未成年口座とジュニアNISA口座の積立買付設定を完了しました

私は、子供に対し、つみたて投資に関する生きた教材を提供し、就職後は自分の収入の中からつみたて投資をする習慣を身につけさせるという教育目的のため、毎年相当額を贈与し、それを使ってジュニアNISA及び未成年口座で投資信託を購入しています。

2016年と2017年はたわら先進国株100%でしたが、2018年はeMAXIS Slim先進国株100%にしました。

ジュニアNISA口座や未成年口座で投信保有ポイントを付与するのはSBI証券だけです。当時、超低コストファンドにポイントを付与していた唯一の証券会社である楽天証券は、ジュニアNISA口座や未成年口座にポイントを付与していません。
ジュニアNISAが開始した当時、SBI証券は超低コストファンドに投信保有ポイントを付与しませんでしたので(ポイント付与開始日は2017年2月1日から)、私は、当時、唯一複数日積立設定が可能だったマネックス証券を選択しました。

そして、ポイントが付与されないことから、「ポイント考慮後のトータルコスト」という修正を加える余地はなく、eMAXIS Slim先進国株がベストバイファンドとなります。

【2018年1月1日 19:59追記】
コメント欄での指摘を受け、SBI証券がジュニアNISA口座や未成年口座にポイントを付与しないとの記載を訂正しました。

また、ジュニアNISA口座で出庫や出金が可能となる時期について、成人となった時ではなく、「子供が3月31日時点で18歳である年の前年の12月31日が経過するまで」との記載に訂正しました。


※よろしければ、次の記事をご覧ください。

●新年のご挨拶
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-722.html#more

●「Slim全世界株リバランス積立」を開始します
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-721.html#more

続きを読む

【訂正版】つみたてNISAは年初の一括投資で骨までしゃぶろう

私は、これまで毎営業日積立てを強力に推奨してきました。

毎営業日積立てのまとめ記事です。

●やっぱり毎営業日積立て
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-430.html


つみたての神様は、次のような啓示を迷える子羊たる我々に下されています。

つみたてよ。さすれば指数の期待リターンが与えられるであろう。



しかし、つみたてNISAとでは、毎営業日積立てではなく、年初に一括投資すべきです。


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●アメリカ株に集中投資してよいのか?
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-701.html#more

【2017年12月18日17:30追記】
コメント欄のご指摘を受け、確認した結果、iDeCoでは年初一括投資ができないことが分かりました。
そのため、iDeCoの部分について、本文を訂正しました。

続きを読む

つみたてNISAは「特定口座より儲かれば嬉しい」という気持ちで運用すべし

ご質問をいただきました。
さっそく回答します。


こんにちは
いつも拝見しています。
出口戦略についてですが、利益が出ている時点での移管はおっしゃる通りだと思います。なるほど!目から鱗でした☆
しかしもし移管時に暴落もしくは一時的に値が下がっている場合、非課税のメリットが少なくなるのではないでしょうか?なので満了近くなりある程度利益が出ている時点で利確がリスクオフなのかなと…まだ勉強中で(汗)間違った解釈であればすいません(>_<)
ちょっと疑問に思いましたので質問させて頂きました。

続きを読む

【追記あり】つみたてNISAの出口戦略は極めて簡単(利確は一切不要)

「つみたてNISAの出口戦略ってけっこう難しい?」という記事を読みました。
http://tohshi.blog61.fc2.com/blog-entry-2601.html

つみたてNISAでいちばん難しいのは、ズバリ、出口戦略です。
ずっと持ち続ければいいや。で(本当に)ずっと持ち続けていると、つみたてNISAではロールオーバー(延長制度)がないので、結局、『特定口座』(通常口座)に戻ってしまいます。
そうです、つみたてNISAは利益を確定させないといけないのです。
つまりは『売る』ということ。
そうしないと、メリット(非課税)を享受できません・・。


これを読んで不安になった人も多いと思います。

何しろプロが「つみたてNISAでは、マーケットのアップダウンを睨みながら、利益確定の作業を断続的に、10年、20年とこなしていく必要があるのです。」と断言しているわけですから、不安にもなるでしょう。

しかし、この理解は完全に間違っています。


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●eMAXIS Slimシリーズ、信託報酬を値下げ(11/10~)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-634.html#more

続きを読む

続きを読む

続きを読む

NISAは骨までしゃぶろう(4) ジュニアNISAは究極の金持ち優遇策

前回、ご説明したように、ジュニアNISAの肝は、子供が20歳になるまでの間、非課税口座で運用できる点です。
そのため、子供の年齢が低いうちに投資限度枠を満額使い切り、非課税のメリットを最大限に享受する必要があります。

ただし、以下の点で注意が必要です。

1 ジュニアNISA口座の金は子供の金であり、親の口座に移すと、子供から親に対する贈与があったとして贈与税の課税対象となる可能性が極めて高いこと
2 証券会社の変更ができないこと

続きを読む

NISAは骨までしゃぶろう(3) ジュニアNISAはNISAよりも得

ジュニアNISAという制度があります。

これはNISAの未成年版で、以下の点がNISAとは異なります。

1 投資限度枠は年120万円(最大運用額は600万円)ではなく、年80万円(最大運用額は400万円)
2 中途売却は事実上できない(中途売却をしても、その金は子供が18歳になるまで引き出せない)。
3 証券会社の変更は一切できない
4 非課税運用期間は子供が20歳になるまで。
5 証券会社の実施する投信保有ポイントは付与されない

NISAと異なり、理解するのが非常に難しい制度です。
しかし、節税メリットはNISAよりあるため、NISA以上に骨までしゃぶりつくさなければなりません。

続きを読む

NISAは骨までしゃぶろう(2) NISAでもたわら

前回お伝えしたとおり、NISA口座は2枠(運用額は120万円、運用期間は10年)のセットが5本あると考えてください。
そして、5つめのセットは、1つめのセットよりも4年遅れでスタートします。

各セットが10年という長期の運用期間を予定しているばかりか、最初のセットと最後のセットの開始時期に4年の差があることから、これで利益が出ない可能性は非常に少ないといえるでしょう。

では、NISA口座で何を買うべきでしょうか。


NISA口座には、特定口座にないメリットが2つあります。それは、

1 値上がり益が非課税であること
2 証券会社のキャンペーンで、購入手数料がキャッシュバックされること

です。

続きを読む

NISAは骨までしゃぶろう(1) 運用期間は10年

NISAという制度があります。

NISA口座を作ると、毎年1月1日になった時点で120万円を上限とする投資限度枠が1つ与えられます(最初の年は、NISA口座の作成日からその年の12月31日までの投資限度枠が1つ)。
この各投資限度枠はそれぞれ完全に独立しており、各投資限度枠ごとにそれぞれ5年間の非課税期間が設定されています。
そして、翌年の1月1日になると、投資限度枠に余りがあったとしても持ち越しは許されず、新たな投資限度枠が1つ与えられます。
そして、これが10年連続して続くので、投資限度枠は全部で10個です。

NISAを利用すると、各投資限度枠内での取引であれば、どれだけ値上がり益が出たとしても課税されません。
通常は、値上がり益の2割(+復興所得税)が税金で取られてしまい、値上がり益の8割しか取得できないことからすれば、とても有利な制度です。

今回は、この制度を骨までしゃぶるためにはどうすればよいかというお話です。

続きを読む

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(SBI証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●楽天証券で「たわら男爵15種」の毎月2回100円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投信ブロガーのトップレベルの知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理