SMBC日興、2月18日から「金額・株数指定取引」の購入手数料を無料化

SMBC日興証券は、2月8日付けでプレスリリースを出し、「金額・株数指定取引」(略称「キンカブ」)の購入手数料について、2月18日約定分から手数料を大幅に減額し、一部は無料化すると発表しました。
https://www.smbcnikko.co.jp/news/customer/2019/n_20190208_01.html

そして、本日付けで、投資記事からキンカブを購入できる新サービス「FROGGY」(フロッギー)を開始しました。
https://froggy.smbcnikko.co.jp/


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●【週末限定】還元率1.2%のリクルートカードで1万ポイントをゲットだぜ
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1220.html

●金融庁が最悪のプロモーション動画を公開しました
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1219.html#more

●eMAXIS Slimシリーズがニーサの日に1000億円に到達
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1218.html#more


※現在開催中の楽天市場で何を買うか迷ったときは、下記記事を参考にしてみてください。

●楽天市場ではこれを買え
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1211.html

広告

フロッギーのプレスリリースはこちらです。
https://www.smbcnikko.co.jp/news/release/2019/pdf/190215_01.pdf

この意味が分からなかったことから、SMBC日興証券に電話して聞いてみました。

(1)フロッギーにおける取引は、キンカブの金額指定取引と全く同じである。

(2)金額指定取引とは、500円以上500円単位で単元未満株を売買するサービスである。
ただし、単元未満株そのものを売買するわけではないため、株主優待制度は適用されない。郵便物が届くことはない。
配当金は、証券口座に入金される(雑所得ではなく配当所得)。


(3)保有額が単元株に達すると、自動的に単元株に振り替えられる。以後は、フロッギーではなく日興イージートレードでの取引となる。
なお、カスタマーセンターに電話すれば、自動振替前の振り替えも可能。

(4)100万円以下の購入手数料は無料であるが(従来は購入額200万円以下で2%の手数料がかかっていた)、売却手数料は0.5%を払う必要がある。


ということで、

●現物株売買手数料0円の新時代が本日幕開け
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-969.html

こちらの下位互換でした。

もっとも、手数料無料で500円単位で個別株取引ができるのは魅力的かもしれません。単元未満株取引でネックとなる郵便爆弾(封書が山のように自宅に郵送される)も回避することができます。

しかし、単元未満株取引ではないため、こちらはもらえません。

●上新電機(8173)を1株3500円で買って5000円の商品券を貰おう
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1038.html


広告

コメント

配当有り銘柄を購入することで手動ではあるものの擬似的なDRIP制度を実現できそうですね。

No title

コメントありがとうございます。

>配当有り銘柄を購入することで手動ではあるものの擬似的なDRIP制度を実現できそうですね。

500円単位という縛りはあるものの、個別株を利用した分散投資を実現することができます。

ポートフォリオシステム(銘柄と配分率を自作できるもの)を導入し、購入金額を入力したら自動的に自分で決めた配分率どおりに個別株を購入できるようなシステムになれば、個別株投資に革命が起きるかもしれませんね。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理