ゴルフ(フォルクスワーゲン)は幾らするのか?

私は、ベンツEクラスに乗っています。
Eクラスを買う前に乗っていたCクラスは妻に譲り、現状、購入後8年で9万キロです。
ヤナセは、タイヤ交換(12万円ほど)とバッテリー交換(4万円ほど)が1年後の車検(9年目)時には必要ではないかと言っています。

タイヤ交換はコストコを利用すれば実質10万円ほど(年会費支払時に交付される5400円のクーポン券を考慮後の金額)で済むとしても、バッテリー交換はコストコではできないため、この金額がかかります。
また、ヤナセによれば、壊れかかっている部品があり、もし壊れてしまえば部品代(工賃込)が6万円ほどかかるそうです。

※壊れるとエンジン始動ができなくなってレッカー移動が必要とのことですが、私は、車の任意保険に特約を付けており、レッカー移動は何回でも無料で頼めます。

丸8年9万キロの車に20万円を出すことを考えると、少し躊躇するものがあります。
しかも、今後、少しずつ部品は劣化するはずで、今回は発見できなかった部品の劣化が次回の検査時(9年目の車検時)に判明するかもしれません。

なお、既にエミッションコントロールシステムは故障しています。
ヤナセによれば、これは排ガスを排出する前に空気を混ぜて排ガス濃度を減らすためのシステムだそうです。
これは、濃い排ガスを一気に出すのではなく、空気で薄めて出すだけだそうです。排出される排ガスの絶対量は同じであり、故障しても環境により負荷をかけるものではないし、故障したままでも車検は通るとのことでした。

この部品代(工賃込)は20万円ほどです。
より大量の排ガスが出てしまうのであれば考えますが、空気を混ぜて濃度を誤魔化すだけの装置に20万円は出せません。

いずれにしても、部品は少しずつ劣化していることは確実です。

広告

私は、ベンツは1台ずつ保有すると決めています。
Eクラスの自動運転システムが欲しかったことから、Eクラスを買ったときにそれまで乗っていたCクラスを妻に譲っただけで、2台持ちは本意ではありません。
妻も、ベンツでなくてもいいと言っています。

そこで、Cクラスの次はゴルフかI.D.にしようと考えていました。

●サブカーをどうしよう?
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-389.html


しかし、本日、フォルクスワーゲンで聞いたところ、2019年9月に次期ゴルフ(ゴルフ8)に搭載される予定だった高速道路自動運転システムは、ゴルフ8自体のリリースが延期されたこと(※)や自動運転システムの開発が遅れていることから、まだまだ先になりそうだということでした

※フォルクスワーゲンは、ゴルフ8をリリースする前にディーゼルエンジンを搭載したゴルフ7.5をリリースする予定だったところ、これが遅れていることから、ゴルフ8のリリースも遅れる見込みだということでした。


というわけで、下手をすると40~50万円はかかりそうなCクラスを処分してゴルフを買ったほうが幸せになれるのではないかと考え、見積もりを出してもらいました。

前提知識として、ゴルフには、トレンドライン、コンフォートライン、ハイラインの3種類のグレードがあります。
最低グレードのトレンドラインは事実上販売されていませんので、買うとしたらコンフォートラインかハイラインのどちらになります。

両者の違いを聞いたところ、

(1)エンジンの排気量
(2)リアサスペンション(乗り心地に影響する)
(3)後側方車両検知警報(車線変更をしようとする先に車がいるとサイドミラーが点灯するもの)の有無
(4)バックソナー(バック時に他車に衝突しそうになると警告し、ブレーキ操作を自動でするもの)の有無
(5)オートライト機能(自動でハイビームを調整するもの)の有無
(6)タイヤのサイズが17インチ(ハイライン)か16インチ(コンフォートライン)か

というものでした。これらの違いで価格差は51万2500円です。

かつてゴルフ7がリリースされたとき、自動車評論家はこぞってコンフォートラインの乗り心地を絶賛しました。
コンフォートラインのタイヤのサイズが16インチであることも、乗り心地のよさに影響しているはずです。

※一般に、タイヤのインチ数が大きな数字になるほど、操作性が良くなる代わりに乗り心地は悪化します。

今回それを確認したところ、フォルクスワーゲンも分かっており、ハイラインの乗り心地を急速に調整している、とりわけ今回はリアサスが違うので、乗り心地はハイラインのほうがよいと思うとのことでした。

