電子申告したら、特定口座年間取引報告書の郵送が必要だったというお話

私は、2月1日付けで、確定申告書を電子申告で提出しました。

●確定申告書を電子申告で提出しました
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1199.html

広告

還付金の送金を心待ちにしていたところ、税務署から電話がかかってきました。

配当所得を総合課税として申告した際、配当控除が3000円ほどで配当所得の金額と数字が合わないことを聞かれたのかと思って、「配当所得の大半は米国ETFなので配当控除が効かないんですよね」と言うと、そうではなく、特定口座の年間取引報告書を郵送してほしいという依頼でした。

私は、電子申告をした以上、添付書類の提出は免除されるものと理解していたので、そのように言ってみたところ、どうも要領を得ず、どうしても郵送が必要だと言うのです。

調べて見ると、驚愕の事実が判明しました。

まず、特定口座年間取引報告書の添付が不要なときは、以下の場合です。

「e-Taxにより税務署に提出する。」を選択している場合、作成コーナーにおいて「特定口座年間取引報告書」に記載された内容を「金融・証券税制(特定口座)」画面に入力すると、その入力されたデータは申告書データと併せて送信(電子申告)されます。
これにより、確定申告書に添付すべきこととされている「特定口座年間取引報告書」は、提出を省略することができます。
https://www.keisan.nta.go.jp/h30yokuaru/cat2/cat21/cat219/seidogaiyo/tokuteikozahokokusho.html

つまり、「確定申告書作成コーナー」を利用して電子申告しないと、特定口座年間取引報告書の提出は省略できないことになります。

なお、

金融商品取引業者等から電磁的方法により提供された「特定口座年間取引報告書」(金融商品取引業者等の電子署名を付した一定のXML形式のものに限ります。)をお持ちの方は、この「特定口座年間取引報告書」を申告書データと併せて送信(電子申告)することができます。
https://www.keisan.nta.go.jp/h30yokuaru/cat2/cat21/cat219/seidogaiyo/tokuteikozahokokusho.html

との記載もありますが、少なくとも私がVTを保有しているマネックス証券は電子データの提供はしていません。

ちなみに、私が利用している「MFクラウド確定申告」では、ソフトウェア版の利用が絶対条件であるとされています。


マネーフォワード クラウド確定申告では、ソフトウェア版のe-Taxで電子申告を行う為のファイルをエクスポートすることができます。
e-Taxソフトに組み込むことで、電子申告が可能です。
Web版のe-Taxでは申告が行えません、ソフトウェア版をご利用ください。
https://support.biz.moneyforward.com/tax-return/guide/financial-report/fr07.html

そうすると、私のケースでは、確定申告書を電子申告で提出した後、特定口座年間取引報告書を税務署に郵送しなければならないことになります。



なんてことだ




面倒です。
しかし、青色申告特別控除65万円を獲得するには、どうしても電子申告をしなければなりません。


広告

コメント

No title

税務申告も証券口座もマイナンバーが付いているのですから、そもそも税務署はデータをもっているはずですよね。
こうした事務作業の軽減がマイナンバーのメリットの一つだったように記憶していますが。

No title

税務署の作成コーナーでe-Tax申告した場合でも「特定口座年間取引報告書」のコピーを添付しろと必ず言われます。
ルール上添付しなくても良いと拒否できるようですが、そうすると要は税務署側で各納税者ごとに証券会社から送られてきた書類を仕分けなければならず面倒なんでしょうね。
逆に言えば添付さえしておけば色々あら捜しされないメリットがあるのだと思っています。
大口所得者を除いて、税務署は証券会社から送られてきた報告書を一々納税者ごとに仕分けていないんでしょうね(笑)。

No title

コメントありがとうございます。

>税務申告も証券口座もマイナンバーが付いているのですから、そもそも税務署はデータをもっているはずですよね

特定口座年間取引報告書は証券会社が税務署に勝手に送付しますので、証券会社にマイナンバーを登録し、確定申告書にもマイナンバーを記載していれば、税務署が紐づけることは簡単なはずですから、全く残念な運用ですね。

>税務署の作成コーナーでe-Tax申告した場合でも「特定口座年間取引報告書」のコピーを添付しろと必ず言われます。

電子申告した意味がないですよね。

>逆に言えば添付さえしておけば色々あら捜しされないメリットがあるのだと思っています。

同感です。
担当者のアンテナに極力引っかからないように、そっと申告し、できる限り静かにしておくべきですね。

No title

「作成コーナー」と「Web版のe-Tax」はまた別だと思います

No title

コメントありがとうございます。

>「作成コーナー」と「Web版のe-Tax」はまた別だと思います

整理すると、このような運用のようですね。

(1)作成コーナーを利用して電子申告
年間報告書の添付は不要のはずだが、実際には原本の提出を求められる。

(2)ウェブ版を利用して電子申告
電子署名付きの年間報告書の電子データを添付するのでなければ、原本の提出を求められる。

(3)ソフト版を利用して電子申告
電子署名付きの年間報告書の電子データを添付するのでなければ、原本の提出を求められる。

一回も出したことないな・・

通りすがり失礼します。2010年からetaxで株式(国内外)の配当金の確定申告してますが、一回も税務署から年間取引報告書出せとか電話きたことないですね。この間1回住所が変わり県をまたいで税務署も変わりましたが両方共音沙汰なしです。外国株の配当なんか税務署は全く把握してないだろうに、確認もしないとは。可能性としては総所得がだいぶ少ないほうなので、チェックもされないということかもしれない笑

No title

コメントありがとうございます。

>2010年からetaxで株式(国内外)の配当金の確定申告してますが、一回も税務署から年間取引報告書出せとか電話きたことないですね。

私のケースでは、担当者がやる気があったのか、研修の一環なのか、電子申告が珍しかったのか、たまたま目に付いたのかは分かりません。

しかし、来年からは紙申告であっても添付不要となりますので、郵送はしないでチャレンジしてみるつもりです。
https://www.tabisland.ne.jp/news/tax/2019/0201.html
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理