楽天証券ではこれを買え(後編)

「楽天証券ではこれを買え(前編)」では、楽天証券で買うべき投資信託は、ズバリ「eMAXIS Slim先進国株(スリム先進国株)」であるとお伝えしました。

今回は、その具体的な買い方です。

なお、前編はこちらからどうぞ。
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1019.html

広告

まず、楽天証券の口座、楽天銀行の口座、楽天カードの3点セットを用意してください。
これらの開設に際しては様々なキャンペーンを開催していますので、有利なキャンペーンを探してみてください(私は、現状でどのキャンペーンが有利かどうかを把握していません)。

※楽天証券の口座は、「特定口座源泉徴収あり」と「つみたてNISA口座」の2種類を開設してください。

つぎに、下記の各設定をしてください。

(1)楽天カードの支払口座を楽天銀行に指定する。
(2)楽天証券のポイントコースを「楽天スーパーポイントコース」に設定し、SPU(スーパーポイントアップ)と連携する。
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/campaign/spu/
(3)楽天証券のマネーブリッジ、ハッピープログラムに申し込む。
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/bank/happyprogram.html
(4)楽天証券の自動入出金(スイープ)を申し込む。
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/bank/auto-sweep.html

これらの各設定をすると、

(1)投資信託の保有残高10万円につき年4ポイント(通常ポイント)が付与される。
(2)楽天銀行の普通預金(利率0.1%)に資金を置いておけば、楽天銀行の買付余力に反映される(楽天証券のお金がゼロでも、楽天銀行の普通預金のお金で投資信託が購入できる)。
(3)楽天銀行から楽天証券に自動出金がなされると、3ポイントが付与される。

というメリットがありますので、必ず設定しておくべきです。

そして、「つみたてNISA口座」で、毎月3万3333円ずつ「スリム先進国株(分配金再投資型)」を楽天カード決済で購入する設定をしてください。
毎月3万3333円ずつ買うのは、つみたてNISAで投資できる上限が1年間で40万円(3万3333円×12か月=39万9996円)だからです。

つぎに、「特定口座源泉徴収あり」で、毎月1万6700円ずつ「スリム先進国株(分配金再投資型)」を楽天カード決済で購入する設定をしてください。

※ただし、つみたてNISA口座と特定口座源泉徴収ありの2種類の口座で同じ投資信託の購入設定ができない可能性があります。その際は、つみたてNISA口座は「スリム先進国株(分配金再投資型)」、特定口座源泉徴収ありは「スリム先進国株(分配金受取型)」を選択してください。

※分配金受取型と分配金再投資型との違いは、投資信託から分配金が出た際、証券口座に支払われるのか(自動出金によって楽天銀行の普通口座に入金されます)、自動的に同じ投資信託が購入されるのか(投資信託の保有口数が増えます)という点です。
スリム先進国株は、分配金を極力出さない方針であるため、どちらでもよいといえばよいのですが、万一分配金が出たとき、再投資型であれば投資効果を最大限に高めることができます。

※特定口座源泉徴収ありで購入するスリム先進国株が1万6667円ではなく1万6700円なのは、楽天カード決済で付与されるポイントが100円ごとに1ポイントであるため、つみたてNISA口座で取得できるポイントが333ポイントであると思われるからです。
ただし、楽天カード決済の上限が5万円ぴったりのときは1万6667円にしてください。

ここで、「特定口座源泉徴収あり」よりも「つみたてNISA口座」を優先する理由を簡単に説明します。

投資信託で課税されるときは2つの場面です。

1つ目の場面は分配金が出たときです。分配金が出ると、分配金の20.315%に課税されます(配当所得課税)。
2つ目の場面は売却して譲渡益が出たときです。例えば、1万円で買ったものが1万5000円に値上がった時点で売却したとき、値上がり益である5000円(2万円-1万5000円)の20.315%に課税されます(譲渡所得課税)。

