10月4日は投資の日。マネックス証券でナイトウォーカー本をゲットだぜ

10月4日は投資の日です。

私は、ニーサの日(2月13日)をつみたてNISAの年初一括投資の日、投資の日を松井証券のスリム全世界株リバランス積立の自動リバランス設定日としています。

※つみたてNISAの年初一括投資
SBI証券では、年2回の任意の日に任意の金額のボーナス積立設定をすることができます。
これを利用し、毎月13日に100円、2月13日に39万9800円の積立設定をすることで、2月13日に39万9900円を一括投資することができます。
つみたてNISAとは、「最初の1年間で最大40万円の投資信託を購入し、その後、最初の1年を含む20年間で運用し、21年目に特定口座に自動的に払い出される」という非課税投資枠が毎年1本、20年連続で合計20本与えられる制度です。
つまり、つみたてNISAの肝は非課税投資期間ですから、つみたてNISAをしゃぶり尽くすためには年初一括投資をし、できる限り長期の非課税運用期間を確保すべきことになります。

※スリム全世界株リバランス積立
松井証券には、リバランス積立というサービスがあります。これは、例えば、スリム先進国株80%、スリム新興国株10%、スリムTOPIX10%という配分比でポートフォリオを登録すると、自動的に、配分比を下回ったものから優先的に積立購入(ノーセルリバランス)してくれるというものです。
また、松井証券には「毎営業日設定」と「自動リバランス」が実装されていますので、超低コスト全世界株インデックスファンドを簡単に自作することができます。
なお、自動リバランスサービスは、年1回、売却を伴うリバランスを自動で行ってくれるというものです。

広告

さて、投資の日にちなんでマネックス証券がキャンペーンを行っています。

●10月4日は投資の日!希望の書籍を抽選でプレゼント
https://info.monex.co.jp/news/2018/20180911_05.html

これは、税込5000円以内の市販されている書籍を1冊、マネックス証券にリクエストすると、抽選で104名にそれがプレゼントされるというものです。

私が希望した本は、6月に発売されたばかりのこちらの本です。

果たして私は、岡三オンライン証券の梅屋敷本に続き、2冊目の投信ブロガー本をゲットすることができるのでしょうか。

当選者には10月下旬から、順次、希望した本が郵送されるそうです。
楽しみですね。


広告

コメント

No title

スリム全世界株リバランス積立
固定配分のリバランスができても
市場配分通りに追随しないと意味がないです。

No title

モーニングスター主催の投信EXPO2018に行ったのですが、アセットマネジメントoneの方がたわら先進国株を時期はまだ未定だが、値下げすると云ってました。

No title

コメントありがとうございます。

>固定配分のリバランスができても市場配分通りに追随しないと意味がないです

時価総額比は配分比の目安にすぎませんので、時価総額比類似の固定配分で問題はないと考えています。

>アセットマネジメントoneの方がたわら先進国株を時期はまだ未定だが、値下げすると云ってました

これは素晴らしい情報ですね。ありがとうございます。
投信エキスポは、各社から生の情報を得られる上に様々なお土産を貰えることから、私も東京近郊に住んでいたら行きたかったです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

非公開設定でご質問をいただきました。
特に個人情報等は含まれていませんでしたので、全文を貼り付けます。

【質問】
いつも楽しく拝見させて頂いてます。投資初心者です。一つ質問があり、お答え頂けますと幸いです。
男爵様はスリム先進国100%を推奨されてます。朝倉氏(モーニングスター 代表取締役)のオススメアセットアロケーションは国内株、先進国株、新興国株を2:5:3を推奨(参考:つみたてnisa この7本を買いなさい)しており、ファンドの海というサイトを使用し分析しますと先進国100%の場合と朝倉氏推奨の割合(国内株、先進国株、新興国株 2:5:3)を検討しますと両者リスクはほぼ変わらないのに先進国100%のみの場合は期待リターンが5.0%、朝倉氏の場合は6.23%であり期待リターンは朝倉氏の方が上です。
アセットアロケーションが8-9割決まると言われてますので、自分でリアロケーションしながらこのアセットで保有するのがリターンがいいのではないかと考えておりますが、いかがでしょうか?ご教授頂けますと幸いです。

No title

回答です。

>アセットアロケーションが8-9割決まると言われてますので、自分でリアロケーションしながらこのアセットで保有するのがリターンがいいのではないかと考えておりますが、いかがでしょうか?

リスクやリターンは、結局は過去の実績値から算定したものにすぎません。
過去の実績値は将来を保証しませんので、私は、リスクとリターンから配分比を技巧的に動かすことには気が乗りません。

大切なことは、暴落時に投資を継続することができるかどうかということです。

私は、新興国株や日本株を組み込むにしても時価総額比程度にとどめたほうが、新興国株や日本株が暴落したときにショックを受けずに済むと考えています。

ご教授頂きありがとうございました。過去の実績が将来を保証しないということかなと私も思っておりましたが、やはりそういうことなのですね。今後もブログで勉強させていただきますので、よろしくお願いいたします。ありがとうございました。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●楽天証券で「たわら男爵15種」の毎月2回100円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理