続きを読む

他社ファンドが値下げしても、野村つみたて外国株投信を買うべし

ほんの1か月半前、「他社ファンドが値下げしても、野村つみたて外国株投信のほうが低コスト」という記事を書きました。
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-592.html#more

その中で、

将来どうなるか分からないことを悩んでも仕方ありません。
現状では、野村つみたて外国株投信が抜群に安いことは確実ですし、新興国株インデックスファンドの信託報酬が楽天VWOと同率まで下がり、かつ先進国株インデックスファンドの信託報酬が0.18%まで下がらない限り、野村つみたて外国株投信のコスト面での優位性は動きませんので、現状では野村つみたて外国株投信を買うべきだと考えます。

と書きました。

しかし、昨日、

●eMAXIS Slim新興国株、EXE-iに対抗値下げし、0.19%(12/13~)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-658.html#comment-top

という衝撃の事態が発生しました。

楽天VWOの0.2696%でも激安だったのに、イーマクシススリム新興国株がそれよりも0.0644%も安くするとは想定外でした。
そこで、この状態でも、野村つみたて外国株投信を買うべきなのかを検討します。

続きを読む

eMAXIS Slim新興国株、EXE-iに対抗値下げし、0.19%(12/13~)

今日は何か非常に忙しいのですが、これを書かないわけにはいきません。

eMAXIS Slim新興国株がやりました。
EXE-iつみたて新興国株とほぼ同額の税抜0.19%に対抗値下げです。
https://www.am.mufg.jp/text/release_171122.pdf

第一報はいつものとおりアウターガイさんです。
https://www.valuetrust.net/entry/2017/11222017.htm


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●SBI証券が国内株売買手数料を対抗値下げするも、楽天に及ばず
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-657.html#more

●eMAXIS Slimバランスが55億円を突破し、iFree8資産バランスを抜く
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-656.html#more

●くりっく株365の買いポジションに金利がかかります(12/18~)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-655.html#more

続きを読む

SBI証券が国内株売買手数料を対抗値下げするも、楽天に及ばず

楽天証券は、11月21日付けで、国内株売買手数料を値下げする旨を発表し、多くの投信ブロガーが記事にしました。
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/info/info20171121-01.html

私は、みずほ銀行の個別株を配当率4%以下になったときに100株ずつ買い増していくという投資法を編み出し、実行しています。

●ぼくのかんがえたさいきょうのとうしほう
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-514.html

これを実行するには、10万円以下(1日の総合計)の売買手数が無料になる1日定額プランに申し込む必要がありますので、今回の値下げの恩恵を受けることはできません。
しかし、楽天証券の大口優遇は、なんと、今回の値下げにより、1回の取引における売買代金が10万円以下であれば、1日に何度売買しても売買手数料が全て無料になります。これはおそらく我が国初の快挙です。

私は、個別株投資は原則としてやらないため、関係ありませんが、個別株投資をやる人は、楽天証券でたわら先進国株を5000万円保有するなどして大口顧客になる価値は十分あるでしょう。

※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●eMAXIS Slimバランスが55億円を突破し、iFree8資産バランスを抜く
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-656.html#more

●くりっく株365の買いポジションに金利がかかります(12/18~)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-655.html#more

続きを読む

続きを読む

くりっく株365の買いポジションに金利がかかります(12/18~)

私は、くりっく株365を高く評価しており、ダウ指数のインデックスファンドの最適な代替物であると考えていました(ただし、無職者がくりっく株365をやると、国民健康保険料の基礎収入となり、掛金が跳ね上がります)。

●トライオートはダメだけど、くりっく株365のダウは長期投資に向いています
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-135.html

しかし、残念ながら改悪です。

続きを読む

バランスファンドは自動ナンピンシステムである

山崎元先生が「初心者向きはウソ。バランスファンドの7つの注意点」というコラムを公開しています。
https://media.rakuten-sec.net/articles/-/10392

この中から重要な個所を抜き出してみます。


今日、個人投資家の立場でバランスファンドについて考えると、正直、バランスファンドは個人投資家にとって良い運用対象だと思えない。

バランスファンドは初心者向けだという意見がある。
中身を把握して運用するにはバランスファンドではなく個別の資産に投資するファンドに自分で金額を決めて投資するほうが良い。また、中身が把握できていない状態で漠然とバランスファンドに投資することがいいとは思えない。初心者だからといって、投資家を馬鹿にしてはいけない。

「固定比率のバランスファンド(たとえば8資産の比率を固定するようなもの)ならいいのではないか」と立論することがある。
債券部分の運用に関しても手数料を払うのは余計ではないか。

バランスファンドは株式100%のファンドよりもリターンの変動がマイルドであることが多いので、保有している人から見て精神的に楽であることは多いだろう。
現在のような長期国債利回りがゼロに貼り付いた状態では、資産として債券を保有する意味が疑わしい。将来金融政策が正常化されて長期国債の利回りが上昇するときに大きく値下がりすることが避けられない一方、現在の期待利回りはゼロである。

近年、バランスファンドであっても手数料の低廉な商品が出て来ているが、バランスファンドの場合、「債券部分の運用にも、それなりの手数料を払っている」ことになるような無駄が生じている。

続きを読む

続きを読む

eMAXIS Slim新興国株はEXE-iつみたて新興国株に勝てるのか?

10月1日付けで、「eMAXIS Slim新興国株は楽天VWOに勝てるのか?」という記事を書きました。
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-581.html#more

まさかあれから1か月ほどで、「eMAXIS Slim新興国株はEXE-iつみたて新興国株に勝てるのか?」という記事を書くとは夢にも思っていませんでした。

ついでに楽天VWOも比較します。


※関連記事です。

●野村つみたて外国株投信はEXE-iつみたてグローバル株式に勝てるのか?
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-651.html#more

続きを読む

野村つみたて外国株投信はEXE-iつみたてグローバル株式に勝てるのか?

昨日、さっそうと登場し、そのあまりの低コストが世間の度肝を抜いたEXE-iつみたてシリーズ。
その第1弾は、全世界株と新興国株でした。

低コストで世間の度肝を抜いた全世界株ファンドといえば、野村つみたて外国株投信です。
そこで、今回はこの両者を比較します。


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●楽天バンガードの月次レポートの乖離率を気にするのはナンセンス
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-650.html#more

続きを読む

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理