【2018年実績】コストコのタイヤフェア、バッテリーキャンペーンの開催時期

昨年の3月18日付けで、このような記事を書きました。

●車のタイヤ交換をするならコストコで見積もりを取ろう
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-832.html

上記記事では、ベンツEクラスのタイヤ交換費用を複数店舗(オートバックス、イエローハット)で実地調査した結果、コストコが最安であるとの結論に至った旨をお伝えしました。



※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●4万円の西川ダウンジャケット(ナイロン100%)が実質5609円
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1231.html

●我が入金力の前にひれ伏すがよい
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1230.html

広告

今日、ベンツCクラスの定期点検(ヤナセでは1年に1回の頻度で定期点検をします)に行ったところ、タイヤとバッテリー交換を勧められました。

ヤナセの見積もりは、

P ClintP7 225/45R17 12万3550円

でした。

私は、昨年のEクラスのことを思い出し、とりあえずコストコに行って見積もりを出してもらううことにしました。
タイヤセンター前に駐車し、実際に車を見てタイヤが合うかどうかを確認してもらってから見積もりを出してもらうのがコツです。

まずは、同じピレリのP7です。
9万0880円。ヤナセのじつに73.55%です。さすがコストコ、安いです。

しかし、私は、ピレリなどというよく知らないメーカーのタイヤは嫌です。
タイヤといったらミシュランしかありません。

PS4 11万2480円
PRIMACY4 10万7680円
PRIMACY3 10万7680円

PS4は、私が昨年Eクラス用にコストコで買ったのと同じ物です。
ただし、これはスポーツタイヤであり、乗り心地を優先するならPRIMACYシリーズだということでしたが、EクラスにあうミシュランはPS4しかなかったことから、選択の余地はありませんでした。

しかし、今回はPRIMACYシリーズが選べます。
私はもうPRIMACYシリーズの最新型であるPRIMACY4にする気持ちに満ち溢れていますが、コストコで忘れてはならないのがタイアフェアです。

2018年の実績をまとめてみました。
なお、割引額は、4本同時に交換したときのものです。

●1/2~1/21 ヨコハマタイヤ
夏タイヤ 14インチ以下6600円オフ、15~16インチ7600円オフ、17インチ以上1万円オフ
スタッドレス 14インチ以下8000円オフ、15~16インチ1万円オフ、17インチ以上1万2000円オフ
※5400円のクーポン券(会費更新時に貰えるもの)の併用不可

●2/23~3/18 ヨコハマプレミアムタイヤ(ADVANシリーズ)
15~16インチ9700円オフ、17~18インチ1万7000円オフ、19インチ以上2万2000円オフ
※5400円のクーポン券(会費更新時に貰えるもの)の併用OK

●4/6~5/6 ミシュラン
14インチ以下1600円オフ、15~16インチ2600円オフ、17インチ以上4600円オフ
※5400円のクーポン券(会費更新時に貰えるもの)の併用不可だが、5400円分のプリペイドカードが貰える(クーポン券を利用したのと同じ割引サービスとなる)

●5/25~6/24 ヨコハマタイヤ
14インチ以下1600円オフ、15~16インチ2600円オフ、17インチ以上4600円オフ
※5400円のクーポン券(会費更新時に貰えるもの)の併用不可だが、5400円分のプリペイドカードが貰える(クーポン券を利用したのと同じ割引サービスとなる)

●7/2~7/16 ピレリ
15~16インチ5400円オフ、17インチ1万円オフ、18インチ以上1万4000円オフ、ランフラットタイヤ全サイズ1万4000円オフ
※5400円のクーポン券(会費更新時に貰えるもの)の併用不可

●7/20~8/26 ミシュラン
14インチ以下1600円オフ、15~16インチ2600円オフ、17インチ以上4600円オフ
※5400円のクーポン券(会費更新時に貰えるもの)の併用不可だが、5400円分のプリペイドカードが貰える(クーポン券を利用したのと同じ割引サービスとなる)