スリム先進国株は極力分配金を出さない方針で運用されていますが、分配金がゼロであればその分だけ値上がり益が多額になりますので、配当所得課税はゼロでも譲渡所得課税で課税されることになります。

特定口座源泉徴収ありで投資をすると、これらの2種類の税金は証券会社が源泉徴収してくれますので、我々は納税手続をする必要がなくなります。
なお、特定口座源泉徴収ありで投資をしても、確定申告をしたい人は自由に確定申告をすることができます(確定申告をしなければ源泉徴収されたままというだけです)ので、特定口座源泉徴収ありを選択しておくべきです。
特定口座源泉徴収ありを選択すると、翌年早々に年間取引報告書が郵送されます。確定申告をしたいときは、年間取引報告書の記載事項を確定申告書に転記するだけですので、非常に簡単です。

これに対し、つみたてNISA口座で投資をすると、20年の非課税投資期間の間の配当所得や譲渡所得には一切課税されないという絶大なメリットがあります。

ここで、つみたてNISAについて簡単に説明します。

つみたてNISAとは、40万円の非課税投資枠が毎年1本、2018年を1年目として、20年連続で最大20本もらえるという制度です。

非課税投資枠40万円は使い切る必要はありませんが(最大投資額が40万円ということは、実際の投資額は10万円でも20万円でもよいということです)、もらったその年に40万円全額を使い切るべきです。
なぜなら、もし非課税投資枠が余っても翌年以降に繰り越すことはできず、使い切らないとせっかくの非課税で投資できる金額を減らすことになってしまうからです。

また、非課税投資枠は2018年を1年目として20年連続で最大20本もらえるという意味は、2018年から始めた人は最大20本もらえるものの、2019年から始めた人は最大19本、2020年から始めた人は最大18本しかもらえないという意味です。
つまり、早く始めた人ほど、より多くの本数の非課税投資枠をもらうことができ、非課税で投資できる金額が増えることになります。

そして、2018年に投資した40万円のスリム先進国株が2037年までの20年間の運用の結果、100万円に増えたとします。
このとき、2038年1月に100万円が自動的に「特定口座源泉徴収あり」に払い出され、以後は100万円で購入したスリム先進国株として扱われます。
100万円で購入したスリム先進国株として扱われるという意味は、その後、150万円で売却したとき、値上がり益は50万円とされ、50万円の20.315%(10万1575円)に課税されるということです。
本来は40万円で買ったわけですから、もし最初から特定口座で運用していたとしたら、値上がり益は110万円となり、110万円の20.315%(22万3465円)に課税されていたことになります。つみたてNISAがいかにお得かが分かりますね。

以上をまとめます。

1、楽天証券で、「つみたてNISA口座」と「特定口座源泉徴収あり」を開設する。
2、「スリム先進国株(分配金再投資型)」を、つみたてNISA口座では毎月3万3333円、特定口座源泉徴収ありでは毎月1万6700円ずつ楽天カード決済を利用した積立設定をする。

なお、今年の楽天カード投資の購入日は12月1日(積立設定の締切りは11月12日)のみですから、このままだと2018年分の非課税投資枠40万円のうち36万6667円が余ってしまいます。もったいないです。
そこで、楽天カード投資以外の積立設定をして残りの36万6667円は使い切ってしまうことをお勧めします。

ちなみに、私は、つみたてNISA口座はSBI証券で開設し、毎月13日に100円、2月13日(ボーナス払)に39万9800円のスリム先進国株の積立設定をしています。
こうすると、1月13日に100円買い、2月13日に39万9900円を買い、3月13日から12月13日は非課税投資枠がないことを理由にそれぞれの100円の注文が失効し、実質的に毎年2月13日に40万円を一括投資することになります。

私がこのようにしている理由は、下記記事をご覧ください。
なお、年初一括投資日を2月13日にしたのは、この日が「213(ニーサ)の日」だからです。

●つみたてNISAは年初の一括投資で骨までしゃぶろう
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-702.html

