eMAXIS NASDAQ100、30億円に到達(MAXIS NASDAQ100は本日上場)

eMAXIS NASDAQ100が新規設定されたのは2021年1月29日です。
16営業日目である2月22日、純資産額が30億円に到達しました。





※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●アーク社のETFから7億8600万ドルの資金流出
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-2043.html






新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

続きを読む

アーク社のETFから7億8600万ドルの資金流出

日本の投資家の一部から熱狂的な支持を得ている米国アーク社のETF。
アーク社のETFは、日興アセットマネジメントが日本国内における独占販売権を有しているため、金融庁に届出をしておらず、日本の証券会社の米国株口座経由では購入することができません。

※なぜかサクソバンク証券の米国株口座経由では購入することができます。
サクソバンク証券は特定口座に対応していないことから、サクソバンク証券を利用すると非常に面倒な申告の手間がかかります。
しかし、アーク社のETFを買うためだけにサクソバンク証券の一般口座を開設する顧客が後を絶ちません。
サクソバンク証券は外資系ですが、関東財務局に登録しており、日本のルールに縛られます。なぜ金融庁に届け出のないETFを購入することができるのかについて、特定口座への対応状況を確認しがてら聞いてみようと思っています。





新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

続きを読む

個別株投資の問題点

インデックス投資で成功するための方法は、実にシンプルです。

その方法とは、できるだけ早期に、できるだけ多額のお金を投入してインデックスファンドを買い、絶対に売らないというものです。
なぜなら、インデックス投資は、資本主義の自己増殖力によって世界経済が発展し、それに伴って株価も右肩上がりに上昇し、インデックスファンドの基準価額が史上最高値を更新し続けるという未来に賭ける投資方法だからです。

このように、我々インデックス投資家は、買えるだけのお金でひたすらインデックスファンドを買い続けるだけでよく、他にすることは何もありません。
暴落が発生して基準価額が3~4割下がったとしても、資本主義が崩壊しない限り市場平均株価はいずれは暴落前の水準まで回復すると信じることができますので、何も心配せず保有し続けることができますし、買い増し(暴落前に設定した均等額積立投資を継続する結果としての買い増し)をすることも簡単です。

しかし、個別株投資をすると、とても苦しい思いをすることになります。





新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

続きを読む

スリムTOPIX、保有株の5割が貸株

読者の方から情報提供をいただきました。

eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)」の運用報告書(全体版)のp.12の「有価証券の貸付及び借入の状況」という項目で、貸し付けの実績が記載されています。





新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

続きを読む

続きを読む

楽天バンガード、保有ETFを第三者に貸し出し追加報酬を狙う

バンガード社の米国ETFを買うだけファンドである「楽天バンガードファンドシリーズ」は、本日、下記のリリースを公表しました。

●有価証券の貸付取引(レンディング)に関するお知らせ
https://www.rakuten-toushin.co.jp/news/pdf/20210219.pdf
弊社ではファンド資産の更なる効率的な運用に向けて、有価証券の貸付取引(以下「レンディング」といいます。)を以下のファンドで開始します。これによりレンディングによる品貸料を獲得し、収益源を多様化することで、更なる投資成果(パフォーマンス)の向上を目指します。
有価証券の貸付取引(レンディング)は、ファンドが保有する有価証券等の一部を証券会社等に貸し付けることで品貸料を得るものです。


同時に、「楽天バンガードHEADS」において説明記事を公開しました。

●「楽天・バンガード・ファンド」シリーズにおけるレンディング開始に向けて
https://community.rakuten-toushin.net/lending/
Q 受益者の皆様にとってデメリットはありますか。
A レンディングにあたっては、受益者の皆様に余計なコストを負担いただくということはないですし、レンディングの結果による収益を受け取っていただくことで、パフォーマンスの向上が期待できるという意味では、デメリットはないものと考えています。


さて、このような説明を鵜呑みにして無邪気に喜んではいけません。





※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●業界最低水準の運用コストを目指す「PayPay投信インデックスファンドシリーズ」爆誕
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-2038.html

●車の保険には「弁護士費用特約(日常生活・自動車事故型)」を付けよう
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-2037.html



新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

続きを読む

業界最低水準の運用コストを目指す「PayPay投信インデックスファンドシリーズ」爆誕

PayPayアセットマネジメント(2021年3月8日名称変更)は、3月8日、業界最低水準の運用コストを目指すインデックスファンドシリーズを立ち上げます。

その第1弾は、ダウ30日経225です。





※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●車の保険には「弁護士費用特約(日常生活・自動車事故型)」を付けよう
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-2037.html

●ソフトバンクオンライン(LINEMO)、ヤフープレミアム特典なし
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-2036.html



新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

続きを読む

車の保険には「弁護士費用特約(日常生活・自動車事故型)」を付けよう

私は、かねてから自動車保険には「弁護士費用特約」を付けることを強く推奨しています。
【参考】
●車の任意保険に絶対に付帯すべき4つの特約
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-839.html

あなたが加害者になったときは、保険会社が弁護士を付けてくれます。
なぜなら、あなたの保険会社は、あなたに代わって被害者に支払う賠償金を少しでも減らしたいと考えるからです。

これに対し、あなたが被害者になったときは、あなたは加害者から賠償金をもらう立場であり、あなたの保険会社は賠償金を支払う必要がないため、あなたの保険会社はあなたに弁護士を付けてくれません。
あなたが弁護士を付けたいときは、自腹で弁護士費用を支払わなければなりません。

これを解決してくれるのが「弁護士費用特約」です。
自動車保険に弁護士費用特約を付けると、契約者の過失がゼロのケース(信号待ちで停車中に追突された等)であっても、契約者の弁護士費用を自分自身の保険会社が出してくれます。
保険会社が出してくれる弁護士費用の上限は、保険会社によって異なりますが、おおむね、依頼前の法律相談費用10万円依頼後の弁護士費用300万円です。


弁護士費用特約を付けることによる保険料の増加は年1500円程度であることから、これは絶対に付けるべき特約です。
何よりも少額の物損事故のときなど、弁護士費用がネックになって泣き寝入りしなくても済みます。

※自分自身が完全被害者のケースであっても、自分自身の弁護士費用は完全に自腹です(裁判をして判決になれば賠償金に加算されますが、弁護士費用相当額として裁判所が認めてくれるのは賠償金の1割増し程度にすぎません)。
例えば、損害額が30万円程度の物損事故が発生し、加害者が賠償金の支払いを拒んだとき、加害者に強制的に賠償金を支払わせるためには弁護士に頼んで裁判をするしかないわけですが、弁護士費用のほうが損害額を超えるため、経済的な理由で弁護士を頼むことができません。
この悩みを解決してくれるのが弁護士費用特約になります。




※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●ソフトバンクオンライン(LINEMO)、ヤフープレミアム特典なし
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-2036.html



新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

続きを読む

ソフトバンクオンライン(LINEMO)、ヤフープレミアム特典なし

本日、ソフトバンクのアハモプランの内容が発表されました。
その中で、「ソフトバンクオンライン」は仮称であり、「LINEMO(ラインモ)」というブランド名が発表されました。

「ソフトバンクオンライン」のほうがはるかにカッコよく、アハモやポヴォとも差別化できてよかったと思うのですけれど。




※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●河童さん、家族全員で海外先進国株インデックス運用
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-2035.html



新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

続きを読む

続きを読む

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理