我が入金力の前にひれ伏すがよい

昨年12月7日付けで、このような記事を書きました。

●【補訂版】入金力とはイージス艦の迎撃ミサイルである
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1129.html

上記記事で、私は、

入金力(毎営業日積立てをするパワー)こそ正義である

と述べました。

広告

先ほど、岡三オンライン証券にログインしてみました。

岡三オンライン証券で、私は、下記キャンペーンに釣られてスリム先進国株を12万円買っています。

●岡三オンライン証券でスリム先進国株を買って、「梅屋敷本」を手に入れよう
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-915.html
●岡三オンライン証券でスリム先進国株を10万円買って、アマギフ1000円を手に入れよう
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1057.html

双方のキャンペーンに当選し、梅屋敷本とアマギフ1000円をゲットしたものの、昨年12月27日の時点では、12万円が9万6921円(-19.23%)にゲロ下がっていました。

私は、正直、とても悲しい気持ちになりました。
しかし、私は、その20日前、


どれだけの暴落に見舞われようと、毎営業日積立てを継続し、「ふはははは、我が入金力の前にひれ伏すがよい」と笑っていられる精神状態をめざしたいものです。


という記事を書いています。

たかが20%の含み損で動揺できません。

そこで、昨年12月末から今年の5月までの6か月間、毎月2万5000円ずつ合計15万円のスリム先進国株を積立買付し、現金2000円全プレキャンペーンに応募することにしたのです。

●相場急落時の買い方
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1155.html

本日現在、岡三オンライン証券におけるスリム先進国株は、こうなっています。

取得金額 17万0008円
評価額 16万7092円
評価損益 -2916円(-1.71%)


ちなみに、松井証券の「スリム全世界株リバランス積立」(毎営業日1万円ずつ均等買付)の12月27日付けの状況はこうでした。

●スリムTOPIX
330,220
-80,049 (-19.5)
●スリム先進国株
2,639,453
-458,364 (-14.8)
●スリム新興国株
348,332
-63,812 (-15.5)
●合計
3,318,005
-602,225 (-15.4)


本日付けの状況は、こうなりました。

●スリムTOPIX
416,645
-31,966(-7.1)
●スリム先進国株
3,330,030
13,294(0.4)
●スリム新興国株
420,053
-24,830 (-5.6)
●合計
4,186,728
-43,502 (-1.0)




「負けたことがある」というのがいつか大きな財産になる



あきらめたらそこで試合終了ですよ…?




広告

コメント

No title

 私も同じ外国株投信をいくつかの証券会社で保有しています。年末の大暴落で、取得時期によって大きな評価損が生じた証券会社と、それまでに含み益があったのでプラスが減ったに留まった証券会社がありました。
 トップページに評価損が表示される証券会社にアクセスすると憂鬱になりました。同じ銘柄で将来の値上がり可能性は同じなのに、マイナスの残高を見ると心がザワツキます。
 でも、マイナスが生じている方の証券会社で毎日積立額を増額したら心が落ち着き、数日前には評価損がプラスに転じました。長期投資においては、いい経験だったかもしれません。

No title

コメントありがとうございます。

>トップページに評価損が表示される証券会社にアクセスすると憂鬱になりました。同じ銘柄で将来の値上がり可能性は同じなのに、マイナスの残高を見ると心がザワツキます。

そうなんですよね。
そのザワツキを緩和してくれるのが、他の投信の含み益であったり、それまでの含み益の記憶だったりします。

>マイナスが生じている方の証券会社で毎日積立額を増額したら心が落ち着き、数日前には評価損がプラスに転じました。長期投資においては、いい経験だったかもしれません。

私は、継続投資できるかどうかは、「ホールドしている限り、いずれは必ず元の含み益に戻る」と確信できるかどうかにかかっていると考えています。

これは言い換えると「リスク選好度」(ビビらない気持ち)となるわけですが、こればっかりは実際に含み損に直面してみないと判明しないことです。

積立投資は、一括投資と比べてリターンを諦める代わりにリスク幅を減らしますので、自身の精確なリスク選好度を実際の相場の変動による自身の心の動きを通じながら把握することができます。

今のうちに経験できたのは、継続投資のための大切な財産になります。
よかったですね。

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理