他人のブログに勝手にアドバイスするシリーズ(4) 1円も損したくないけど投資はしたい

おぱるさんというブロガーが「1円も損はしたくないけど投資をしてみたい、って言われたらこう答える。」というタイトルの記事を書かれています。
http://opal10opal.blog.fc2.com/blog-entry-541.html

おぱるさんの回答は上記リンク先の記事をご覧ください。
おっさんは、正直、性差を感じました。

良い悪いということではなく、男であればおぱるさんのような回答はしないでしょう。
私の直感的な回答は、「そんなの無理だから、投資なんかやめちまえ」というものでした。

しかし、それでは話が続かないため、プロならどう答えるかを見てみましょう。
勝手に登場させるのは、山崎元さんです。

広告


アマゾンの該当ページはこちら(↓)
難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

この本、いま楽天koboとアマゾンkindleでセール中です。
いずれも定価の半額に20%のポイントが付きます。ただし、楽天koboは200円の割引クーポンや15%オフクーポンを配布していることから、クーポンの分だけアマゾンより安く買えます。
私は、楽天koboで200円引きクーポンを使い、545円(さらに25%分のポイントが後日付与されるので、実質408円)で購入し、1時間ほどで読了しました。

この本は、ド素人の著者が山崎先生に質問をして山崎先生が一刀両断に解決するという体裁をとっています。

最初の質問はまさに本日のお題にピッタリなものでした。

質問
将来が不安なので、貯金を運用して老後に備えたい。しかし、この金は絶対に失いたくはない。どうしたらよいか。

回答
「安全に持っておきたいってことだよね。そしたら日本国債だね。『個人向け国債』ってやつを買うといい」

実際の質問はもっと気持ちがこもった切々としたものでしたが、山崎先生はそんな無駄な感情は一顧だにせず、ばっさり合理的に結論を示してくれます。

しびれますね。

そして、「絶対に損をしたくない」「先生、株は嫌です」という人を言葉巧みに株式投資信託の世界に誘い込みます。

(1)ネット証券の口座をとりあえず開設させる。
(2)とりあえず1万円だけ投信を買わせる。
(3)「72の法則」(72を利率で割ると元金が2倍になるおよその年数が分かるというもの)で脅す。5%で運用できれば14,5年で2倍になるが、国債だと240年掛かる。
(4)投資信託の素晴らしさ(個別株投資とは全く違う)をそっけなく淡々と伝える。

このやり取りが実に面白いです。
ひとつの芸として完成されています。

そういうわけで、この本は新たな知識などの得るものは正直ありませんでしたが、ド素人をその気にさせて徐々に投資の世界に誘い込むドキュメントとして読むと楽しめます。400円の価値は十分ありました。

お題に戻ります。

質問
「1円も損はしたくないけど、投資をしてみたい」

回答
とりあえずマネックス証券で口座を開いてみたらどう?
そして、1万円だけたわら先進国株という投資信託を買ってみる。紹介メールを送るから、そのアドレスから口座を開設すればマネックス証券から3000円が貰えるので、1万円が7000円にならない限り損はしない。
数か月その値動きを見て、大丈夫そうだと思えば毎月定額を積み立てれば良いし、含み損が気になって夜も眠れないというのであれば向いてないから売却してやめれば良い。

広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理