スリム先進国株と楽天全米株、節目の350億円に到達

eMAXIS Slim先進国株の純資産額が、2019年2月19日、350億円を突破しました。
同日付けの純資産額は、352億0900万円です。

楽天全米株の純資産額が、2019年2月19日、350億円を突破しました。
同日付けの純資産額は、352億9100万円です。




※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●不倫相手の離婚慰謝料を否定した今日の最高裁判決
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1226.html#more

広告

スリム先進国株が節目の300億円に到達したのは、1か月前の1月18日付けでした。

●スリム先進国株300億円、スリムバランス200億円、スリム米国株100億円、スリムオールカントリー10億円に到達
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1180.html

これに対し、楽天全米株が節目の300億円に到達したのは、1月17日付けです。

●楽天全米株、300億円に到達
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1177.html


このように、両ファンドは、ほとんど同じような勢いで純資産額を伸ばしていることが分かります。
投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」では、スリム先進国株が1位、楽天全米株が4位でした。

とりわけ、スリムシリーズは、公式サイトで「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」で大量受賞したことを大々的にアピールしており、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」で受賞した事実を骨の髄までしゃぶり尽くそうとしています。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」としても、最も有力な超低コストインデックスファンドシリーズから多大な敬意を表されることは、賞自体の権威を高めることにつながります。

まさに両者は理想的な関係を構築しようとしています。
私は、今回のスリムシリーズの行動は、単なるファン投票にすぎなかった「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」が一般消費者の投資行動に影響を与える権威性を獲得するきっかけになるのではないか、その歴史的瞬間を目撃しているのではないかとすら考えているところです。


さて、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」といえば、2月16日付けで運営委員長が交代しました。
http://www.fundoftheyear.jp/2018/-fund-of-the-year.html

複数の投信ブロガーがブログで言及していますが、相互リンク先のわかま屋さんは、次のようにコメントしています。

rennyさんが「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」の運営委員長の座を降りる決心をしたのは、その鋭敏な嗅覚で一つの時代の終わりを感じ取ったからに他ならないと思います。
投信界の歴史は、これからはマニアではなく、大衆によって刻まれていく。何人にも押し返すことのできない、大きな歴史のうねりの前に我々は直面しているのです。
最後になりましたが、rennyさんはアクティブファンドの進化のために活動を継続されるとのことです。今後、ますますのご健勝、ご多幸を祈念いたしまして、筆をおきたいと思います。
https://onewayinv.com/fund-of-the-year/post-4970/


しかし、私はこう思うのです。

実は、前回の投票結果を確認した時から考え始めていました。インデックスファンドが圧倒的優勢となる結果に、モヤモヤした気持ちが芽生えたのです。そして、今回、トップ10全てをインデックス運用のファンドが占めました。 モヤモヤの正体は「アクティブファンドは何をやっているの?」というものでした。
http://www.fundoftheyear.jp/2018/-fund-of-the-year.html



レニーさん、6位のセゾングロバラ、アクティブファンドですぜ、と。

●アクティブファンドとは何か(セゾングロバラはやっぱりアクティブファンド)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-602.html


広告

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理