ただし、このやり方は「つみたてNISAは年初一括投資をすべきである」という確固たる信念がなければ真似をすべきではありません。
これから楽天証券で初めて投資信託を買う人は、普通に毎月3万3333円ずつスリム先進国株を買っていくほうがストレスなく積立投資を継続することができるでしょう。


広告

コメント

楽天証券はクレジットカードで毎日つみたてはできますか?
つみたてニーサ

特定口座はできないみたいですが

No title

はじめまして。旬な内容をいつも分かり易くまとめて頂き、とても感謝しております。

私は先月から証券口座を開設し、インデックス投資を始めようとしている初心者ですが、質問にお答えいただけたら幸いです。

ずばり、今からeMAXIS Slim先進国株で積立NISAを行う場合、楽天とSBIのどちらがオススメでしょうか?

過去の記事にポイントの還元率が変更される可能性を考慮し、SBIをオススメされていましたが、ポイントからの再投資が可能な事や、今回の変更により楽天も検討しています。
また状況としては、私が初心者な事も含め、メイン口座は1つに絞り、もう少し知識がつくまではeMAXIS Slim先進国株の1点買いを行う予定です。

積立nisa は楽天カードでの毎月購入と年始に一括購入するのでは、どちらの方が良いでしょうか?

私は前者でポイントを稼ぐよりも、後者の方が結局は得するのではないかと考えております。

No title

コメントありがとうございます。

>楽天証券はクレジットカードで毎日つみたてはできますか?

できません。
毎月1日購入、27日口座引き落としのみです。

>今からeMAXIS Slim先進国株で積立NISAを行う場合、楽天とSBIのどちらがオススメでしょうか?

毎月の積立額が5万円以下であれば、楽天証券一択です。
スリム先進国株を購入すると、その瞬間にSBIポイント(0.03%)の33年4か月分の楽天ポイント(1%)が付与されます。

>積立nisa は楽天カードでの毎月購入と年始に一括購入するのでは、どちらの方が良いでしょうか?

年初に一括投資をし、そのせいで毎月5万円の楽天カード投資の原資がなくなるのであれば、私ならば楽天カード投資を優先します。
確実に1%の利益が得られるメリットは大きいからです。

また、年初一括投資をすると、相場の下落によって数%の含み損を抱えることは珍しくありません。インデックス投資で最も重要なことは継続することですから、均等額積立投資のほうを優先させるべきです。

No title

いつもコメントを参考にさせて頂きお世話になっております。
質問にお答えいただければ幸いです。

① 昨年、SBI証券・積立NISAで2月14日にスリム先進国株を一括投資
② 楽天証券でたわら男爵15種類 継続中です。

男爵さんも、来年のつみたてNISAは楽天証券に変更されますか。
変更の場合、SBI証券の積立NISAは解約や中止の手続きが必要ですかね?不要で、楽天証券で新規に積立NISA口座を解説すればいいですか?(つみたてNISA口座の変更手続は、10月1日以降でなければできない と記載されていますよね)

少しでもカードポイントの恩恵を受けるなら、私は今年の積立NISA枠は使用済なので、一旦(今年12月)、楽天の特定口座源泉徴収あり口座でスリム先進国株5万の積立申し込みして、
来年1月から積立NISAと特定口座源泉徴収あり口座でスリム先進国株5万積立に変更すればいいのですよね?積立をすぐ変更しても問題ないものですか。この場合、理論上は設定をいつ変更するといいですか?
来年1月からがすっきりするので、12月の500ポイントはあきらめるか?男爵さんはどう行動されるでしょうか。

No title

コメントありがとうございます。

>男爵さんも、来年のつみたてNISAは楽天証券に変更されますか。

しません。
そのままSBI証券でつみたてNISAを継続し、月額5万円の楽天カード投資を追加します。

>変更の場合、SBI証券の積立NISAは解約や中止の手続きが必要ですかね?

