たわら先進国株、値下げの意欲は皆無

9月14日に開催された投信エキスポ2018に出席した読者の方から、たわら先進国株の運用会社がたわらシリーズの信託報酬の引き下げを予定していると教えていただきました。

私は、たわら先進国株とVTをほぼ同額ずつ保有しています。
スリム先進国株とのコスト差(年率0.09828%。1000万円あたり9828円)が無視できないものになっていることから乗り換えを検討していますが、多額の含み益(金額は公表しませんが、率は42.33%)があることから暴落待ちの状態です。

しかし、たわら先進国株を継続保有することができるのであれば、それに越したことはないため、たわら先進国株の値下げを心待ちにしていました。

広告

先ほどアセットマネジメントONEに電話してみました。

「コールセンターには情報は一切おりてきていない。運用担当者に確認したところ、たわら先進国株の信託報酬を引き下げる予定はないとのことだった。具体的な数字や実施時期を発表するタイミングが未定ということではなく、引き下げの検討自体していない」

投信エキスポで引き下げを表明したのではないかと聞いてみたところ、

「出席者に確認したところ、引き下げについて言及したことはないとのことだった。たわら先進国株の信託報酬の引き下げについては検討すらしていないから近日中に発表することはないし、そもそも引き下げはしない」

アセットマネジメントONEは、極めて強い表現で引き下げを完全否定しました。

信託報酬の引き下げについては、スリムに続きニッセイが0.109%に引き下げたことから、アセットマネジメントONEも検討はしているはずですが、ここまで強い表現で引き下げを完全否定した以上、既に概要が煮詰まっており近日中に発表するという段階でないことだけは確実です。

たわら先進国株は、9月14日付で、「選ぶなら、品質で。」と題するリーフレットを公表しています。
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1030.html#more

私は、これは信託報酬引き下げに向けた地ならしであると受け止めましたが、アセットマネジメントONEには信託報酬の引き下げに向けた意欲が皆無であることが判明し、悲しい気持ちで一杯です。


広告

コメント

No title

いつも楽しみに拝読しております。
たわらも、ほぼ完全にコスト争いから降りたということになりましょうか。

当方、現在はSlim先進国株式を積み立てておりますが、現時点ではこれがベストな選択ということになりそうですね。

No title

投信エキスポに参加しました。
アセットマネジメントONEの講演ではアクティブファンドの話だけ。
ブースでは各社の若手社員がパンフとお土産配りでごった返してましたが、そもそもそんな環境で聞いてスタッフがインデックスファンドの信託報酬値下げをポロリするわけもなし。
読者さんの話の信ぴょう性に疑問でしたね。




No title

アセットマネジメントoneのブースでslimに負けてるよ、下げないんですか?と聞いたところ、社内でも値下げの話は出ていて、時期は未定だが、下げる予定はありますとハッキリ答えたんですが、、、。
とんだハッタリ会社ですね。とても、とても失望しました。
楽天証券のイデコでたわら先進国株を買っていますが、楽天全米株に乗り換えることを検討します。

イデコについて

こんにちは
たわら男爵様が皆さまの相談にのっているのをみて、ぜひご相談させていただけたらと思い、はじめてコメントさせていただきます。
投資初心者で今年の春からSBIでイデコを始めました。
現在、拠出掛金は13800円で損益は-6481円です。
最初の2カ月はあおぞら定期にしていて、その後ひふみとジェイリバイブを50%ずつ購入に変更しました。
現在マイナスになっていることから、知識も不足しているのに、このままアクティブ投資をして、マイナスが増えていくことに不安を感じており、ひふみとジェイリバイブは近々やめてインデックス投資にしようと思っております。
そこで相談なのですが、このままSBIで別のインデックス投資信託を購入するか(その場合、今まで購入したひふみとジェイリバイブは売却したほうがよいですか?)、そらとも、たわら男爵様の記事で拝見したマネックス証券のイデコに移ってスリム株を買うか、どちらがおすすめでしょうか。

もしよろしければお答えいただけたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

No title

コメントありがとうございます。

>たわらも、ほぼ完全にコスト争いから降りたということになりましょうか。

そのようですね。残念です。

>当方、現在はSlim先進国株式を積み立てておりますが、現時点ではこれがベストな選択ということになりそうですね。

同感です。

>投信エキスポに参加しました。アセットマネジメントONEの講演ではアクティブファンドの話だけ。ブースでは各社の若手社員がパンフとお土産配りでごった返してました

>アセットマネジメントoneのブースでslimに負けてるよ、下げないんですか?と聞いたところ、社内でも値下げの話は出ていて、時期は未定だが、下げる予定はありますとハッキリ答えたんですが

いつかは下げることになるだろうけど、それがいつかは運営会社を含めて誰にも分からないという感じでしょうか。
残念です。

>楽天証券のイデコでたわら先進国株を買っていますが、楽天全米株に乗り換えることを検討します。

iDeCoは乗り換えても含み益課税がなされませんので、アメリカの調子がいいうちは楽天全米株に投資し、アメリカの調子が悪くなったら先進国株ファンドに乗り換えるということでもよいのかもしれませんが、問題は、しばしば人は乗り換えのタイミングを間違えてしまうということです。

