アーリーリタイア者に必須なのは個人賠償責任保険

アーリーリタイアをすると、毎月の給与収入を失います。
その反面、生活費などの出費は容赦なくかかります。

当然のことながら、自分や妻子の生活費や学費を考え、死ぬまで逃げ切れるだけの資金がたまったと考えるからこそ、アーリーリタイアに踏み切るわけですが、予想外の多大な出費が発生すると計画が大きく狂ってしまいます。

続きを読む

続きを読む

副業の法人化、個人事業化と社会保険

ご質問をいただきました。

非公開のコメントでしたので、直接の引用は避けますが、概要、副業のアルバイト収入が200万円になったので、個人事業化か法人化をして節税をしたいというものです。

さっそく回答しましょう。

続きを読む

経理ソフトの決定版「MFクラウド確定申告」

私は、今年の1月に開業届を出し、来年3月の確定申告で青色申告をする予定です。

しかし、そのためには複式簿記で収支を管理しなければなりません。
経理ソフトの決定版を見つけましたので、ご紹介します。

続きを読む

【決定版】リタイアと年金、健康保険

これまで何度かリタイアと税金についてお伝えしてきました。

今般、地方税法が改正され、住民税は特定口座源泉徴収ありのままで、所得税は総合課税や申告分離課税による確定申告が可能となりましたので、少し整理してみることにしました。

【参考記事】
地方税法が改正され、住民税のみ源泉徴収ありにできます
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-372.html#more

続きを読む

地方税法が改正され、住民税のみ源泉徴収ありにできます

私は、現在、国民健康保険で法定7割減額を受けています(今年の1月から仕事に復帰し、現在は週に2日働いていますが、給与ではなく報酬でもらっています。合法的に経費をぶっこみ、課税所得をゼロにするためです)。

株式の譲渡益や配当益を納税する場合、

(1)特定口座源泉徴収ありのままで申告しない
(2)申告分離課税で申告する
(3)配当益は(1)(2)のほか総合課税で申告する

という方法があります。

(2)(3)について、所得税の確定申告をすると、地方税法により、確定申告書の提出日に住民税の申告書を提出したものとみなされるため、所得税について申告分離課税(又は総合課税)で申告すると住民税も申告分離課税(又は総合課税)になってしまいます。
そのため、住民税の課税所得に基づいて計算される国民健康保険料が跳ね上がるという重大なデメリットがありました。

※ なお、確定申告書(総合課税)の提出前に住民税の申告書(譲渡益及び配当益についてゼロ申告)を市役所に提出すれば、確定申告書の申告区分が住民税の申告区分とみなされることはなくなります。
しかし、総合課税になるかどうかは市役所の裁量次第ということになっていましたし(改正前の地方税法313条13項但書、同条15項但書)、そもそも、所得税の申告区分と異なる申告書を受け付けないところもあったようです。

続きを読む

セミリタイアは事業所得にすれば、年収168万円まで無税

給与所得者には給与所得控除65万円があります。基礎控除38万円とあわせると103万円までが無税です。
これがいわゆる「103万円の壁」と言われるもので、妻が103万円の範囲内でパートをすれば所得税がかからないため、夫は配偶者控除を利用できるというものです。

もちろん、主婦だけではなく、セミリタイア、アーリーリタイアした人でも使えます。
しかし、今回のテーマは、事業所得で168万円まで無税ということです。

続きを読む

続きを読む

ネット収入は65万円までは非課税になります(給与所得者は除く)

タックスアンサーというものがあります。

もよりの税務署に電話すると、一般的な税務相談をしたいのか、所轄署に連絡したいのかという自動アナウンスが流れます。
一般的な税務相談を選択すると、タックスアンサーという税務相談センターに転送され、電話で、無料で、なんでも税務相談をすることができます。

ところが、このタックスアンサー、私の得た情報によれば、税理士がバイトでしているようで、当たりはずれがあります。
非常に頼りない人がいるわけです。

続きを読む

確定拠出年金は足抜けできない

「資産形成は「考えない」ほうがうまくいく」という記事(http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-158.html#more)で質問にお答えしたところ、追加のご質問をいただきました。

【引用開始】

この度は早々に記事におまとめ下さり、心より感謝申し上げます。
明快なご回答にご丁寧に手順まで明示頂き、早速、楽天証券で口座開設致しました。
NISA開設もこれからで、個人型DCも利用したいと考えております。資金はそれほどあるわけではないですし、特定口座で毎日1万円積立開始をすると非課税制度の恩恵を受ける余裕はないのかなと思います。
それでもやはり、特定口座のたわら積立一本での運用が最適でしょうか。
素人すぎる質問で本当に申し訳ありません。

【引用終わり】

さっそく回答しましょう。

続きを読む

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

リスク資産は、たわら先進国株(SBI証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
2017年10月10日より、SBI証券で野村つみたて外国株投信の毎営業日1万円積立てを実行中。
NISA口座ではVTの分配金を使ってVTを購入中。

無リスク資産は、個人向け国債変動10(みずほ証券と大和証券を行ったり来たり)で運用中。

パソコン版右端の「検索フォーム」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、推奨するファンドの具体名を明示しています。

たわら男爵のお勧め

インデックス投資の不朽の名著です。全ての答えがここにあります。

検索フォーム

他の投信ブログはこちら

管理