SBI証券から勘定廃止通知書をもらい、それを楽天証券の口座開設書類に添付して楽天証券に郵送する必要があります。

>一旦(今年12月)、楽天の特定口座源泉徴収あり口座でスリム先進国株5万の積立申し込みして、来年1月から積立NISAと特定口座源泉徴収あり口座でスリム先進国株5万積立に変更すればいいのですよね?

私の投資金額が月額5万円であれば、私もそのようにします。

>来年1月からがすっきりするので、12月の500ポイントはあきらめるか

特定口座での積立金額はどうせ端数になりますから、12月に5万円を買おうが買うまいが口座の表示はすっきりしません。
余裕資金があるのであれば12月に5万円の楽天カード投資をしたほうがよいと思います。

No title

つみたてNISAは毎日100円投資した方がお得じゃないですか?

端数処理の有利さと楽天銀行の3Pがあるので

No title

コメントありがとうございます。

>つみたてNISAは毎日100円投資した方がお得じゃないですか?

私は、つみたてNISAは20年の付き合いになることから、ポイントのためではなく、本気で20年付き合えるファンド(スリム先進国株)に全力投球すべきであると考えています。

スリム先進国株を毎月ではなく毎日購入の方がポイント付与率が高いということではないでしょうか。

No title

すみません、言葉足らずでした

15種の100円積み立てという意味ではなく
スリム先進国株を年初にボーナスで約38万投資 + 毎日100円積立した方がちょっとお得じゃないかということです。

はじめまして。
SPUのことをこの記事で初めて知り早速設定したのですが、ポイント投資は積立に対応していないようなので、SPUを利用するためには手動で買い付けをする必要があるのでしょうか?

No title

コメントありがとうございます。

>スリム先進国株を毎月ではなく毎日購入の方がポイント付与率が高いということではないでしょうか。

1か月22営業日とし、分配金再投資型と受取型の2種類を毎営業日積立てをすると、1日6ポイント、1か月132ポイント付与されます。

これに対し、つみたてNISA口座で3万3333円を楽天カード投資をすると333ポイントが付与されますので、こちらのほうが得です。


なお、同じ日に同じ銘柄を重ねて購入することはできませんので、楽天カード投資と毎営業日積立は併用できないと思われます。

>スリム先進国株を年初にボーナスで約38万投資 + 毎日100円積立した方がちょっとお得じゃないかということです。

上のコメントにお答えしたとおり、獲得ポイント数で考えると、毎月3万3333円ずつ楽天カード投資をしたほうが得だと思います。

>ポイント投資は積立に対応していないようなので、SPUを利用するためには手動で買い付けをする必要があるのでしょうか?

積立買付時にポイント利用が可能になるのは今月末ですから、現時点では手動でスポット購入するしかありません。


なお、ポイントは積立投資に使うのではなく、ないものだと思ってお釣り投資のイメージでスポット購入に使ったほうが投資額を増やすことができます。

No title

積立NISAで
SBI証券→楽天証券に変更に場合ですが、

SBI証券から勘定廃止通知書をもらい、それを楽天証券の口座開設書類に添付して楽天証券に郵送する必要がある。 のですね。

回答ありがとうございます。ちなみに、
この場合、手数料などは発生するのでしょうか?

No title

コメントありがとうございます。

>この場合、手数料などは発生するのでしょうか?

無料です。

No title

>つぎに、「特定口座源泉徴収あり」で、毎月1万6700円ずつ「スリム先進国株(分配金再投資型)」を楽天カード決済で購入する設定をしてください。

初心者の質問ですみません
これは一体何のために買うのでしょうか?

No title

コメントありがとうございます。

>これは一体何のために買うのでしょうか?

