続きを読む

続きを読む

続きを読む

スリム先進国株220億円、スリム米国株30億円、スリムバランス160億円、たわら先進国株280億円に到達

eMAXIS Slim先進国株の純資産額が、2018年9月20日、220億円を突破しました。
同日付けの純資産額は、221億1900万円です。

eMAXIS Slim米国株の純資産額が、2018年9月19日、30億円を突破しました。
同日付けの純資産額は、30億1200万円です。

eMAXIS Slimバランスの純資産額が、2018年9月19日、160億円を突破しました。
同日付けの純資産額は、160億0300万円です。

たわら先進国株の純資産額が、2018年9月20日、280億円を突破しました。
同日付けの純資産額は、280億6600万円です。

続きを読む

楽天バンガードが高コストなのはブローカー報酬が高いから

本日、楽天バンガードファンドシリーズの運用報告書が公開されました。
早速、その実質コストを分析したところ、下記リンク先の記事でお伝えしたとおり、予想を超える高コストであることが判明しました。
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1033.html

楽天バンガードファンドシリーズが高コストである原因は、ブローカー報酬です。

続きを読む

楽天バンガードファンドは予想を超える高コストでした

バンガード社の米国ETFを買うだけファンドである楽天バンガードファンドシリーズ。

本日、新規設定されたばかりのバランスファンドを除く、楽天全世界株、楽天全米株、楽天新興国株、楽天米国高配当株の運用報告書が公開されました。

続きを読む

還元率3~4%のkyashビザカードの利用限度額が24時間5万円に増額

還元率3~4%になるkyashビザカード(キャッシュリアルカード)というものがあります。

これは、事前オーソリが必要な一部の店舗(ホテル、ガソリンスタンドなど)や暗証番号の入力が必要な一部の店舗(自動支払機、JR券売機、回数券。JRは、回数券に限って窓口でも暗証番号の入力を要求します)を除き、ビザ加盟店でクレジットカードと同じ感覚で利用することができます。

そして、このkyashビザカードを利用すると、1決済ごとに50円単位で1円ずつキャッシュバックされます(49円以下は切り捨て。1決済が50円なら1円キャッシュバック、151円なら3円キャッシュバック)。
kyashビザカードは、支払先として他社のクレジットカードを紐づける仕様になっているため(kyashビザカードを利用する都度、紐づけた他社クレジットカード決済が実行されます)、還元率1%(楽天市場での毎月4万円のショッピングを条件として還元率が2%となるキャンペーンを常時開催しています)の楽天カードを紐づけると、還元率が3~4%になります。


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●たわら先進国株、値下げの意欲は皆無
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1031.html

続きを読む

たわら先進国株、値下げの意欲は皆無

9月14日に開催された投信エキスポ2018に出席した読者の方から、たわら先進国株の運用会社がたわらシリーズの信託報酬の引き下げを予定していると教えていただきました。

私は、たわら先進国株とVTをほぼ同額ずつ保有しています。
スリム先進国株とのコスト差(年率0.09828%。1000万円あたり9828円)が無視できないものになっていることから乗り換えを検討していますが、多額の含み益(金額は公表しませんが、率は42.33%)があることから暴落待ちの状態です。

しかし、たわら先進国株を継続保有することができるのであれば、それに越したことはないため、たわら先進国株の値下げを心待ちにしていました。

続きを読む

選ぶなら、品質で(たわら先進国株vsスリム先進国株)

9月14日、赤坂でモーニングスター社主催のイベント「投信エキスポ2018」が開催されました。
それに出席した読者の方から、アセットマネジメントONEは近日中にたわらシリーズの値下げを行うことを表明したと教えていただきました。

思い返せば、昨年の投信エキスポ2017では、スリムシリーズが初めての対抗値下げを予告しました。

●eMAXIS Slimシリーズ初の値下げへ。まずは先進国株から
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-561.html

そこで、今回は、たわら先進国株とスリム先進国株を比較してみることにします。

続きを読む

楽天、ポンタ、Tポイントはこう使おう

私のところには、ヤフーショッピングのTポイント、楽天市場の楽天ポイント、リクルートカードプラスのポンタポイントの3種類のポイントが毎月入ってきます。

Tポイントは、たわら先進国株をSBI証券から楽天証券に移管したことから、もうほとんど入ってきません(移管前まではSBIポイントをTポイントに交換していました)。

楽天ポイントは、7月は4万7078ポイント、8月は4万8503ポイント、9月は2万9155ポイントを獲得しています(通算獲得ポイントは248万5268ポイント)。

ポンタポイントは、還元率3%のkyashビザカードが使えるときはそちらを使うとはいえ、使えないときは還元率2%のリクルートカードプラスを利用していますので、そこそこ入ってきます(9月10日振替額は12万7616円、8月10日振替額は10万4568円)。

これらのポイントはどう使えば得なのかというのが今回のテーマです。

続きを読む

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理