三菱UFJ国際投信の直販の中身を確認した上で、証券会社を変えてスリム先進国株を買うか、楽天証券でたわら先進国株を買い続けるかを検討したほうがよいと思います。

>このままSBIで別のインデックス投資信託を購入するか(その場合、今まで購入したひふみとジェイリバイブは売却したほうがよいですか?)、そらとも、たわら男爵様の記事で拝見したマネックス証券のイデコに移ってスリム株を買うか、どちらがおすすめでしょうか。

近日中に発表されるであろう三菱UFJ国際投信の直販がiDeCoやつみたてNISAを取り扱う可能性があります(具体的な情報の裏付けは全くありません)。
その中身を見て、三菱UFJ国際投信の直販を含めた他社に移管するか、そのままSBI証券で投資を続けるかを決断したほうがよいと考えます。

非課税口座内で損を確定させると非課税投資枠が減ってしまいます。
他方で、このままズルズルと含み損を拡大させてしまい、後で振り替えると「直ちに損切したほうがよかった」という可能性もあります。

投資額1万3800円のうち既に6481円が失われており残りは7319円ですから、今後の可能性は7319円がゼロになるか1万3800円以上に増えるかというだけです。

以後の新規資金はニッセイ外国株を買い、アクティブファンドはそのままホールドし、含み損の解消を待って売却したらどうでしょうか。

はじめまして。
昨年度の初めくらいからたわら男爵さんのブログを読みはじめ、投資信託をコツコツ、無理なく始めています。そして、楽天カードで投資信託の決済&ポイントがつくことをしり、カードを作るタイミングを見計らっていたところ、今日から入会キャンペーンで7000ポイント付与が開始しました。
たわら男爵さんがいくつかの記事で述べていた、入会キャンペーン(ゴールドカード含めた)のダブル取りや、ポイントの使い方など参考になったのですが、可能であれば今一度、これから楽天カードを作って、投資信託決済、オススメのポイント獲得方法など一本にまとめてくれないでしょうか?
もし、お時間ありましたら是非よろしくお願いします。

ご回答ありがとうございます。
すみません、現在の拠出掛金額を間違えていて、実際は138000円でした。(一桁少なく記入してしまいました)
うち、約4万があおぞら定期、約4万がひふみ、約4万がジェイリバイブ購入で、損益が合わせてマイナスが6481円でした。

なにはともあれ、今後しばらくはSBIでニッセイ外国株を購入しながら、移管も視野にいれていこうと思います。
初心者で知識もないくせにアクティブファンドに手をだしてしまい、途方にくれていたので、ご意見本当に感謝しております。
ありがとうございます。

No title

コメントありがとうございます。

>これから楽天カードを作って、投資信託決済、オススメのポイント獲得方法など一本にまとめてくれないでしょうか?

下記記事は一応そのつもりで作成したのですが、足らない点がありましたでしょうか?

http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1020.html#more


>現在の拠出掛金額を間違えていて、実際は138000円でした。うち、約4万があおぞら定期、約4万がひふみ、約4万がジェイリバイブ購入で、損益が合わせてマイナスが6481円でした。


アクティブファンドを8万円買ったら6481円(8.1%)の含み損になっているというわけですね。

8.1%の含み損など珍しいことではありません。

しかし、アクティブファンドは、その運用方針を信じることができなければ保有しているだけで苦痛です。
相場が悪くなり、含み損が拡大すると尚更ストレスになります。

そこで、6481円は勿体ないですが、まだ全体の8%にすぎず、これからの先進国株ファンドへの投資で取り戻すことは十分に可能であること、ホールドし続けると相場の状況によっては含み損が更に拡大するリスクがあることから(2~3割程度の含み損は珍しいことではありません)、ここはすっぱり全解約し、ニッセイ外国株に集中投資するのも一つの方法だと思います。

No title

「たわら男爵」から「スリム男爵」に改名する日も近いでしょうか。

No title

コメントありがとうございます。

>「たわら男爵」から「スリム男爵」に改名する日も近いでしょうか。

2~3割ほど株価が下がってくれないと、改名は難しいです。

もっとも、財務省が頑張って源泉所得税が25%になることが決まったら、おそらくアウターガイさんが乗り換えシミュレーションソフトを開発しくれるでしょうから、それで乗り換えるかどうかを考えます。

No title

いつもお世話になっております。

以前の記載で

(1)楽天カードの支払口座を楽天銀行に指定する。
(2)楽天証券のポイントコースを「楽天スーパーポイントコース」に設定し、SPU(スーパーポイントアップ)と連携する。
(3)楽天証券のマネーブリッジ、ハッピープログラムに申し込む。
(4)楽天証券の自動入出金(スイープ)を申し込む。

これらの各設定をすると、
(1)投資信託の保有残高10万円につき年4ポイント(通常ポイント)が付与される。
(2)楽天銀行の普通預金(利率0.1%)に資金を置いておけば、楽天銀行の買付余力に反映される(楽天証券のお金がゼロでも、楽天銀行の普通預金のお金で投資信託が購入できる)。
(3)楽天銀行から楽天証券に自動出金がなされると、3ポイントが付与される。

とありますが、
自身は、楽天カードの支払口座のみ楽天銀行になっていません。
これだと、どのメリットが得られませんか?

No title

コメントありがとうございます。

>自身は、楽天カードの支払口座のみ楽天銀行になっていません。これだと、どのメリットが得られませんか?

楽天市場のSPUが+1倍されません。
デメリットはそれだけだと思います。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理