広告

「ゼロETF」とは、売買手数料がゼロという意味です。

マネックス証券は、元々、ウィズダムツリー社のETFを対象とした「ゼロETF」サービスを実施していました。
とりわけ、インド株に投資するEPIは優れたETFであり、ゼロETFを利用すれば1株(約3000円)ずつ毎営業日買付をすることもできます。

●インド株に投資するETFで毎営業日積立てができます
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1006.html

ウィズダムツリー社が日本から撤退したことで、ゼロETFサービスの存続が危ぶまれましたが、今回、ステートストリート社と提携し、新たなサービスを開始しました。

新サービスの中身は、

これまでのウィズダムツリーが提供する米国ETF27銘柄に加え、2018年7月以降にマネックス証券で新規取扱いを始めた米国ETFの取引手数料を、最大6ヶ月間、実質無料といたします。

というものです。

今回の目玉は、「コミュニケーション・サービス・セレクト・セクターSPDRファンド」です。
このETFは、最近、「コミュニケーションサービス」という新しいセクターができたことから、それをフォローするものです。

しかし、バンガード社の創業者であるジョン・C・ボーグルは、その著書の中で、

各セクターのETFがどれほどのリターンをもたらそうとも、それら分散されていないETFの投資家が手にするリターンは、ETFのそれよりも小さなものとなるであろう。
今日もっとも人気のあるセクターファンドとは、直近でもっとも優れたパフォーマンスを上げたファンドであることを示す証拠には枚挙にいとまがない。しかし、そのような成功は続かないのだ。
ETFを積極的にトレードすることを選んだ、またはそうするようブローカーに説得された投資家は、否応なく逆効果のマーケットタイミングに直面する。つまり、セクターの人気が高まると投資し、その熱が冷めると売ることになるのだ。第二に、それに伴う大きな手数料が長期にわたり積み上がると、非ようなETFのリターンをますます蝕むことになる。
結局のところ、伝統的なインデックスファンドが長期投資の知恵を形にしたものだとしたら、これら上場インデックスファンドの投資家は、短期的な投機という愚行に身を投じているのではないだろうか。
(「インデックス投資は勝者のゲーム」238~242頁から抜粋)

と述べています。

私は、新たなETFを売買手数料が無料だからといって買いたいとは感じません。
売買手数料を払ったとしても、VTを買ったほうがよいと考えます。

しかも、VTであれば、サクソバンク証券に移管すれば、手数料無料で配当金を自動で再投資してくれます。

●【特報】サクソバンク証券、年内にも特定口座に対応
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1116.html

また、投資信託の信託報酬が劇的に下がった現在、為替手数料と売買手数料を支払って、積極的に米国ETFを購入する実益は失われました。
かつては、投資信託を積立購入し、運用額が100万円程度になったら解約して米国ETFを買うというリレー投資をする投信ブロガーも存在しましたが、既に絶滅しています。

購入額の1%のポイント還元をする楽天カード投資を利用すれば、スリム先進国株を例にとれば、およそ15年分の信託報酬が実質無料となります。
楽天カード投資には月額5万円という上限があるものの、夫婦で5万円ずつ投資すれば世帯投資額は月額10万円となりますので、9割以上の世帯の投資需要をまかなうことができます。

というわけで、新規取扱ETFの売買手数料が6か月間無料になったとしても、ゼロETFには魅力を感じません。

なお、バンガード社からステートストリート社に転職した金野真弓さんが「SPDR超低コスト・コアETFシリーズ」の解説をしている動画が公開中です。
金野さん、4度目の転職だそうです。


広告

コメント

男爵様
投資とは全く関係のない質問で恐縮ですがアドバイスください。

男爵様の記事で、時折、車の話題を拝見します。
そこで質問なのですが、ドライブレコーダーでオススメの物はありますか?

前後に取り付けたいと考えていて、ネットで情報収集しているのですが、よく分かりませんでした。

知人の中古車屋さんで取り付けてもらうのですが、持ち込みが条件なので・・・

もし、男爵様の経験の中でオススメがありましたらお聞かせください。

品質重視でお願いします。
安いに越したことはないですが、万が一の時のためなので、値段より品質で考えてます。

お手すきの時で構いませんので、ご返事いただけると幸いです。


No title

コメントありがとうございます。

>ドライブレコーダーでオススメの物はありますか?

私はヤナセが勧めたものをそのまま取り付けたことから、ドライブレコーダーの良し悪しは全く分かりません。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●「たわら先進国株」と「VT」を半分ずつ保有中。
●つみたてNISA(SBI証券)は「たわら先進国株」を年初一括購入中。
●クレジットカードによる投信積立サービスを利用し、SBI証券・楽天証券・auカブコム証券で「たわら先進国株」を毎月5万円ずつ購入中。

●無リスク資産は、個人向け国債変動10とauじぶん銀行(金利0.2%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理