スリム先進国株210億円、スリムTOPIX40億円に到達

eMAXIS Slim先進国株の純資産額が、2018年9月12日、210億円を突破しました。
同日付けの純資産額は、211億4500万円です。

eMAXIS SlimTOPIXの純資産額が、2018年9月11日、40億円を突破しました。
同日付けの純資産額は、40億5000万円です。


広告

eMAXIS Slim先進国株の純資産額の推移です。

2/27 新規設定
5/22 5億0700万円
8/3 10億1300万円
9/5 15億2600万円
11/1 20億2800万円
12/8 25億0100万円
12/29 30億円
1/11 35億7500万円
1/18 40億6900万円
1/26 45億4700万円
2/13 51億4200万円
2/19 56億8800万円
2/22 60億9000万円
3/5 65億0300万円
3/9 70億8700万円
3/19 75億3200万円
3/30 80億4700万円
4/6  85億8900万円
4/13 91億0900万円
4/19 95億9300万円
4/25 100億1400万円
5/2  105億3900万円
5/10 111億5100万円
5/15 115億4500万円
5/18 120億6700万円
5/23 125億3400万円
6/4 130億3300万円
6/7 135億9200万円
6/13 140億2900万円
6/25 145億4600万円
7/2 151億0300万円
7/6 155億6500万円
7/10 160億8200万円
7/13 165億7500万円
7/25 170億1300万円
8/1  177億2300万円
8/3 180億8700万円
8/8 186億1600万円
8/17 192億0700万円
8/23 196億6000万円
8/28 202億7700万円
8/30 205億6100万円
9/12 211億4500万円

異次元の値下げをした12月29日の純資産額は30億円です。
スリム先進国株の純資産額が30億円になるまでには、新規設定から10か月かかっています。

しかし、異次元の値下げ後、わずか9か月で180億円を集めることに成功しました。
値下げ前は10か月で30億円だったのに、値下げ後は9か月で180億円です。
この間の純資産額の増加には目を見張るものがあります。

とはいえ、この間、先進国株インデックスファンドのトップであるニッセイ外国株が前人未到の1000億円の大台に到達しました。
スリム先進国株の約5倍ですから、まさに化け物です。

しかし、

●ニッセイ外国株、前人未到の1000億円に到達
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1013.html

上記記事でお伝えしたように、ニッセイ外国株には通常時であっても運用技術面で不安が残ります。

そして、ニッセイ外国株の純資産額が1000億円に到達したということは、ネットや雑誌でニッセイ外国株のことを知った投資経験が浅い人々が殺到していることを意味しますので、私は、来るべき暴落時には解約が相次ぎ、ただでさえ不安定な運用が更に不安定になるリスクを抱えているような気がしてなりません。

また、たわら先進国株の本日付けの純資産額は271億2100億円ですから、スリム先進国株との差は59億7600万円です。
いよいよ純資産額4位のたわら先進国株が射程距離に入ってきました。

私は、スリム先進国株の純資産額が増えすぎると、健全な競争原理が働かなくなってしまい、我々にとって好ましくないと考えています。
12月1日からは楽天カード投資も始まり、コスト面では最高の投資環境が整ってきましたので、超低コスト戦争がこれ以上激化せず、投資初心者はニッセイ外国株、我々のようなマニアはスリム先進国株という現在の状況がこれからも継続することを期待しています。

それにしても、販売会社は楽天証券一強時代に突入しましたが、楽天カード投資には月額5万円の上限という弱点があります。
三菱UFJ国際投信の直販は、楽天証券に勝利すべく、その施策に正面から戦いを挑むのかどうかが注目されるところです。


広告

コメント

このブログで楽天の5万円投資を知り、5万円楽天カードで購入していこうと思います。スリム先進国を購入しようと思いますが、再投資型受取型どちらにすれば良いでしょうか?

No title

コメントありがとうございます。

>スリム先進国を購入しようと思いますが、再投資型受取型どちらにすれば良いでしょうか?

再投資型にしてください。
スリムシリーズは分配金を出さない以上、どちらでも同じといえば同じですが、万一分配金を出すと受取型では面倒です。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●楽天証券で「たわら男爵15種」の毎月2回100円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理