この投資信託がすごい(2019年1月、新興国株編)後編

雪だるま新興国株が第1期運用報告書を公開したことを受けて、「この投資信託がすごい」新興国株編を更新しました。

このシリーズは、インデックスファンドのうち、私が最高だと考えるものをご紹介するというものです。

今回は後編です。
前編の勝者であるeMAXIS Slim新興国株とETFを買うだけファンドとを比較します。


【この投資信託がすごい(目次)】
※順次、最新版に更新していきます。

●先進国株(現物株ファンド)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1178.html
●先進国株(ETFを買うだけファンドとの比較)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1179.html
●新興国株(現物株ファンド)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1181.html
●新興国株(ETFを買うだけファンドとの比較)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1182.html
●TOPIX
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1192.html
●ダウ
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-615.html#more
●全世界株(含む日本)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1207.html#more
●全海外株(除く日本)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1209.html
●eMAXIS Slim全世界株vsVT
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-745.html#more
●eMAXIS Slim全世界株vs楽天全世界株
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-740.html#more
●バランスファンド
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-957.html

広告

ETFを買うだけファンドには、

楽天・新興国株式インデックス・ファンド
SBI・新興国株式インデックス・ファンド(雪だるま新興国株式)

があります。

そこで、これらとeMAXIS Slim新興国株を比較します。


●eMAXIS Slim新興国株式インデックス

トータルコスト 0.38545%

信託報酬 0.20412%(税抜0.189%)
信託報酬を除く実質コスト 0.18133%
純資産額 119億9500万円(2017年7月31日新規設定)
マザーファンドの規模 705億8000万円(2018年11月1日時点)


●楽天・新興国株式インデックス・ファンド

トータルコスト 0.8438%

信託報酬 0.12%(税込0.12%)
うち運営会社0.05%、証券会社0.05%、信託銀行0.02%
米国ETFの経費率 0.14%
信託報酬除く実質コスト 0.3312%(前回、「0.2%程度になるリスクがある」と書きましたが、予想を更に超えてきました)
三重課税コスト 0.243%(推定値)
※計算根拠は後述する。


●雪だるま新興国株式

トータルコスト 0.60105%

信託報酬 0.06%(税込0.0648%)
うち運営会社0.02%、証券会社0.02%、信託銀行0.02%
米国ETFの経費率 0.13%
信託報酬除く実質コスト 0.17315%(前回、「0.2%程度になるリスクがある」と書きましたが、こちらは予想と同程度でした)
三重課税コスト 0.2331%(推定値)
※計算根拠は後述する。


※三重課税コスト
三重課税コストとは、ファンドが保有する株式の配当金について、
(1)投資信託 現地国、日本の二重課税
(2)米国ETF 現地国、アメリカ、日本の三重課税
というように、米国ETFはアメリカが10%の源泉税を徴収するというものである。
現地国の税率は10%であることが多く、アメリカは残りの配当金(90%)に10%の源泉税を徴収するため、配当金の9%がアメリカに奪われる。
ファンドが保有株の配当金を受け入れる際、原則としてその10%が保有株の所属国(現地国)によって課税されるが、保有株がファンドと同じ国籍の時はファンド受入時には課税されず、ファンドが顧客に分配金を出した時点で初めて課税される。
この例外が適用されるのは、日本の投資信託であれば日本株、米国ETFであれば米国株となる。
ファンドが分配金を出したとき、日本の投資信託は、日本株は日本国の一重課税、日本株以外は現地国・日本国の二重課税であり、米国ETFは、米国株は米国・日本国の二重課税であるが、米国株以外は現地国・米国・日本国の三重課税となる。
配当金が100あったとして、
(1)投資信託 現地国10、ファンド受入額90
(2)米国ETF 現地国10、アメリカ9(90の10%)、ファンド受入額81
となるため、この差額9(90-81)が三重課税コスト(米国ETFではなく投資信託であれば払わずに済んだコスト)となる。
ここで「ファンド受入額」と記載したが、これは便宜上の表現である。投資信託は文字どおりファンドの純資産額に上積みされ、顧客にとっては含み益の一部となり、売却時に譲渡所得として日本国によって課税されるが、米国ETFはそのまま顧客に分配されるため、分配時に配当所得として日本国によって課税され、その際、20.315%が日本国によって源泉徴収される。
無分配の投資信託であれば、米国ETFと異なり、保有株の配当金を顧客に分配して20.315%を徴収されることなく、この20.315%相当額もファンド内で運用し、その運用利益を顧客に渡すことができるため、その分、リターンが向上する(課税の繰り延べ効果)。

バンガード社によれば、VWOの利回りは2.7%である。
https://www.vanguardjapan.co.jp/docs/FS_VWO_JP.pdf
2.7%の9%は0.243%であるから、これが三重課税コストとなる。

雪だるま新興国株のSCHEの利回りは2.59%であるから、三重課税コストは0.2331%となる。
https://www.etf.com/SCHE#overview

