アマゾン1位のマキタのコードレス掃除機が激安で買えます

いまアマゾンでタイムセール祭りを開催中です。

これはアマゾンプライム会員限定のセールで、期間中にエントリーをして1万円以上購入すると(買い物後のエントリーでもOK)、

基本ポイント 3%
アプリ購入 1%
アマゾンクラシックカード決済 3%(ゴールドカードなら3.5%)

の7%(ゴールドカード決済なら7.5%)のアマゾンポイントが付与されるというものです。

素晴らしい掃除機を発見しました。


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●楽天全米株250億円、スリム米国株60億円、スリムバランス170億円に到達
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1086.html

広告

これです。

これは私も購入しました。

実は、数年前にダイソンの最上位機種を購入したものの、バッテリーのもちが悪く、同じ物を2台購入しています(ダイソンはバッテリー内蔵型なのでバッテリー交換では対応できません)。
また、車のマット掃除をよくするのですが(子供がいるとすぐに汚れます)、ダイソンは紙パック式ではないため、小石や泥を吸い込むのに抵抗がありました。

そこで、マキタの紙パック式の電動掃除機を購入してみました。

楽天市場やヤフーではなくアマゾンを勧める理由です。

型番で検索するとすぐに分かることですが、多くの店ではバッテリーを低容量の物に交換して売っています(マキタのバッテリーは高く転売できます)。
バッテリーが低用量だと重量は軽くなりますが、十分な範囲の掃除ができなくなってしまいます。
よく見ずに値段だけを見て飛びつくと、安いバッテリーに交換されたものが届くおそれがあります。

その点、アマゾンならば安心です。
これは様々なモノ雑誌で推奨されている機種で、アマゾンでも一番人気となっており(ランキング1位)、350件近いカスタマーレビューが付いています。

値段も今なら2万5051円であり、これが直近数か月の底値です。

実際に使って見ると、大容量バッテリーだけによく吸い込みます。
正直に言えば、ダイソンのほうが吸い込み力は強いのですが、その分、バッテリーがすぐになくなります。

マキタのこの掃除機は、吸い込み力はダイソンの最上位機種よりも多少劣りますが、それでも十分に吸い込みますし(米粒や小石は問題なく吸い込んでくれます)、何よりいいのがダイソンの2倍以上も長く掃除ができるという点です。

また、紙パックがすごくよかったです。
ダイソンでは吸い込むのに躊躇するようなものでも、紙パックが何とかしてくれると思うとどんどん吸い込むことができます。しかも、紙パックは手を汚さずに捨てることができます。

マキタの掃除機も種類がいろいろとありますが、迷ったら最上位機種を買っておけば間違いはないと思ってこれを買いました。
やはり大正解でした。


広告

コメント

No title

見た目は同じマキタのクリーナーでも、低容量のバッテリーに交換されている物があるとは知りませんでした。うちの親は知らずに安物を買っていた口です。せっかくなので、マキタの高性能の発揮ぶりを体験したくなりました。
良い情報をありがとうございました。

No title

コメントありがとうございます。

>せっかくなので、マキタの高性能の発揮ぶりを体験したくなりました。

バッテリー切れを心配する必要がなく掃除できるのはストレスがなく、とてもよいです。

ぜひお試しください。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理