楽天全米株、260億円に到達

楽天全米株の純資産額が、2018年11月7日、260億円を突破しました。

同日付けの純資産額は、263億0100万円です。

広告

楽天全米株が節目の250億円に到達したのは11月1日です。
まだ4営業日しか経っていません。

恐ろしい勢いで純資産額が伸びています。

しかし、スリム米国株も負けてはいません。
この間、スリム米国株も6億7500万円、増加しています。

米国株インデックスファンドのベストバイの座は1つしかありません。
そして、どちらがその座に座ることになるかは、米国株市場が暴落するまでにどれほどの純資産額を積み上げることができるかどうかにかかっています。

楽天全米株は、第1期運用報告書でコストが余りに高いことが判明したものの、なんと、それまで以上の勢いで純資産額を集めています。
これまもう、ブランド効果というほかありません。

スリム先進国株がニッセイ外国株と同額値下げしたときにも思いましたが、スリムシリーズの同額値下げという作戦は、絶対王者の防衛戦を見ているようで、挑戦者としての若々しさが全く感じられません。

とはいえ、投資家の立場からすれば、スリムシリーズに資金の急激な流出入が起こることは、コスト高と不安定な運用をもたらすため、望ましくありません。
先陣は別のファンドにきってもらい、それらを弾除け代わりにして、ゆっくりと2番手で付いていくくらいが丁度いい塩梅であると考えています。

インデックス投資の世界では、ファーストペンギンが報われることはありません。
スリムシリーズには、じっくり、のんびり、着実に、少しずつ大きくなってほしいものです。


広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●楽天証券で「たわら男爵15種」の毎月2回100円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理