スリム先進国株300億円、スリムバランス200億円、スリム米国株100億円、スリムオールカントリー10億円に到達

スリムシリーズが、本日、一挙に節目に到達です。



よろしければ、次の記事もご覧ください。

●この投資信託がすごい(2019年1月、先進国株編)後編
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1179.html

●この投資信託がすごい(2019年1月、先進国株編)前編
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1178.html

広告

まずは、スリムシリーズのフラッグシップファンドであるスリム先進国株が節目の300億円に到達しました。
スリム先進国株の本日付けの純資産額は、303億5500万円となります。

続いて、8資産均等型バランスファンドを世に広めたスリムバランスが節目の200億円に到達しました。
スリムバランス(8資産均等型)の本日付けの純資産額は、200億0800万円です。

そして、まさかの私募ファンドのマザーファンドを利用し、S&P500指数に連動する超低コストファンドを作ったスリム米国株が節目の100億円に到達しました。
スリム米国株の本日付けの純資産額は、102億1100万円です。

最後に、MSCIジャパン指数の日本株マザーファンドを新設し、MSCI全世界株式指数に連動する意欲作であるスリム全世界株(オール・カントリー)が節目の10億円に到達しました。
スリム全世界株(オール・カントリー)の本日付け純資産額は、10億2800万円です。


上記各ファンドは投信ブロガーの支持を集めており、FOY2018のランキングは、

スリム先進国株 1位
スリムバランス 5位
スリム米国株 8位
スリム全世界株(オール・カントリー) 3位

となっています。10位のスリム全世界株(除く日本)を含めれば、スリムシリーズはベスト10の半数(5ファンド)を占めるに至っており、FOY2018はスリム軍団が制しました。

スリム軍団に対抗するのはチームニッセイですが、ニッセイシリーズはニッセイ外国株だけしかないというイメージを払拭できていません(ニッセイTOPIXは207億円、ニッセイ外国債券は97億円、ニッセイJリートは91億円、ニッセイ国内債券は65億円、ニッセイグローバルリートは52億円、ニッセイ日経平均は51億円、ニッセイ4資産均等型は29億円、ニッセイ日経400は12億円であり、純資産額がそこそこあるものもありますが、ほとんどの人は知りません)。

そして、バンガード社のブランド力を背景とする楽天バンガードファンドシリーズは、楽天全米株307億円、楽天全世界株166億円、楽天高配当株14億円であり、チームニッセイ以上に未来がありません。
バランスファンドを一挙に3種類も投入する戦略ミスがなければ、バランスファンドの分野で覇権を得ることができたかもしれないことを思うと、もっと早期に専用サイトを作って広く意見を聞くという方針転換をすべきでした。


FOYの表彰式が一般紙で報道されるなど、投信ブロガーの影響力は無視できないものになりつつあります。

●「目利きの個人」が選ぶ18年のベスト投信
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO39998500V10C19A1000000?channel=DF280120166571&style=1
「個人に支持されている」という評価は販売増にもつながるため、運用会社がこのランキングの公表時期を見据えてコストを改定するなど業界への影響力も年々強まっている。


私は、かねてから、公式サイトで「何でも質問箱」を作り、そこに寄せられた質問や意見と、それらに対する運用会社の回答を公表すべきであると述べてきました。
スーパーマーケットの片隅にある掲示板のようなイメージです。

更に加速感を求めるのであれば、ツイッターで公式サポートアカウントを開設し、質問箱を設置して即座に回答し、公式サイトにそれらのやり取りをまとめるようにすれば、運用会社と顧客の結束は強まることでしょう。

ちなみに、もしたわらシリーズが「たわら宣伝部長」というツイッターアカウントを開設し、質問箱の質問には1~2営業日以内に回答すると宣言し、「たわら宣伝部長」誕生記念として、たわら先進国株の信託報酬を税抜0.109%に引き下げれば、たわら先進国株はベストバイ先進国株ファンドの座を取り戻すことができると考えています。


広告

コメント

No title

ニッセイ新興国株の実質コストがとんでもないことになってますね

No title

コメントありがとうございます。

>ニッセイ新興国株の実質コストがとんでもないことになってますね

新記事にしましたが、非常に高コストですね。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理