【週末限定】還元率1.2%のリクルートカードで1万ポイントをゲットだぜ

リクルートカードという年会費無料のクレジットカードがあります。

ビザとマスターから選択することができ、還元率は1.2%。
JCBも選択できますが、後述するkiigoやkyashリアルカードに紐づけることができません。

リクルートカードは、頻繁に入会ポイント増額キャンペーンを実施しています。
月曜日の9時59分まで、6000ポイントが1万ポイントに増額されるキャンペーンが実施中です。



※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●この投資信託がすごい(2019年2月、全海外株編)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1209.html

広告

リクルートカードは、年経費無料であるのに還元率は1.2%と非常に高いです。
しかも、1会計ごとではなく、月間利用額の1.2%ですから、端数を無駄にしなくて済みます。

リクルートカード単独で使ってもうまいのですが、更にお得な利用方法があります。

(1)kyashリアルカードに紐づけて、還元率を3.2%にする

(2)kiigoでnanacoギフト券を購入し(1か月の上限は5万円まで)、セブンイレブンで税金・公共料金を支払う


まず、(1)ですが、このブログで何度もご紹介しているとおり、kyashリアルカードというものがあります。

要するに、ビザのプリペイドカードのことですが、これが優れている点は、

(1)事前チャージが不要(利用する都度、紐づけたクレジットカードから自動決済される)

(2)kyashリアルカードのポイント(1会計50円ごとに1円が翌月自動キャッシュバックされる)に加え、紐づけたクレジットカードのポイント(リクルートカードならば1.2%)も獲得することができる

(3)事前オーソリが必要な一部の店舗(ガソリンスタンド、ホテルなど)を除き、普通のビザクレジットカードのように利用することができる

という点です。

kyashリアルカードで決済するだけで、単純に2%のキャッシュバックがなされるわけですから、非常にうまいです。
利用しない手はありません。

なお、直近24時間の利用上限額が5万円、1か月(月初から月末まで)の利用限度額が12万円という制限はありますが、上限に達したら元々使っていたカードを使えばよいだけです。

というわけで、私は、自分のkyashリアルカードには楽天カードを紐づけていますが、妻のkyashリアルカードにはリクルートカードを紐づけています。

まだリクルートカードを持っていない方は、1枚どうぞ。

つぎに、kiigo(キーゴ)です。

このブログでも何度もご紹介していますが、税金を含む公共料金は、クレジットカード払いができない、あるいはクレジットカード払いで手数料がとられてしまいます。
そんなとき、コンビニ払いを選択し、セブンイレブンでnanaco払いをすると、nanaco払いにはポイントは付与されませんが、nanacoチャージした際にクレジットカードのポイントが付与されます。

しかし、nanacoチャージは徐々に制限されており、リクルートカードも月額3万円がポイント付与の上限です。
つまり、直接nanacoのサイトにログインしてクレジットカードチャージをすると、毎月3万円分のnanacoしか得られないことになります。

そこで、kiigoです。
http://www.kiigo.jp/

kiigoはコンビニで電子マネーを販売している会社が運営していることから、怪しいところではありません。
このkiigoに会員登録すると、毎月5万円まで、クレジットカード払いでnanacoギフトコードを購入することができます。
あとはnanacoの公式サイトにログインし、購入したnanacoギフトコードを自分のアカウントに登録するだけです。

なお、kiigoに会員登録する際は、

7y3sXg2D65

上記のお友達コードをコピペしてください。あなたも私もそれぞれ200ポイントずつ貰えます。


広告

コメント

いつも良記事をありがとうございます。
kiigoでnanacoギフトを購入するときにはkyashも使えるのでしょうか?
nanacoチャージ用に先月リクルートカード作りましたが、よくよく考えるとkiigoがあれば他のカードでもポイント付きそうなので個人的にはリクルートカードを使う機会がなくなってしまいました^ ^;
とはいえ折角作ったのでキャンペーンボーナスは享受したいと思います

No title

コメントありがとうございます。

>kiigoでnanacoギフトを購入するときにはkyashも使えるのでしょうか?

