たわら先進国株を毎日1万円ずつ購入し続ける

私は、既に全財産の6割をリスク資産に投下しています。これだけで、理論リターンからすれば十分な利益を得ることができるはずですが、相場の下落時には心が騒いでしまいます。

本来であれば、株価が下落しようが、円高になろうが、リスク資産の最終リターンには関係ないはずです。今の冒謄や暴落は、20年30年後の長期的な右肩上がりの波の一過程に過ぎません。重要なのは、20年後30年後に発生しているであろう含み益ですから、その途中である今、値上がりしようが値下がりしようが意味はありません。

しかし、人間は欲深いものですから、相場が下落すれば、どうしても「あのときでなく今買っておけばもっと儲かった。しまったな」と思ってしまいます。
これは論理ではなく感情ですから、どうすることもできません。

続きを読む

リスク資産に含み損があるときに、リスク資産を取り崩さない

世界経済が長期的に右肩上がりであれば、株価も長期的に右肩上がりになります。
そうすると、短期的には暴落による含み損が発生しても、ずっと保有し続ける限り、必ず株価は回復し、右肩上がりの含み益が発生します。

ところが、含み損が発生しているときに一部でも売却してしまえば、売却したものの含み損は確定損になってしまい、その後の回復や含み益への転化は期待できなくなります。

続きを読む

続きを読む

続きを読む

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
ブログ開始日 2016年3月1日
男爵になった日 同年8月30日

40代男性(高等遊民)。
投資歴12年。
妻子あり。持家あり。

リスク資産は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
NISA口座ではVTの分配金を使ってVTを購入中。

松井証券で(1)全世界株リバランス積立、(2)SMT米国株配当貴族の各7500円ずつの毎営業日積立てを実行中。
全世界株リバランス積立とは、たわら先進国株80%、三井住友DC日本株S10%、たわら新興国株10%の配分比で毎営業日の買付け時に自動でノーセルリバランスするという画期的な発明です。

無リスク資産は、個人向け国債変動10(みずほ証券が最強)で運用中。

カテゴリごとに記事を整理しました。
とりわけ「公開 誰でもできる究極の投資」「たわら先進国株が他を圧倒する理由」「リバランス積立(松井証券)」は必見です。

たわら男爵のお勧め

たわら先進国株、SMT米国配当貴族の保有でもらえるポイントが最大なのはSBI証券       普通預金の利率は0.1%。積立投資の口座引落用に最適 最強の無料クレジットカード。ポンタが1.2%もたまります インデックス投資のバイブル。2016年3月9日発売。必読です。

検索フォーム

別のブロガーの投信ブログはこちら

管理