サクソバンク証券、もうすぐ特定口座に対応

昨年11月26日付けで、

●【特報】サクソバンク証券、年内にも特定口座に対応
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1116.html

という記事を書きました。

広告

上記記事で、私は、

(1)特定口座源泉徴収あり
年内を目標に準備中。ただし、来年にずれ込む可能性もある。
(2)入出庫
来年の前半を目標に準備中。特定口座よりも遅れる見込みであるが、それと並行して準備中。
(3)「Form W-8BEN」
米国に登録手続をすべく準備中。来年には登録できる見込み。

とお伝えしました。


その後、サクソバンク証券は、

外国上場株式でかつ日本国内の証券会社からの移管である場合にのみ、当社への移管(入庫)を承ります。(ただし海外の上場取引所における取引単位未満の株式を除きます)
入庫をご希望の場合には、当社で受入れが可能な銘柄であるかどうかを確認させていただきますので、 まずは当社までご連絡ください。なお、手続きに必要な書類等は移管元証券会社にご請求ください。
※現物株券(本券)による移管はできません。証券会社間の振替移管のみ可能です。
※移管元証券会社は国内証券会社に限ります。海外の証券会社からの入庫手続きはできません。

というように、入庫には対応しました。


とはいえ、まだ出庫には未対応です。
サクソバンク証券に外国株を入れたら二度と足抜けできないということだと、サクソバンク証券で気軽に取引することができませんので、出庫対応は必須といえます。

ぜひ早急に対応してほしいものです。

さて、我々の最大の関心事は、特定口座源泉徴収ありへの対応です。

先ほど電話してみました。

サクソバンク証券によれば、

(1)サクソバンク証券の側で必要な手続は完了しており、当局からの連絡待ちの状態である。
(2)あとどれくらいで対応できるかは、連絡がいつ来るか次第である

ということでしたので、特定口座の実装まで秒読みに入った状況のようです。

私は、サクソバンク証券が特定口座に対応したら、直ちにサクソバンク証券に口座を開設します。
そして、サクソバンク証券が出庫に対応するのを待って、マネックス証券で保有中のVTとVTIをサクソバンク証券に移管するつもりです。

サクソバンク証券が出庫に対応するかどうかは、サクソバンク証券が想定する以上に顧客は気にします。
SBI証券と楽天証券は、もちろん入出庫に対応しており、しかも手数料は無料です(※追記あり)。

サクソバンク証券が特定口座を実装し、手数料フリーの出庫に対応すれば、既存の証券会社からサクソバンク証券に向かって雪崩のように顧客が流出すると考えます。

これに対し、既存の証券会社は、サクソバンク証券がDRIP(分配金自動再投資サービス)を実装したことを重く受け止めるべきです。

DRIPは、米国ETF投資に革命をもたらすことでしょう。

DRIP Makes Revolution

【2019.1.4 20.55追記】
コメント欄でご指摘がありました。

SBI証券とマネックス証券は、特定口座間の入出庫に対応しています(ただし、マネックス証券は出庫手数料として1銘柄あたり3240円を徴収します。SBI証券は入出庫ともにゼロ円です)。

これに対し、楽天証券は、特定口座間の入庫には対応していますが、出庫には対応していません。
そのため、楽天証券の特定口座で米国株を保有しており、他社に出庫したいときは、楽天証券の特定口座から一般口座に移した上で他社の一般口座に出庫するしかなく、特定口座に戻ることはできなくなってしまいます。

私は、かねてから、楽天証券で米国株取引をしてはいけないとお伝えしていましたが(その理由は、楽天証券は株式併合があると一般口座に強制的に払い出されてしまうという致命的な欠点があるからです)、特定口座間の出庫に対応していないことを知り、尚更その思いを強くしました。


広告

コメント

No title

楽天証券の米国株って,特定口座から他社の特定口座に移管できないのではなかったでしたっけ? (一般口座には移管できるらしいですが)

No title

コメントありがとうございます。

>楽天証券の米国株って,特定口座から他社の特定口座に移管できないのではなかったでしたっけ?

調べたところ、出庫対応していませんね。

初めて知りました。
ありがとうございました。

No title

Form W-8BENは対応した?まだ?

サクソはDRIPもう完全にいけるという認識でいいのかな?

乗り換えるなら出庫と特定口座対応だな
これが出来ない限り乗り換えはないわ
サクソ社員見てる?

そうしたら

SBI→サクソ乗り換えだわ
米国株への完全無欠のアクセスは超魅力だわ

対応したらまた知らせてください!!!!!

No title

仮にですが相場が大暴落しVTやVTIの含み益がなくなる水準になった場合、男爵さんであればeMaxis Slim先進国株に乗り換えますか?
保有コスト的にSlim先進国株(楽天orSBI証券)のほうが優位でしょうか?

No title

コメントありがとうございます。

>対応したらまた知らせてください

新記事でお知らせします。

>仮にですが相場が大暴落しVTやVTIの含み益がなくなる水準になった場合、男爵さんであればeMaxis Slim先進国株に乗り換えますか?

VTとスリム先進国株の優劣は三重課税コストをどう考えるかになりますが、私は既にVTを保有していること、投資信託の乗り換えと異なり、VTを売却するとその都度、売買手数料がかかること、運用会社についても分散投資したほうが安心であることから、私はそのままVTを保有し続けます。

唯一のデメリットについても、DRIPを実装したサクソバンク証券の特定口座に移管すればクリアできますし。

もっとも、今から投資をするのであれば、米国ETFではなくスリムシリーズを選択すべきです。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●楽天証券で「たわら男爵15種」の毎月2回100円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理