VTが0.09%、VWOが0.12%に値下げ

VTといえばバンガード社の看板ETFのひとつであり、これ1本で全世界の株式に丸ごと投資することができるインデックス投資のリーサルウェポンです。

そのVTの経費率が引き下げられました。

広告

ソースはこちら。
https://personal.vanguard.com/pub/Pdf/p3141.pdf#search=%27Vanguard+Total+World+Stock+ETF+Prospectus%27

これはVTの目論見書ですが、表紙から数えて3頁目(頁番号だと1頁)にコストが記載されています。

信託報酬(Management Fees) 0.07%
運用コスト(Other Expenses) 0.02%
トータルコスト(Total Annual Fund Operating Expenses) 0.09%


前回の値下げは1年前で、経費率は0.11%から0.1%に引き下げられました。

●VTの経費率が0.1%に値下げ
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-804.html

前回の値下げで信託報酬は0.1%を切りましたが、今回の値下げでトータルコストが0.1%を切ったことになります。

参考までに、スリム先進国株の経費率はこうなります。

信託報酬(Management Fees) 0.11772%
運用コスト(Other Expenses) 0.07885%
トータルコスト(Total Annual Fund Operating Expenses) 0.19657%

しかも、スリム先進国株には、運用報告書では開示されない隠れコストが存在するのに対し、VTには隠れコストはほぼ存在せず、あの数字が実際に顧客が負担するトータルコストであると思われます。
スリム先進国株に有利な名目上の数字で比較しても、VTはスリム先進国株の45.78%のコストです。

ただ、これはETFと投資信託の比較ですので、投資信託であるスリム先進国株にフェアとはいえません。

VTのインデックスファンドにVTWSXというものがあります。
その信託報酬は0.14%、運用コストは0.03%、トータルコストは0.17%です(下記リンク先の目論見書3頁)。
https://www.vanguard.com/pub/Pdf/sp628.pdf#search=%27Vanguard++Prospectus+VTWSX%27


私は思うのです。
米国ETFを買うだけファンドというのは、本来、VTWSXのような低コストをめざすべきではないかと。

VTを買うだけファンドとして人気を集めている楽天全世界株の推定コストはこちらです。
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1198.html

●楽天全世界株 0.3376%
信託報酬 0.1296%
信託報酬を除く実質コスト 0.118%
ETFの経費率 0.09%

VTのインデックスファンド版と比較すると、悲しいくらいに高いです。

●VTWSX 0.17%
信託報酬 0.14%
信託報酬を除く実質コスト 0.03%


なお、VWO(新興国株ETF)の経費率についても、0.14%から0.12%に引き下げられています。
https://finance.yahoo.com/quote/VWO?p=VWO&.tsrc=fin-srch


【2018.2.27 12:48追記】

初稿公開後、バンガード社がお知らせを発表しています。
それによると、引き下げ日は米国時間2月26日付けのようです。
https://www.vanguardjapan.co.jp/retail/articles/news-from-vanguard/expenseratio-changes-2019.htm


広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理