【追記あり】サーフェスラップトップ(DAG-00106)を実質5万1234円でペイペイしました

サーフェスラップトップというノートパソコンがあります(下記リンク先は最新型のサーフェスラップトップ2のものです)。
https://www.microsoft.com/ja-jp/p/surface-laptop-2/8XQJKK3DD91B?activetab=pivot%3aoverviewtab

最新型は10月16日に発売されたばかりのものです。
サーフェスシリーズは、マイクロソフト社がアップル社に対抗するため、満を持して世に送り出したデバイスです。
デザインが非常に洗練されており、一目見ただけでほしくなります。

私は、1年半ほど前にhp社のノートパソコンを買ってメイン機にしています。
しかし、明かに持ち運びには適さない大きさであることから、持ち運べる小型のノートパソコンがほしいと考えていました。

本当は、15日に楽天ビックで買う予定でしたが(12月14日発売開始)、お気に入りに入れておいたところ、昨日、商品自体が削除されてしまっていることに気づきました。

私は、「これはもうペイペイをしろという天啓かもしれない」と考え、今日のお昼過ぎにファミマで運試しをしてみることにしました。
これが私の4回目のペイペイチャレンジです(1回目は有機ELテレビで10万円残高バック、2回目はファミマのカフェラテで全額残高バック、3回目は地元の商店で20%残高バックでした)。

広告

これです。
ファミマ
私はこれを見たとき、ペイペイ神の祝福を得たのではないかと感じました。

そこで、事前に目当ての機種があることを電話で確認の上、ヤマダ電機に行きました。
その前に、まだペイペイの残高バックキャンペーンが継続中かどうかを確認するために、ヤマダ電機の食品売り場で税込100円のコーヒーを買ってみました。
20%残高バックでした。ここで全額残高バックが当選しても嬉しくはありません。本命はノートパソコンですから。

買ったばかりのコーヒーが入ったビニール袋をぶらさげて、パソコン売り場に行きました。
店員に声をかけると、偶然にもテレビの値引き交渉をした店員でした。私の顔を見るなり、「ペイペイでテレビ買っていただいた方では?」と声をかけてくれたので、この店の第一ペイペイ使用者として印象深かったのかもしれません。

「今度はパソコンを買いに来ました」と言ったところ、店員は「テレビを買って25万円の枠は使い切ってしまったのでは?」と言うので、全額残高バックの枠と20%残高バックの枠は違うということを教えてあげました。
これで店員も、私がテレビで10万円残高バックを当選したことを知りました。ノートパソコン購入に向けた私の本気度を感じ取ってくれたはずです。

店員に型番を告げ、箱に入ったサーフェスラップトップをショーケースから出してもらいました。
店員は、私に対し、12万8千幾らかの値段を告げました。電話で聞いた金額よりも1万円ほど安かったので確認したところ、最初からギリギリの金額を提示してくれたようです。4日前のテレビの値切りが効いていますね。

しかし、私にも事情があります。
私は価格コムの最安値から更にペイペイしたいのです。

事前に楽天市場で同じ機種を見つけ、カートに入れていました。
税込11万8789円です。
それを見た店員の笑顔が固まります。

店員 ・・・これって税込ですか?
私 はい。しかも、ポイントが20%以上付きます。
店員 うわあエグい値段ですね・・・すごいな。
私 価格コムでは11万4000円が底値です。私としてもネットで買うよりヤマダで買いたいと考えているので、価格コムと同額になりませんか。
店員 分かりました。できるかどうか分かりませんが、検討してきます。

店員が戻ってきました。
店長と交渉してくれたようです。

店員 テレビも買っていただいたので、なんとか店長を説得して決済が取れました。価格コムに対抗します。ただ、ポイントを考慮させてください。まず、楽天の価格は税込11万8000円ほどでしたので、これに消費税を上乗せして税込12万7440円とします。そして、うちのポイントを1万2744ポイントお付けします。そうすると実質負担額は11万4696円となりますので、ほぼ価格コムと同じ値段になります。

