迷ったらこれを買え~現時点の投資戦略

つみたてNISAの開始まで2か月を切り、魅力的な様々な商品が続々と登場しています。

そこで、「この投資信託がすごい」の番外編として、「迷ったらこれを買え」というテーマで、現時点の投資戦略をお伝えします。

続きを読む

この投資信託がすごい(2017年9月、全世界株編)

「この投資信託がすごい」シリーズの全世界株編です。

このシリーズは、私がベストバイインデックスファンドだと考える投資信託をご紹介するというものです。

前回は、イーマクシススリム全世界株が新規設定されることへの期待を込めて、イーマクシススリム全世界株をベストバイ全世界株投信としました。
しかし、イーマクシススリムシリーズ全世界株は、運用会社の方針で、しばらく新規設定されそうにありません。
【参考記事】
●eMAXIS Slimシリーズ初の値下げへ。まずは先進国株から
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-561.html#more

また、この間、楽天全世界株や野村つみたて外国株投信の新規設定が発表されました。
三井住友DC全海外株も、「三井住友・DCつみたてNISA・全海外株」に改名し、やる気を見せています。

これまで低コスト戦争とは無縁だった全世界株ファンドに低コストの波が押し寄せています。

それでは、ベストバイ全世界株インデックスファンドの発表です。

続きを読む

この投資信託がすごい(2017年9月、ダウ編)

ダウ指数に連動するインデックスファンドのめぼしいものには、

iFreeダウ(純資産額23億4800万円)
たわらダウ(純資産額5億1400万円)
SMTダウ(純資産額39億5100万円)
eMAXISダウ(純資産額42億7000万円)
SMTAMダウ(純資産額173億1700万円)

があります。

そこで、今回はこれらを比較してみます。

続きを読む

この投資信託がすごい(2017年9月、全世界株編)

「この投資信託がすごい」全世界株編です。

といっても、現在販売されている全世界株は「除く日本」の2ファンドだけであり、「含む日本」のステートストリート全世界株はコストが高いことから、このままだと検討するまでもなく「三井住友DC全海外株」という結論になってしまいます。

そこで、今回は、「eMAXIS Slim全世界株vs三井住友DC全海外株」という設定で検討してみることにしました。
「もしイーマクシススリムシリーズに全世界株が出たら、その時、三井住友DC全海外株は太刀打ちできるのか」という架空の話です。

続きを読む

続きを読む

この投資信託がすごい(2017年8月、TOPIX編)

「この投資信託がすごい」シリーズは、インデックスファンドのうち、私が最高だと考えるものをご紹介するというものです。

TOPIXについては、8月7日付けの記事で「他の投信と異なり、TOPIXには決定版といえるほどの投信は存在しません。」と記載しましたが、ベストバイ投信が登場しましたので、改訂版を書くことにしました。

続きを読む

この投資信託がすごい(2017年8月、TOPIX編)

新シリーズ「この投資信託がすごい」の第5弾は、TOPIX編です。

このシリーズは、インデックスファンドのうち、私が最高だと考えるものをご紹介するというものです。

それでは、さっそく最優秀TOPIXファンドの発表ですと言って発表したかったのですが、問題が発生しました。
ベスト投資がないのです。

続きを読む

続きを読む

この投資信託がすごい(2017年8月新興国株、エグゼアイ編)

このようなご質問をいただきました。


以前、たわら新興国がリリースされた際の記事でもあまり評価されておらず、インデックスファンドではありませんがEXE-i新興国という選択肢もありと書かれていましたね。
たわらとは直接関係ありませんが、更に低コストのeMAXIS Slim新興国株とEXE-i新興国との比較についてたわら男爵さんがどのように考えられているのか興味があります。


私は、「この投資信託がすごい(2017年7月、新興国株編)」で、eMAXIS Slim新興国株式インデックスをベスト投信としました。
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-491.html#comment518

イーマクシススリム新興国株とエグゼアイ新興国株。
どちらがよいか気になる気持ちはよく理解できます。

さっそく回答しましょう。

続きを読む

続きを読む

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

リスク資産は、たわら先進国株(SBI証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
2017年10月10日より、SBI証券で野村つみたて外国株投信の毎営業日1万円積立てを実行中。
NISA口座ではVTの分配金を使ってVTを購入中。

無リスク資産は、個人向け国債変動10(みずほ証券と大和証券を行ったり来たり)で運用中。

パソコン版右端の「検索フォーム」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、推奨するファンドの具体名を明示しています。

たわら男爵のお勧め

インデックス投資の不朽の名著です。全ての答えがここにあります。

検索フォーム

他の投信ブログはこちら

管理