バンガード社の直販にスリムシリーズは勝てるのか?

1975年12月31日、バンガード社の創業者であるボーグルによって、世界で初めてインデックスファンドが設定されました。

これまでバンガード社は、日本では直販をせず、古くはマネックス証券やセゾン投信、最近では楽天投信と提携し、外国籍のインデックスファンドや米国ETFを提供する形で間接的に関与してきました。

そこにきての重大な方針転換です。



※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●スリム先進国株、楽天全米株に1日遅れで100億円を突破
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-876.html#more

●楽天全米株の純資産額が100億円を突破するも、スリム先進国株が猛追中
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-875.html#more

続きを読む

スリム先進国株、楽天全米株に1日遅れで100億円を突破

eMAXIS Slim先進国株の純資産額が、2018年4月25日、100億円を突破しました。

同日付けの純資産額は、100億1400万円です。


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●楽天全米株の純資産額が100億円を突破するも、スリム先進国株が猛追中
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-875.html#more

●【基礎知識】投資信託の売却を伴う乗り換えをする際の判断基準
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-874.html

続きを読む

続きを読む

【基礎知識】投資信託の売却を伴う乗り換えをする際の判断基準

より低コストな投資信託が新規設定されたとき、今後の積立買付は新ファンドに変更するとしても、今の投資信託をそのまま保有するか売却して乗り換えるかは悩ましい問題です。

なぜなら、もし今の投資信託を売却すると、含み益が確定益となり、確定益の20.315%が譲渡所得税として徴収されてしまい、手元には79.685%の利益しか残らないからです。

この点については、これまでも、

●イーマクシス新興国株からイーマクシススリム新興国株に乗り換えるべきか?
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-477.html

などの記事で取り上げてきましたが、今回、基礎知識シリーズでも取り上げることにしました。

続きを読む

2割引の「Amazon Echo」で音楽聞き放題を楽しもう

私は、「Amazon Echo」を買って、「Amazon Music Unlimited」に加入し、「文春ふざけるな」と思いながら小室哲哉をヘビロテしています。

さて、現在、アマゾンではタイムセール祭り中ですが、「Amazon Echo」が2割引の9580円で販売中です(~4/25 23:59)。



※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●住信SBIネット銀行の振込手数料の無料条件が改善
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-872.html

続きを読む

住信SBIネット銀行の振込手数料の無料条件が改善

SBI証券の利用者であれば誰でも開設している「住信SBIネット銀行」。

※SBI証券の資金は、住信SBIネット銀行に自動入出金され、住信SBIネット銀行の「SBIハイブリッド預金口座」で管理されます。

住信SBIネット銀行は、顧客に対し、取引実績に応じた「スマートプログラムランキング」を付与し、そのランキングに応じて振込手数料やATMの出金手数料の無料回数を優遇していますが、本日、その条件が改善されました。

続きを読む

ニッセイマジックが炸裂するもスリム先進国株には及ばず

信託報酬0.1095%の異次元の安さで純資産額100億円突破が間近のeMAXIS Slim先進国株ですが、早いもので新規設定(2017/2/27)から1年が過ぎました。

インデックスファンドの判断基準は、コストとトラッキングエラー(指数との乖離率)の2点です。
しかし、コストは運用報告書では分からない隠れコストが存在すること、トラッキングエラーは指数には3種類あり、やはり運用報告書を見ても比較することができないことから、我々のような素人には、結局のところ、日々の騰落率が他ファンドと明らかに異なるものがないかチェックしつつ、最終的には騰落率で判断するほかありません。
なぜなら、ファンドの基準価額は、全てのコストとトラッキングエラーが反映された結果だからです。

というわけで、先進国株ファンドの3か月、6か月、1年リターンを比較してみます。

なお、指数の種類については、下記記事をご覧ください。

●【基礎知識】指数の種類
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-757.html

続きを読む

投信を買うだけファンドから見た楽天バンガードファンドシリーズのコスト

読者の方から情報提供をいただきましたが、楽天バンガードファンドシリーズを運用する楽天投信投資顧問には、投資信託を買うだけファンドが存在します。

その名は「楽天グローバル株式ファンド」。楽ラップ専売品です。

楽天バンガードファンドシリーズは米国ETFを買うだけファンドであり、楽天グローバル株式ファンドはアイルランド籍の投資信託を買うだけファンドです。

そこで、楽天グローバル株式ファンドから楽天バンガードファンドシリーズのコストを考えてみます。


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●eMAXIS日経アジア300は苦戦中
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-869.html#more

続きを読む

続きを読む

続きを読む

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(SBI証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●楽天証券で「たわら男爵15種」の毎月2回100円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理