楽天、ポンタ、Tポイントはこう使おう

私のところには、ヤフーショッピングのTポイント、楽天市場の楽天ポイント、リクルートカードプラスのポンタポイントの3種類のポイントが毎月入ってきます。

Tポイントは、たわら先進国株をSBI証券から楽天証券に移管したことから、もうほとんど入ってきません(移管前まではSBIポイントをTポイントに交換していました)。

楽天ポイントは、7月は4万7078ポイント、8月は4万8503ポイント、9月は2万9155ポイントを獲得しています(通算獲得ポイントは248万5268ポイント)。

ポンタポイントは、還元率3%のkyashビザカードが使えるときはそちらを使うとはいえ、使えないときは還元率2%のリクルートカードプラスを利用していますので、そこそこ入ってきます(9月10日振替額は12万7616円、8月10日振替額は10万4568円)。

これらのポイントはどう使えば得なのかというのが今回のテーマです。

広告

1、Tポイント

通常ポイントと期間固定ポイントの2種類があります。

まず、通常ポイントは、近くにウエルシアがあれば毎月20日にウエルシアで買い物をし、全額ポイント払いで使うのが最も得です。

ウエルシアでは、毎月20日、Tポイント払いをすると、全商品が33%オフになります。
つまり、1000円のものが666ポイントで買えるということです。これは全商品対象ですから、これほど得なことはありません。
ただし、ウエルシアで使えるTポイントは通常ポイントだけです。

つぎに、期間固定ポイントですが、ヤフーショッピングで使うのが最も得です(近所にウエルシアがない人は、通常ポイントもヤフーショッピングで使ってください)。
ただし、使い方にはコツがあります。必ず1円はヤフーカード決済をすべきです。

要するに、ポイントが1万ポイントあっても、「2999ポイント+1円ヤフーカード決済」という形で支払うわけです。
こうすると、ポイント払いした部分についてもヤフーカード決済のボーナスポイント(+1%)が付き、3000ポイントで支払ったときよりも30ポイントが余分に付与されます。

2、楽天ポイント

通常ポイントと期間限定ポイントの2種類があります。

まず、通常ポイントは、楽天証券で投資信託を購入すべきです。

最近、楽天カードやデビットカードの支払代金にもポイントを充当できるように改善されました。
しかし、通常ポイントなど微々たるものですから、最初からないものだと思って小銭貯金の感覚で投資信託を購入したほうがよいと考えます。

なお、毎月定期的に開催されるキャンペーン期間中にEdyに交換すると、交換した通常ポイントの2%相当額のEdyが付与されます。
しかし、Edyには以下の問題点があるため、私にとっては魅力的ではありません。

(1)そもそもEdyを使う機会がないこと

(2)Edyは紛失したら補償されないこと(誰かに使われていなくても、落としたら終わりです。新しいEdyカードに紛失したカードのデータを移行してはくれません)

(3)Edyを楽天ポイントに戻すと(期間限定ポイントになります)、その分は2%付与されなくなること

(4)kyashビザカードの還元率は3%であるため、最大還元率2.5%のEdyを使うよりもkyashビザカードを使う方が得だし、kyashビザカードが使えないときは還元率2%のリクルートカードプラスを使えばよいこと

※Edyの最大還元率2.5%の意味は、交換した通常ポイントの2%分と200円あたり1ポイントの楽天ポイントが付与されるからです。

つぎに、期間限定ポイントですが、楽天カードは、ヤフーカードと異なり、楽天カード決済分しかボーナスポイントを付与しませんので、1円残し術が使えません。

しかも、楽天市場ではSPU(スーパーポイントアップ)を常時開催しており、楽天カード決済で+2%、楽天ゴールドカード決済で+2%、楽天カード決済代金を楽天銀行で振り替えると+1%、0と5の付く日(5日、10日、15日、20日、25日、30日)は楽天カード決済で+2%されます。
つまり、通常カード決済で+5%、楽天ゴールドカード決済で+7%の楽天ポイント(期間限定ポイント)が付与されることになりますので、楽天市場でポイント払いをするのは損です。

そこで、どう使うかですが、楽天ポイントは、Tポイントと異なり、期間限定ポイントをグループ外でも利用することができますので、グループ外で使うべきです。

楽天ポイントをグループ外で使うには、次の2つの方法があります。

(1)楽天ポイントカードを提示してポイント払いをする
(2)楽天ペイ(支払方法は全額ポイント払にしておく)を利用して決済をする

楽天ポイントカードを使える店はたくさんあります。
お勧めは出光でガソリンを買うことです。ガソリンスタンドではkyashビザカードは利用できませんので、なおさらポイント払いが得になります。
なお、松坂屋や大丸でポイント払いをすると、ポイント払いをした金額には楽天ポイントが付与されませんので注意が必要です。

楽天ペイはローソンで利用することができます。
私は、ローソンのカフェラテが大好きで、毎日のようにカフェラテを買っています。ローソンのカフェラテは、タカナシの低温殺菌牛乳とコーヒーだけですので(砂糖はゼロ)、非常に健康的です。
私は、セブンイレブン、ファミマ、マクドナルドのカフェラテは全て飲みましたが、ローソンが一番おいしいく感じます。

