楽天ペイが凍結された人は、サクッとメールで照会しよう

私の妻が楽天ペイアプリにログインしようとしたところ、このようなメッセージがでました。

エラー
お客様の楽天会員IDにおいて、本サービスのご利用は制限されています。
お手数ですが、楽天ペイ カスタマーデスク0570-000-348(ナビダイヤル)までお問い合わせください。
エラーコード:E00002

広告

妻が落ち込んでいたので、「楽天に拒否られてやんの。ぷぷぷぷぷ」と慰めたところ、元気が出たようです。
それにしても、連絡手段がいまどきナビダイヤル限定とは、さすが我が国を代表するIT企業。侮れない顧客対応です。

ナビダイヤルに電話するのは通話料が高すぎるため、いろいろと調べたところ、

楽天ペイの公式サイトに行く。
「ネットでのお支払い」のタグをクリックし、「よくある質問」をクリックする。
「よくある質問」の最下部に「問い合わせをする」という赤いバーがあるので、そこをクリックするとメールで連絡することができる。

ということが分かりました。

どうも楽天ペイが余りに多くの利用者に対してこのエラーを出したせいで、ナビダイヤルがつながらないようです。
しかも、ナビダイヤルですから、待っている間も課金されるという糞仕様。

というわけで、エラーコードで楽天ペイを凍結された人は、サクッとメールで照会しましょう。

【2078.12.26追記】
先ほど、妻のメールアドレスまで連絡がありました。
ごちゃごちゃと言っていますが、要するに、

間違えて凍結してしまいました。ごめんなさい。

ということだと私は受け止めました。

コンビニキャンペーンに参加できなかった我が家の悲しみはプライスレスなんですが・・・

なお、楽天ペイに連絡したいときは、通話料がかかるナビダイヤルではなく、下記アドレスにメールすれば対処してくれます。

rakuten-pay-customer@faq.rakuten.co.jp


広告

コメント

同じ状況で、ナビダイヤルはまったく繋がらず困っていたため、この記事とても助かりました。

No title

コメントありがとうございます。

>同じ状況で、ナビダイヤルはまったく繋がらず困っていたため、この記事とても助かりました。

お役に立てて、よかったです。

No title

いきなり失礼します。通りがかりでございます。

やはりこの記事の時期から使えなくなってしまい、コンビニキャンペーンに参加できませんでした。

でもエラーコード違います。

メールで問い合わせたけど、わけのわからない回答が戻って来ただけです。

元々、ポイントから使うに設定済みなのに、クレカから落ちていたことから始まり、今回は完全に使えなくなってしまいました。

家族分も私が設定していて普通に使えているので設定が間違えているとかわからないわけではありません。
ナビダイヤルしか設けていないし、当方に落ち度がないのにお金出すのはバカバカしいので絶対に電話したくありません。

いろんな不正の可能性を考えてか、今時はエラーコード表は公開していないようですね。(他社別件でもそうだったので、電気製品のエラーコードとはわけが違うんですね)

使えなくてもいいのですが、気持ち悪いのでなんとかしてほしいです。

後ろにつけているのは今は楽天カードではありません。楽天カードでやってダメだったから違うカードでもやってみた感じです。いずれもダメです。


No title

コメントありがとうございます。

>メールで問い合わせたけど、わけのわからない回答が戻って来ただけです。

電話するとナビダイヤルで勿体ないため、冷静にメールでやり取りをするのが、結果として最も簡便に解決する方法だと思います。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●楽天証券で「たわら男爵15種」の毎月2回100円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理