使えません。
キーゴは3Dセキュア認証が必須であり、kyashリアルカードは3Dセキュア認証に未対応だからです。

>よくよく考えるとkyashがあれば他のカードでもポイント付きそうなので個人的にはリクルートカードを使う機会がなくなってしまいました

3Dセキュア認証が必要なネットショッピング、事前オーソリを求められるガソリンスタンドやホテルのフロント、暗証番号を求められるJRなどではkyashリアルカードは使えませんので、リクルートカードが活躍します。

カード会社のブランドを教えてください

リクルートカードのブランドはどこなされてますか?

VISAとMasterCardどちらにするか悩んでます。楽天カードをJCBで作ってしまったために紐付けできず。。。

またkyashのセキュリティについてはどう考えてますか?
自分は作ったものの、カードを落とした時の保証がないことあたりが気になってます

よろしくお願いします

No title

コメントありがとうございます。

>VISAとMasterCardどちらにするか悩んでます。

コストコを利用する可能性があるなら、マスター一択です。
そうでなければ、どちらでもよいと思います。私は、これまでの人生で、ビザが使えてマスターが使えないレジに遭遇したことはないです。

>kyashのセキュリティについてはどう考えてますか?

アプリを操作して自分で利用停止にすることができます。
私は上限があること及び紛失してもアプリで即座に利用停止できることから心配していませんが、もし心配であれば、原則として利用停止にしておき、使うときだけ解除すればよいのではないでしょうか。

No title

今回の記事とは関係のない話で、申し訳ありませんが、みずほ銀行株は購入されているのでしょうか?

No title

コメントありがとうございます。

>みずほ銀行株は購入されているのでしょうか?

あのままホールド中です。

IPOで当選してホールド中のメルカリの株価急落が悲しくて、追加投資はしていません。

No title

男爵さんはセーフティ共済加入中とお聞きしましたので相談させてください。

現在、青色申告個人事業主として税務署に届出済み(著述業)ですが、事業は稼働しておらず収入ゼロ・経費は20万程度(書籍代や交通費、按分家賃等)、つまり年間赤字で確定申告しています。
来年から終身個人年金(生保)の受給が始まり雑所得が急増してしまいます。
小規模企業共済や国民年金基金、社会保険料その他の所得控除だけでは課税所得圧縮が間に合わず、セーフティ共済の加入を検討しています。

資産が十分で収入は不要なのですが、とりあえずブログ収入等で10万円程度の事業収入を稼ぎ、セーフティ共済年間150万円程度の加入・経費算入で課税所得はゼロまで圧縮できそうですが、こんな大幅な赤字や低収入で共済の加入・継続、税務署の是認が通るのか疑問です。

もう少し低額の加入を考えたほうがいいのか、別の経費項目を積み増したほうが自然なのかアドバイスいただければ幸いです。

No title

コメントありがとうございます。

>男爵さんはセーフティ共済加入中とお聞きしました

加入していません。

事業所得は昨年は赤字、今年は青色申告特別控除の範囲内に収まっています。

>来年から終身個人年金(生保)の受給が始まり雑所得が急増してしまいます。
小規模企業共済や国民年金基金、社会保険料その他の所得控除だけでは課税所得圧縮が間に合わず、セーフティ共済の加入を検討しています。

必要経費(これまでの保険の掛金)を控除しても、年間140万円の保険金がもらえるのでしょうか?

>こんな大幅な赤字や低収入で共済の加入・継続、税務署の是認が通るのか疑問です。

小規模企業共済に現在加入していれば、倒産防止共済も加入できると思います。同じような加入手続ですし。

しかし、私の理解では、倒産防止共済は、次のように利用するものです。

(1)事業所得の必要経費にすることで、課税所得が多いときに課税所得を圧縮して所得税率を減らす。

(2)事業所得が少なく所得税率が低くなると予想される年に任意解約することで、雑収入(雑所得ではありません。事業所得の雑収入です)に計上する。

つまり、倒産防止共済は、積立てと任意解約を繰り返すことで、所得税率の高い年から低い年に事業所得を移動させるために利用するものです。

年金は雑所得ですから、おそらく倒産防止共済は必要経費にはならないと思います。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●楽天証券で「たわら男爵15種」の毎月2回100円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理