダクトキーを購入済みです。
こちらです。

この結果、私のMFクラウド確定申告の有効期間は2021年7月まであります。
そのため、今のうちにあと1年分を購入しておくか、あるいは有効期間が経過するまでの2年間に乗り換え先を探そうか、考えているところです。

なお、新プランへの強制移行がなされると悲しいことになりますので、アマゾンでプロダクトキーを購入して利用している人であっても6月4日までに有料プランは解約しておくべきです。
ただし、アマゾンのプロダクトキーによる現在のプランの延命という裏技が有料プランの解約後は使えなくなるおそれがあるため、先走って有料プランを解約してもよいものかどうか運営に確認中です。

また、余りに長期間のプロダクトキーを購入すると、MF社の経営リスクを負担することになりますし、途中で新プランに強制変更されるリスクがあるため、今から買うとしても2~3年分にしておくべきでしょう。


広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理