私のほしかった機種が今年の2月発売のもので、現行品(サーフェスラップトップ2)の型落ちであること、在庫の残りはこれ1つであり、ヤマダ電機としても処分したかったことなどの事情が重なり、偶然、テレビのときの担当者に当たったこともあり、この値段になったのだろうと思われます。


さて、いよいよペイペイの時間です。
ペイペイ神よ、我にご加護を。
ヤマダ2
残念でした。ペイペイ神はそれほど甘くはなかったようです。

私が買ったノートパソコンの型番は「DAG-00106」です。
なぜこの型番にこだわったのかというと、下記のキャンペーンをやっているからです。
https://www.microsoft.com/ja-jp/atlife/campaign/surface-cashback/

12月31日までに購入し、応募用紙をマイクロソフト社に郵送すると(2019年1月14日消印有効)、この機種は3万6700円のキャッシバック(指定の銀行口座への振込送金)を受けることができます。

※このキャッシュバックキャンペーンの適用を受けるためには、サーフェス正規代理店から購入することが絶対条件です。楽天ビックは対象店ですが(店に確認しました。ビックカメラではなく「楽天ビック」名での領収書等でもキャンペーン対象になるとのことでした)、普通に楽天市場やアマゾンで買っても適用対象外となります。

該当部分を抜き出します。

※上記正規販売店以外でご購入された場合は、キャンペーンの対象外となりますので、ご注意ください。
※ Amazon へ出店している Surface 正規販売店(エディオン、Joshin、PC DEPOT、ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、Microsoftストア)で対象製品をご購入いただいたお客様はキャンペーン対象となりますが、正規販売店以外でご購入された場合は、キャンペーン対象外となりますので、ご注意ください。


最後に実質支払額です。

こうなります。

●ペイペイ決済額 12万7440円
●値引き 7万6206円相当
ヤマダポイント 1万2744ポイント
ペイペイ残高キャッシュバック 2万5488円
ペイペイに紐づけたYJカードのTポイント 1274ポイント
マイクロソフト社のキャッシュバック 3万6700円
●実質支払額 5万1234円


スペックは次のとおりです。

OS Windows10S
CPU Corei5
記憶容量 256GB(SSD)
メモリ 8GB
モニター解像度 2256×1504
モニタサイズ 13.5型
グラフィック Intel HDグラフィックス620
officeHome&Business2016
本体重量 1252g
バッテリ駆動時間14.5時間

やったね。

【2018.12.10追記】

ヤマダ電機では、サーフェスシリーズを購入するとズワイガニ(税抜3500円相当)をプレゼントしてくれます。
私も実はズワイガニを貰っています。2~3週間程度で送ってくれるそうです。

ズワイガニを考慮するのが妥当か迷いますが、ズワイガニを考慮すると実質4万7454円になります。


広告

コメント

私もsurfacelaptop良いなと思っていたのですが、キーを打つときに手のひらが当たる部分がファブリックなので、夏に暑くないかとか、剥げてきたら格好悪いのでは無いかと躊躇してしまっています。

No title

コメントありがとうございます。

>キーを打つときに手のひらが当たる部分がファブリックなので、夏に暑くないかとか、剥げてきたら格好悪いのでは無いかと躊躇してしまっています。

私もそれは思いました。
しかし、実機を触って見るとスベスベしており、それほど気になりませんでした。

私は、officeが付いて実質5万円で買えるチャンスは今しかないと考えて購入しました。
5万円ですから、失敗しても諦めが付きますし。

ギャンブルかもですがメルカリとかに大繁殖しているニワカ転売屋から家電量販店で購入した激安未開封品を落札してキャッシュバック貰おうかと検討中です(笑)

No title

コメントありがとうございます。

ヤフオクを覗いてみましたが、10万円前後ですね。
明かに開封してキャッシュバックを既に受け取った出品物もあります。

ただ、未開封品であってもレシートがないとキャッシュバックは受けられません。
大手量販店ではレシートと保証書は別で発行していますので、保証書のコピーではキャッシュバックは受けられないことになります。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理