VT三分の計は不要になった

私は、かつて「VT三分の計」を提唱しました。

●他人のブログを勝手に絶賛するシリーズ(1) 「VT三分の計」
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-103.html#more

VT三分の計とは、購入手数料は余計に2回分かかるものの、まずはVTを購入し、全額購入し終わった時点でVTを全部売却し、即座に売却時の時価総額比に応じて3種類のETF(VTI、VEA、VWO)を購入して幸せになるというものです。

広告

しかし、VTは、経費率を毎年削減し、ついに0.09%になりました。

●VTが0.09%、VWOが0.12%に値下げ
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1236.html

VT三分の計の提唱記事でご紹介したこのブログ記事(http://inagrafam.com/2016/06/06/vt/)によれば、

VTの経費率 0.14%
VT三分の計 0.08%

となります。両者のコスト差は0.06%です。

とはいえ、VTの現在の経費率は0.09%です。
VTの経費率がこの2年半で0.14%から0.09%に下がったことにより、かつてのVT三分の計の経費率0.08%にほぼ追いついたことになります。

もっとも、かつてのVT三分の計の経費率0.08%も下がっています。

VTI 0.03%(※)
VEA 0.07%
VWO 0.12%

※VTIの経費率は0.04%ですが、近日中に0.03%に値下げされます。

●VTIとVOOの経費率が0.03%に引き下げ。スリム米国株も0.15%になるぞ
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1242.html


VTの構成比は次のとおりです。

米国 54.1%
米国を除く先進国 35.9%
新興国 10%
https://investor.vanguard.com/etf/profile/portfolio/vt

この比率で先ほどの3種類のETFの経費率を案分してみます。

VTI 0.03%×54.1%=0.01623%
VEA 0.07%×35.9%=0.02513%
VWO 0.12%×10%=0.012%
合計 0.05336%


整理します。

VT 0.09%
VT三分の計 0.05336%

両者の差 0.03664%(1000万円あたり3664円)

このように、VTの経費率がこの2年半で相対的に大きく下がったことから、VT三分の計との差は0.06%から0.03664%まで縮まりました。
これは半減まではいかないものの、かつての6割の水準です。

私は、この程度の差であれば、もはやVT三分の計は不要であり、VT一本をストロングホールドすればよいと考えます。


●DRIP(配当金自動再投資サービス)はなぜ素晴らしいのか
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1193.html

VTだけであれば、DRIPを利用することで分配金の処理に悩むことからも解放されます。
もう何もすることはありません。

VTは、バンガード社のETFの中では規模が小さいほうですが、それでもその資産総額は1兆9758億円です。
まさにインデックス投資のリーサルウェポンの名にふさわしいファンドといえますね。

なお、私は、インデックス投資をするのであれば、低コストで運用が安定している先進国株ファンドに均等額積立買付することを推奨しています。
具体的には、eMAXIS Slim先進国株となります。

VTはとてもよいファンドですが、購入手数料と三重課税コストがかかってしまいます。
また、近日中にサクソバンク証券が特定口座にDRIPを実装予定であるものの、まだサービス開始には至っておらず、3か月に1回の頻度で交付される分配金の処理に悩まなければなりません。
そのため、カジュアルな気持ちで投資する環境にはまだないと考えます、


広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理