PayPayとLINE Payの20%残高バックが明日からスタート

明日(2月12日)から、2種類のペイキャンペーンがスタートです。




※現在開催中の楽天市場で何を買うか迷ったときは、下記記事を参考にしてみてください。

●楽天市場ではこれを買え
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1211.html

広告

まずは、PayPay(ペイペイ)。
https://paypay.ne.jp/promo/10billion-campaign/


●【徹底解説】PayPayの新キャンペーンとクレジットカード上限の大幅改悪
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1205.html

上記記事で徹底解説したとおり、100億円キャンペーンの第2弾がスタートします。

今回の残高バックの上限は、1決済あたり1000円相当額です。

そのため、20%残高バックは1決済5000円までとなり、決済額が5000円を超えれば超えるほど、還元率は低下していきます。
また、100%残高バック(当選確率は10%ですが、ヤフープレミアム会員は20%にアップ)についても、決済額が1000円を超えるたびに還元率は低下し、決済額が5000円の時点で20%バックと同じ還元率になります。

また、20%バック、100%バックともに、ペイペイ残高決済かYJカード決済をする必要があります。
YJカード以外のクレジットカード(例えば、kyashリアルカード)を使ってはダメです。

YJカードがなく、既にペイペイ残高を使い切った人(※)は、銀行口座から残高チャージするしかありません。
銀行口座からのチャージは、YJカードによるチャージやクレジットカード決済と異なり、上限額はありません。

※昨年12月の第1弾100億円キャンペーンで付与されたペイペイボーナスを使って支払っても、今回の第2弾キャンペーンの対象となります。

銀行またはYahoo! JAPANカードからチャージされたPayPay残高(PayPayライト)、各種キャンペーンなどで付与されたPayPay残高(ボーナス/ライト)も20%付与の対象です。
https://paypay.ne.jp/promo/10billion-campaign/


今回の実施期間は5月31日までです。
前回は10日ほどで100億円を使い切って終了してしまいました。その原因は家電量販店での高額品の爆買いです。
今回は1決済の上限還元額が1000円しかないことから、予定終了日近くまでもつかもしれません。

なお、前回の反省を踏まえ、

キャンペーン期間中であっても対象のキャンペーンにおいて、PayPay株式会社の負担する付与金額が100億円に達した場合、本キャンペーンは途中終了いたします。
終了の場合は、終了当日の22時に本サイト内およびアプリ内にて告知いたします。
また付与金額を追加する可能性があります。その場合は、PayPayホームページにて事前告知を予定しています。
https://paypay.ne.jp/promo/10billion-campaign/

と明記されています。


つぎに、LINE Pay(ラインペイ)。
http://pay-blog.line.me/archives/14719084.html

概要です。


対象店舗
ファミリーマートでのコード払い限定

期間
2月12日0時00分~2月21日23時59分

還元額の上限
2000円相当(決済額1万円まで)

なお、対象外商品は明記されていません。
それどころか、

ご購入商品が本キャンペーンの対象となるか否かのお問い合わせに関しましては、LINE Pay残高の還元をもって回答とさせていただきます。
http://pay-blog.line.me/archives/14719084.html

との記載があります。

以前のキャンペーンでは、このような注意書きがありました。

お酒・タバコ・書籍などの一部商品、処方箋が必要となる一部店舗、役所・役場、神社仏閣などはキャンペーン対象外となる事がありますので、予めご了承ください。
http://pay-blog.line.me/archives/12664652.html

したがって、キャンペーンが適用されるかどうか怪しい商品は、LINEペイではなくペイペイを利用したほうがよいでしょう。
ただし、ペイペイの還元額には上限がありますので、怪しい商品でない限り、ファミリーマートではLINEペイを優先利用すべきです。

※ペイペイの残高バック上限額は5万円です。これは利用額にすると25万円ですから、こんなに使わないという人は、20%の確率である100%バックへの抽選権を確保するため、ペイペイ1本にしたほうがよいでしょう。

※ただし、LINEペイのコード払いの還元率は最低でも3.5%です。今回の20%とは別建てですので、還元率は最低でも23.5%となります。
また、ペイペイは1決済1000円相当が上限ですが、LINEペイにはそのような上限がないため、1回に5000円を超える決済をするときはLINEペイのほうが有利になります。ただし、ファミマでそのような高額決済はチケット等しかなく、チケット等の決済が本キャンペーンの適用対象となるかどうかは聞いても答えないと明記されていますので、ファミマでLINEペイを使ってディズニーチケットを買うような冒険はしないほうがよいと考えます。

※コード払い限定ですので、リアルカードを利用しても本キャンペーンの適用対象にはなりません。また、LINEポイントはLINE Pay残高に移行してからLINEペイ決済をしないとダメです(ポイント払い相当額は20%残高バックの計算から除外されます)。


なお、LINE Payでは、今月末まで、このようなキャンペーンも実施しています。

「LINEギフト」が半額!LINE Pay決済で50%還元キャンペーン
http://pay-blog.line.me/archives/15169052.html

私は、毎週末、子供の将棋道場に子供を連れていっています。
子供が対戦している間、ずっと待っているわけですが、会場の近くにミニストップがあり、よく利用します。

このギフト券は自分のアカウントに紐づけることができますので(購入時に自分用かギフト用かを選択できます)、ミニストップのソフトクリーム券3枚(220円×3枚=660円)、ミニストップのホットコーヒー券2枚(100円×2枚=200円)、ファミリーマートのホットカフェラテ券1枚(150円)で1010円分を購入しました。
既にほとんど利用し、残りはソフトクリーム券1枚だけです。

還元額の上限は500円ですので、決済額の上限は1000円となります。
これで最大の還元額を得ることができます。

※なお、ミニストップのレジの仕様として、ギフト券は1決済に1枚しか利用できません。
そのため、ギフト券を2枚利用したいときは、ギフト券1枚を利用してソフトクリームを1つ注文してレシートを出してもらい、その直後に別のギフト券1枚を利用してソフトクリームを1つ注文してレシートを出してもらう必要があります。


広告

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理