ネット証券の顧客のほうが損をしない

日経新聞の今日の朝刊の記事です。

投信、ネット証券の顧客36%が損失

インターネット証券経由で投資信託を購入・保有している顧客のうち2018年3月末時点では64%が評価益を、36%が評価損を抱えていることが分かった。
SBI証券、楽天証券、カブドットコム証券、マネックス証券の大手4社が投信を保有する顧客の損益を調べた。
都銀・地銀29行を対象に調べたところ、18年3月末で投信を保有する顧客のうち46%と半数近くが評価損を抱えていた。今回の調査によると、ネット証券の方が銀行よりも投信で評価益がある顧客の比率は高い。営業員による助言などが得られないネット証券は顧客の金融に関する知識が総じて高いとされ、この差の一因となっている可能性がある。

広告

ネット証券の顧客のうち、含み損を抱えている顧客は36%
都銀と地銀の顧客のうち、含み損を抱えている顧客は46%

上記の記事は、この差について、


営業員による助言などが得られないネット証券は顧客の金融に関する知識が総じて高いとされ、この差の一因となっている可能性がある。


と分析していますが、よく考えるとこの分析はおかしいです。

なぜなら、この分析によると、営業員の助言に従って取引している顧客のほうが損をしていることになるからです。

結局のところ、銀行で販売される投資信託は高コストファンドが中心であり、営業員はより販売手数料が手に入る高コスト商品のほうを熱意をもって顧客に勧めることから、営業員の助言に従って取引した顧客は損をしたということになるのでしょうね。

インデックス投資の極意は、

長期、分散、つみたて投資とその継続を低コストで行うこと(@バンガードジャパン)

ですが、これを実践していたのでは顧客は儲かりますが、販売員は成績が上がらず上司から叱責されてしまいます。

販売員が生きていくためには、販売手数料が高額なアクティブファンドを顧客にどんどん買わせて、しばらくしたら利確させて別の販売手数料が高額なファンドを買わせ、またしばらくしたら利確させ・・・ということを繰り返さなければなりません。

切ないですね。


広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理