トータルコストの比較(組入銘柄数)です。

1、eMAXIS Slim新興国株 0.38545%(1148銘柄。大中型株のみ。韓国を含む)

2、雪だるま新興国株 0.60105%(899銘柄。大中型株のみ。韓国は含まない)
※三重課税コストを無視すると、0.36795%

3、楽天新興国株 0.8348%(4634銘柄。小型株を含む。韓国は含まない)
※三重課税コストを無視すると、0.6008%


このように、ETFを買うだけファンドを含めても、eMAXIS Slim新興国株がベストバイファンドとなりました。


広告

コメント

No title

結局のところ雪だるまシリーズは旧EXE-iシリーズと実質コストはさほど変わらないということなのでしょうかね。

男爵様の方で出されていたか定かではないのですが、下記のサイトにある実質コスト(三重課税コストは未考慮?)と大差ないですよね?
https://arts-investment.blogspot.com/2018/07/exe-i5.html

No title

連投と長文すみません。

私事ですが仕事でたまたま2020年からの税制改正である投資信託等の外国税額控除の対応に着手しました。
この改正は投資対象に外貨建資産のある投信(含むETF、J-REIT、JDR等)について、配当の外国税分を分配金の外貨建資産の割合に応じて(当初は)国税(所得税)のみから控除するという制度なのですね。

まだまだ未確定の要素も多く地方税は先延ばしで対象外のようなのですが、この仕組みですと無分配の多いインデックス投信だと控除しようがなく、分配金が出ても元々非課税の特別分配金やNISAやiDeCoでも控除しようがなく、なかなか恩恵を受けられそうもない制度だなと感じていたところです。。

このような制度改正があるのであれば、特にETFを買うだけファンドなどは、長期保有前提でも微分配(基準価格が上昇している場合のみ)された方が投資家は特になるのかな?などと考えてしまいます。
譲渡時に控除だと保有期間によって控除額が変わって大変ですし、源泉徴収時以外では難しいでしょうし…

男爵様は上記の改正(将来的に地方税も控除される)があったとしてもインデックスファンドは無分配であるべきとお考えになられますか?
また、外国税はどのように控除されるのが望ましいとお考えになられますか?

以上、よろしくお願いいたします。

No title

コメントありがとうございます。

>結局のところ雪だるまシリーズは旧EXE-iシリーズと実質コストはさほど変わらないということなのでしょうかね。

EXE-i先進国株の信託報酬除くコストは0.028%であるのに対し、雪だるま先進国株は0.17315%ですから、6.2倍も違います。

コスト高は純資産額が少ないせいでしょうね。

>2020年からの税制改正である投資信託等の外国税額控除

下記記事でお伝えしたとおり、米国ETFの外国税控除の投資信託版のようです。
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-718.html

>男爵様は上記の改正(将来的に地方税も控除される)があったとしてもインデックスファンドは無分配であるべきとお考えになられますか?

私はVTとVTIを保有していますが、外国税控除はしたことがありません。

現役時は忙しくて関心がなく、今は非課税世帯であり還付されるべき所得税がないからです。

もし今回の税改正が、「外国所得税額+日本所得税額」が15.315%(源泉税額は20.315%だが、うち5%は住民税)になるように事前調整されて特定口座から源泉徴収されるのであれば非常に魅力的です。

スリム先進国株にも、ぜひ全ての配当金を1円残らず分配金として顧客に還元してほしいところです(分配金再投資コースにしておけば自動再投資されるため、手間はかかりません)。

答えていただきありがとうございます。

コストの件は、雪だるまシリーズはせっかく旧EXE-iシリーズよりも低信託報酬で設定されましたが、1期は信託報酬除くコスト高のせいで、結局トータルコストは大差なかったのかなという意味合いで書いたものでした。
※まだまだ自分が理解できていなかったらすみません

2020年からの税制改正の件は1年経って少し変わったようで、大和総研の資料からも変わっているもののそちらに近いと思います。
※まだ未確定の部分も多いですが

一応対応としては特定口座も対象で「外国所得税額+日本所得税額」が15.315%(源泉税額は20.315%だが、うち5%は住民税)になるように証券会社で事前調整されて源泉徴収される方向になっています。
但し、課税標準が増えるような計算式になるので控除のある銘柄の場合、住民税は逆に少し増えます。
※トータルの源泉税額は減ります

あくまでも分配金の源泉徴収時の話なので、住民税についても対応が済む頃までには無分配の方針がいい方向に変わっているかもしれませんね。

No title

コメントありがとうございます。

>一応対応としては特定口座も対象で「外国所得税額+日本所得税額」が15.315%(源泉税額は20.315%だが、うち5%は住民税)になるように証券会社で事前調整されて源泉徴収される方向になっています。

情報提供していただき、ありがとうございます。
もしそうなれば、無分配投信の時代は終わりそうですね。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理