eMAXIS Slim全世界株vsVT

VT

バンガード社の日本における看板商品であり、インデックスファンドのリーサルウェポンと呼ばれる米国ETFです。
経費率は0.11%。
全世界の大中小株を投資対象とし、これ1本買っておけば全ての悩みから解脱できます。
FOYでも常にトップ10にランクインし、FOY2017では、VTを買うだけファンドである楽天全世界株が初登場1位を獲得し、投信ブロガーから熱烈な支持を得ていることを改めて見せつけてくれました。

しかし、他方で、最近は三重課税コスト問題が指摘されるようになりました。

●【FOY記念】eMAXIS Slim全世界株vs楽天全世界株
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-740.html#more

この記事で分析したとおり、楽天全世界株は運用会社の運用能力が未知数であり、思わぬコスト高になるリスクがあります。
そこで、今回は、本家本元のVTと比較してみます。


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●楽天VTIが50億円を突破し、iFreeSP500の2倍に
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-744.html#more

●【追記あり】ヤマゲン先生、スリム派に転向
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-743.html#more

続きを読む

【FOY記念】eMAXIS Slim全世界株vs楽天全世界株

本日、FOY2017の発表が行われ、楽天全世界株が初登場1位を獲得しました。

ということで、それを記念し、eMAXIS Slim全世界株と比較してみます。

※eMAXIS Slim全世界株とは、eMAXIS Slim先進国株80、eMAXIS Slim新興国株10、eMAXIS Slim国内株10の配分比で自作したもの。
松井証券でこの配分比を「目標ポートフォリオ」に設定し、リバランス積立及び自動リバランスサービスを利用すると簡単に自作することができます。
また、この配分比で積立買付し、年に1回、リバランスをすれば、どの証券会社でも自作することができます。自動リバランスサービスがSBI証券で実装されれば非常に便利ですので、SBI証券は真剣に検討してほしいです。
詳細は、次の各記事をご覧ください。

●「スリム全世界株リバランス積立」の活用方法
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-725.html#more
●自動リバランスサービスの実装を求む
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-727.html#more


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●FOY2017の1位は楽天全世界株
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-739.html#more

続きを読む

この投資信託がすごい(2018年1月、先進国株編)

「この投資信託がすごい」シリーズは、インデックスファンドのうち、私が最高だと考えるものをご紹介するというものです。

eMAXIS Slim先進国株が2017年12月29日、異次元の値下げをしたことから、それを踏まえて検討してみます。


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●「スリム全世界株リバランス積立」の活用方法
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-725.html#more

※なお、私は、今日の深夜から東京ディズニーシー(4日)、ランド(5日)に行き、6日の夜に帰宅します。
そのため、当ブログの更新はこの記事が最後であり、新記事は帰宅後となります。

JCBのクラスというクレジットカードを持っていると、年1回、JCBが運営するアトラクションに併設された専用のラウンジ券をもらうことができます。特にシーは新設されたばかりの「ニモ&フレンズ・シーライダー」にラウンジが併設されていることから、30分ほどラウンジで休憩し、専用通路からアトラクションに案内され、待ち時間ゼロ分でアトラクションを楽しむことができます。
クラスの年会費は5万4000円ですが、「ディズニーのパスポート2枚(混雑時入場保証付き)+ディズニーの商品券1万円+ラウンジ券」(ラウンジ券は合計で年2枚取得できますので、シーとランドで1回ずつ専用ラウンジを利用することができます)が毎年プレゼントされるため、実質3万円のコストで済みます。
引退したとき、クラスを解約するかどうか悩みましたが、解約すると二度と再取得できないであろうことから、そのままホールドしています。

このラウンジ券は、以前は枚数無制限でしたが、ヤフオクに出品する馬鹿がいたため、現在は年1枚に制限されてしまいました。
なお、ラウンジ券をヤフオクで落札しても、ラウンジの利用時にクレジットカードの提示を求められることから、クラスのホルダーでない人は利用することはできません。

続きを読む

続きを読む

この投資信託がすごい(2017年12月、TOPIX編)

「この投資信託がすごい」シリーズは、インデックスファンドのうち、私が最高だと考えるものをご紹介するというものです。

前回は、三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンドをベストバイファンドに選定しました。
しかし、今回、eMAXIS Slim国内株式インデックスの純資産額が10憶円を突破したことから(12月19日付け)、もう一度、検討し直しました。

続きを読む

続きを読む

この投信がすごい(2017年10月、ダウ指数)

iFreeダウの運用報告書が公表されました。

iFree新興国株の実質コストと同様に高いのかが気になります。
【参考記事】
●iFree新興国株のコストは1.3379%
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-521.html


※よろしければ次の記事もご覧ください。

●つみたてNISAで野村つみたて外国株投信を買うことにしました
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-614.html#more

続きを読む

eMAXIS Slim新興国株vsたわら新興国株

1か月前、「この投資信託がすごい(2017年9月、新興国株編)」という記事を書き、ベストバイ新興国株インデックスファンドは「eMAXIS Slim新興国株」であるとお伝えしました。

イーマクシススリム新興国株は、2017年10月11日、節目の純資産額10到達しました。
また、たわら新興国株も、2017年10月4日、節目の純資産額30億円に到達しました。

そこで、両者を比較してみます。

続きを読む

迷ったらこれを買え~現時点の投資戦略

つみたてNISAの開始まで2か月を切り、魅力的な様々な商品が続々と登場しています。

そこで、「この投資信託がすごい」の番外編として、「迷ったらこれを買え」というテーマで、現時点の投資戦略をお伝えします。

続きを読む

この投資信託がすごい(2017年9月、全世界株編)

「この投資信託がすごい」シリーズの全世界株編です。

このシリーズは、私がベストバイインデックスファンドだと考える投資信託をご紹介するというものです。

前回は、イーマクシススリム全世界株が新規設定されることへの期待を込めて、イーマクシススリム全世界株をベストバイ全世界株投信としました。
しかし、イーマクシススリムシリーズ全世界株は、運用会社の方針で、しばらく新規設定されそうにありません。
【参考記事】
●eMAXIS Slimシリーズ初の値下げへ。まずは先進国株から
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-561.html#more

また、この間、楽天全世界株や野村つみたて外国株投信の新規設定が発表されました。
三井住友DC全海外株も、「三井住友・DCつみたてNISA・全海外株」に改名し、やる気を見せています。

これまで低コスト戦争とは無縁だった全世界株ファンドに低コストの波が押し寄せています。

それでは、ベストバイ全世界株インデックスファンドの発表です。

続きを読む

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(SBI証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●楽天証券で「たわら男爵15種」の毎月2回100円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投信ブロガーのトップレベルの知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理