※今月末までの期間限定で、「Origami」というペイアプリをスマホに落とすと、1日1杯、ローソンのコーヒー(アイスかホット)が無料となるクーポンが配布されます。
なお、Origamiの支払先クレジットカードにはkyashビザカードを紐づけることができます。

また、私は、最近、「モラタメ」というサイトをよく利用し、楽天ペイでポイント払い決済をしています。
このサイトは、メーカーと協賛して、市価の半値か3分の2ほどの金額(しかも送料無料)で様々な商品を1回ずつ試すことができますので、好みの商品があれば利用すべきです。

3、ポンタポイント

私は、これまでポンタポイントはローソンのお試し引換券に使ってきました。

しかし、お試し引換券がdポイントにも開放されたことから、それまでは確実に数日から1週間は保っていたものが(同じものは1日1回だけしか交換できませんが、翌日以降も行けば同じ商品を何度も交換することができます)、当日の午前中には完売するという悲惨な状況になってしまっており、ポンタポイントが余って仕方がありませんでした。

しかし、先週、素晴らしいガソリンスタンド(シェル)を見つけました。
私の地域では、コストコが最安値(ハイオク147円)でしたが、それにキグナス(残念ながら楽天ポイントカード未対応店)が対抗しています(ハイオク146円)。
私は、これまでキグナスでリクルートカードプラスを使ってガソリンを入れていましたが(しかも、このキグナスはボックスティシュをもらえるポイントカードをくれますので、ボックスティッシュがすぐにたまります)、先週見つけたシェルはそれよりも安いです(ハイオク145円)。
※なお、これらは同じ地域の他のガソリンショップのレギュラーガソリンの販売価格と同程度かそれより数円安い金額ですから、どこで入れても激安あることは変わりません。

シェルでポンタポイント払いをすると、ポンタポイントは付与されません(出光ではポイント払いをしても2リットルあたり1ポイントが付与されます)。
この点は残念ですが、4万ポイント以上あったポンタポイントが7000~8000ポイントずつ使えるという状況はとても嬉しいものがあります。

なお、まだ利用していませんが、キグナスよりも1~2円高いと思われる出光がキグナスの近くに新しくできました。
ここで楽天ポイントを使えばよいと思うと、嬉しくて仕方ありません。

ポイントはため込んでいても仕方ありません。
発行元の信用リスクがあることから、使えるものはどんどん使ってしまうべきですが、割高な使い方をしてはもったいないです。

この記事が、皆様の有益なポイントライフの一助となれば幸いです。


広告

コメント

男爵さんはローソンの来店ポイントはどうしているのでしょうか?
私はスタンプ10個で10pにつられてやってみようとしたのですが、ロッピーからポイント選択できないなどあまりに煩わしく諦めました

No title

いつも拝見しております.

ポイントの利用方法について参考になりました.
私は他サーピスからの移行ポイントとして,毎月数万円の楽天ポイント収入があり,いつも使い道を考えております(移行ポイントなので投信には利用できません).

ポイントが潤沢にある場合,価値はお金>ポイントだと考えていますので,手持ちのキャッシュを減らさないという意味で,私は楽天の決済ににも積極的にポイントを使用しています.

基本的な使い道は楽天ふるさと納税(結果的に等価でキャッシュに変換することになる)・楽天ブックス・楽天トラベルが主なものです.
ほか,ガソリンは常に出光でポイント払い,楽天モバイルもポイント払い,個人賠償保険もポイント払いです.
これらで出た通常ポイントはedyにしてドラッグストアなどで使用しています.

大阪屋やフジなどのポイント払いできるスーパー,楽天Pay可能な店があれば使いたいのですが,うちの田舎にはないです...

No title

コメントありがとうございます。

>男爵さんはローソンの来店ポイントはどうしているのでしょうか?

楽天チェックのことでしょうか?
余りに面倒で、数回試しただけでした。

>ポイントが潤沢にある場合,価値はお金>ポイントだと考えていますので,手持ちのキャッシュを減らさないという意味で,私は楽天の決済ににも積極的にポイントを使用しています

勿体ない気もしますが、使わないポイントをひたすらためても意味がないため、使い道がないのであればそれもやむを得ないでしょうね。

旅行する予定があり、楽天トラベルが最安値であれば楽天トラベルで期間限定ポイントを使うのは非常に良いと思います。

携帯や保険で楽天ポイントが使えるのであればとても良いですね。

>大阪屋やフジなどのポイント払いできるスーパー,楽天Pay可能な店があれば使いたいのですが,うちの田舎にはないです

私も、せめてドラッグストアが来ないかなと思っていますが、なかなか来ません。
また、ドン・キホーテで楽天ペイが使えるようになれば最高なんですけどね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

コメントありがとうございます。

非公開設定のご質問でしたので、貼り付けます。

【質問】

男爵様
いつも興味深く読み込ませていただいております。
楽天ポイントの獲得が月額数万ポイントということに驚きました。ほとんどがハッピープログラム由来と思われますが、開示可能であれば、参考までに内訳を教えていただけると嬉しいです。

【回答】
あの数字は楽天市場のポイント獲得履歴を転記しただけですので、総額しか分かりません。

私は、バリアブルカードのキャンペーン(1万0001円のチャージで700ポイントが貰えるというもの)が開催されるたびに1万0001ポイントを買っていますので、獲得ポイント数は毎月1万0001円分水増しされています。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●楽天証券で「たわら男爵15種」の毎月2回100円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理