●9/14~10/14 ヨコハマタイヤ
夏タイヤ 14インチ以下1200円オフ、15~16インチ2200円オフ、17インチ以上4600円オフ
スタッドレス 14インチ以下2600円オフ、15~16インチ4600円オフ、17インチ以6600円オフ
※5400円のクーポン券(会費更新時に貰えるもの)の併用不可だが、5400円分のプリペイドカードが貰える(クーポン券を利用したのと同じ割引サービスとなる)

●10/15~12/9 ミシュラン
夏タイヤ 14インチ以下1600円オフ、15~16インチ2600円オフ、17インチ以上4600円オフ
スタッドレス 14インチ以下2400円オフ、15~16インチ4100円オフ、17インチ以6000円オフ
※5400円のクーポン券(会費更新時に貰えるもの)の併用不可だが、5400円分のプリペイドカードが貰える(クーポン券を利用したのと同じ割引サービスとなる)

ここから2019年

●1/2~1/20 ヨコハマタイヤ
夏タイヤ 14インチ以下1200円オフ、15~16インチ2200円オフ、17インチ以上4600円オフ
スタッドレス 14インチ以下2600円オフ、15~16インチ4600円オフ、17インチ以6600円オフ
※5400円のクーポン券(会費更新時に貰えるもの)の併用不可だが、5400円分のプリペイドカードが貰える(クーポン券を利用したのと同じ割引サービスとなる)

●2/22~3/17 ヨコハマプレミアムタイヤ(ADVANシリーズ)、ピレリプレミアムタイヤ(P7、PZORO、Scorpion)
ヨコハマタイヤ 15~16インチ9700円オフ、17~18インチ1万7000円オフ、19インチ以上2万2000円オフ
※5400円のクーポン券(会費更新時に貰えるもの)の併用OK

ピレリ 15~16インチ8000円オフ、17~18インチ1万8000円オフ、19インチ以上2万5000円オフ
※5400円のクーポン券(会費更新時に貰えるもの)の併用不可


また、参考までにバッテリーキャンペーンの実績です。

なお、バッテリーの交換・廃棄手数料は無料です。
また、3年または6万キロ保障(それ以前にヘタったら新品と交換)があります。

●4/6~5/6 GSユアサバッテリー
40B19(軽ないし小型)600円オフ、44B19(軽ないし小型)700円オフ、60B24(小型ないし中型)1300円オフ、80D23(中型ないし大型)1900円オフ、85D26(大型)2000円オフ

●7/20~8/26 GSユアサバッテリー、古川電池
GSユアサ 600~2000円オフ
古川電池 1100~2800円オフ

●10/29~12/24 GSユアサバッテリー、古川電池
GSユアサ 650~2000円オフ
古川電池 1100~2800円オフ


私のCクラスだと、ミシュランフェアを待つと4600円(タイヤ1本あたり1150円)得になり、バッテリーフェアを待つと1300円ないし1900円得になることになります。

たいして得にならないので、タイヤの摩耗による事故を考えると、フェアを待たずに交換すべきでしょう。

なぜP7だけ異様に安かったのかと思いましたが、ピレリフェア開催中だからだったのでしょうね。
しかし、私は、1万6800円高くても(ピレリフェアには5400円クーポン券が使えないので、実際には1万1400円差となります)、やっぱりミシュランにします。


【2019.2.25追記】

コストコタイヤセンターで確認したところ、コストコで取り扱っているバッテリーは日本車用で、外国車用は取り扱っていないとのことでした。
残念です。


広告

コメント

ピレリはイタリアの名門タイヤメーカーですよ
F1でも実績がある上にWRCでも実績がある実力派です

No title

コメントありがとうございます。

>F1でも実績がある上にWRCでも実績がある実力派です

ピレリは、スポーツタイヤに軸足があり、乗り心地は固めのようですね。
また、中国資本が入った影響かどうか分かりませんが、品質に個体差を超えたばらつきがあるという人もいます。

やはり私はミシュランが好きです。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理