楽天カード投資の1か月の上限が5万円(500ポイント)であるため、つみたてNISAと特定口座でスリム先進国株を毎月5万円ずつ買うためです。

No title

はじめまして。
結婚を機に資産形成を考えはじめた30歳のパート主婦です。
積立NISAについて調べていたところたわら男爵さまのブログに辿り着き、過去記事をさかのぼり勉強させていただいてます。
私もオススメの通り積立NISAで楽天でクレジットカード投資をしようと思います。
おそらく来週中には口座開設が完了すると思います。
(11/12までにはギリギリ間に合うか不明です)

そこで質問なのですが、口座開設できたらまず40万円分を11月か12月にslim先進国を購入し、12/12までに手続きをして来年度からは3万3333円ずつ月額で購入しようと思います。
このやり方であっていますでしょうか?
たわら男爵さまは年始一括購入を提言されていますが、年始は高値になるイメージがあるので二の足を踏んでいます。
逆に今は安値なので今年分の40万も買い時なのかな?と思っています。
はじめての投資なので色々と考えあぐねていますが、何かアドバイスいただけますと幸いです。
ちなみに夫は投資に興味がなく、現在は財形貯蓄と普通預金で貯金しています。

No title

コメントありがとうございます。

>そこで質問なのですが、口座開設できたらまず40万円分を11月か12月にslim先進国を購入し、12/12までに手続きをして来年度からは3万3333円ずつ月額で購入しようと思います。
このやり方であっていますでしょうか?

楽天証券で一括投資ができるかどうか、私には分かりません(妻のつみたてNISAは来年になってしまいましたので、設定画面にログインできないからです)。

ただ、いろいろなブログを見る限り、楽天証券はSBI証券とは異なり、設定方法の自由度がない印象を受けます。

設定できるのであれば、年内に今年分の枠を使い切り、来年は年初一括か月額3万3333円ずつの楽天カード投資をすべきでしょうね。

>たわら男爵さまは年始一括購入を提言されていますが、年始は高値になるイメージがあるので二の足を踏んでいます。
逆に今は安値なので今年分の40万も買い時なのかな?と思っています。

自身の投資判断が信頼できれば個別株投資をすべきです。そのほうがはるかに儲かります。

インデックス投資を選択した理由を振り返ったとき、それが自身の投資判断が信頼できないからであるときは、タイミング投資を志向してはいけないと考えます。

私ならば、何も考えず、2月13日に一括投資をするか、毎月3万3333円ずつ積み立てます。

アドバイスありがとうございます。
積立NISAの口座ができたら設定ができるか見てみます。
またクレジットで購入したいので毎月3万3333円ずつ購入していこうと思います。

俵男爵さんのブログを見て、確信を持ってスリム先進国のみ買い続けている者です。

自分で考えろという話ですが、ご相談です。

現在24歳
NISA2年目
1年目120万投資
毎年NISA満額投資予定です。

楽天銀行への移行ならびに各種申し込みで現状と比べどれだけ毎年儲かるか大体で良いので教えていただきたく。

現在みずほ銀行のみ利用しており、そこから毎年5回ほど楽天証券に振り込み、そこからNISAで投信を買ってます。

楽天カードはメインのクレジットカードで、毎月3万円ほど使っています。

インデックス投資というリターンが少なめの投資をしながら、振り込み手数料など払っている本末転倒?のような現状ですが、なにぶん面倒臭がりで実行できずにいます。

よろしくおねがいします。

No title

コメントありがとうございます。

>楽天銀行への移行ならびに各種申し込みで現状と比べどれだけ毎年儲かるか大体で良いので教えていただきたく。

投資信託の保有額に0.018%(楽天0.048-SBI0.03)を掛けてください。

楽天カードの購入額に1%を掛けてください。

>現在みずほ銀行のみ利用しており、そこから毎年5回ほど楽天証券に振り込み、そこからNISAで投信を買ってます。

即時入金サービスを利用すべきですね。
なぜわざわざ手間もコストもかかる振込送金しているのでしょうか?

また、みずほ銀行は簡単に振込手数料を無料にすることができます。
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-160.html
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理