なお、ゴルフには、現在、「TECH EDIT」という特別仕様車が出ており、ほとんどの人はそれを買うそうです。

通常版との違いは、

(1)カーナビが付いている
(2)ライトがハロゲンからLEDにアップグレードされている
(3)メーターがアナログではなくデジタル化されている

という点だそうです。

ハイラインの通常版とテックエディションの価格差は21万円のところ、カーナビ代だけで22万円であることに加えて、デジタルメーター化されていることから、テックエディションのほうが得だということでした。
しかも、公式サイトで確認すると、通常版は受注生産(※)だということでした。

※ベンツの場合、受注生産だと値引きがききません。

というわけで、ゴルフにするならば、テックエディションのコンフォートラインかハイラインの2択となります。

両者の価格差は51万2500円であること、サイドミラーとバックセンサーの警告システムはないものの、自動運転システムは全く同じであること、リアサスペンションの影響を考えなければ、インチ数が小さいコンフォートラインの乗り心地のほうがよいことを考えると、ゴルフデビューをするのであればまずはコンフォートラインを買うべきだと考えます。

本題の見積もり結果です。
いずれもテックエディションです。

●本体価格
C 302万9000円
H 352万9000円
●税金・販売諸費用(色々とふっかけられていますので、削れそうなものは削った後の金額です)
C 20万2590円
H 21万5090円
●フロアマット 4万3200円(ゴルフにはフロアマットは付いていないそうです)
●ETC2.0セットアップ代 8600円
●延長保証(5年間)16万3000円
●リサイクル法関連費用 1万5050円

●合計
C 346万1440円
H 397万3940円
価格差 51万2500円

となりました。

値引きについて確認したところ、いずれも10%が限界であり、

C 35万円
H 40万円

だということです。これが決算期の店長決済で出せるギリギリの数字だということでした。

そうすると、実質価格はこうなります。

C 311万1440円
H 357万3940円

ギリギリの数字とはいうものの、営業担当者が口に出した数字は本当の限界ではありません。
絞ればまだまだ絞れます。

本気で買うと告げて交渉すれば、

C 299万円
H 349万円

まではいけそうです。

特にコンフォートラインは、「どうしても300万円は切りたい」と告げれば、在庫車との兼ね合いになるでしょうが、長年のヤナセでの経験からすると299万円はいけるのではないでしょうか。

しかも、このほかにCクラスの下取代金が実質的な値引き金額として機能します。

下取代金を含めて、テックエディションのコンフォートラインがコミコミ250万円を切って買えるならばならば、とてもいい買い物ができたといえるかもしれません。

とはいえ、せっかくのCクラス。
乗ろうと思えば、タイヤ交換はしなければなりませんが、まだ3~4万キロは普通に乗れるでしょう。

ベンツでは、走行距離10万キロでメダルが1つ、保有年数10年でまた別のメダルが1つ貰えます。
メダル、ほしいんですよね。


広告

コメント

こんばんは、いつも更新を楽しみにしています。
私は都内に住むアラサーです、車はレンタカーで良いという考えのもと、将来も都内に住むのであれば車は要らないと思っています。
しかしながら、たわら男爵様の車の記事を読むと車も奥が深く、良い車を乗ってみたくなりました。
今のところ買う予定もつもりもないですが、今後も車関係の記事を楽しみにしています。

IPO

IPOについて質問させて下さい。
私も下記サイトを参考にしていますが
http://ipoget.com/・・・評価は厳しめ
http://ipodefukkatu.seesaa.net/   上記サイトより評価は緩めで参加が多い
評価が異なることもあると思います。
最近のものですと、日本国土開発、ダイコー通産などでしょうか。たわら男爵さんは、どちらかCランク以下なら申込みされていないでしょうか。スタンスを参考にさせて頂ければ幸いです。

No title

コメントありがとうございます。

>私は都内に住むアラサーです、車はレンタカーで良いという考えのもと、将来も都内に住むのであれば車は要らないと思っています。

私もそう思います。
ただ、小さい子供がいると、車があったほうが圧倒的に便利です。ベビーカー移動できれる年齢であればまだしも、幼稚園に入り、抱っこ攻撃を連発されると死にます。

>たわら男爵さんは、どちらかCランク以下なら申込みされていないでしょうか。

私は、まず、

https://ipoget.com/

こちらでABランクは申し込みます。Dランクは捨てます。
Cランクは悩むところですが、

https://kabu.96ut.com/

こちらのサイトでSABならば申し込みます。
こちらのサイトでもCランクならば基本的に申し込みませんが、申し込むときもあります。

Dランクならまだしも、Cランクでは申し込んでも当たりませんので、直感で申し込み、万一当選したら悩めばよいのではないでしょうか。

>最近のものですと、日本国土開発、ダイコー通産などでしょうか。

日本国土開発はDランクですので、申し込んでいません。
ダイコー開発は両方ともCランクでしたが、何となく申し込みました。根拠はありません。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理