楽天全世界株・全米株、楽天とマネックスで9/29、SBIで10/20から販売開始

VTを買うだけの楽天全世界株とVTIを買うだけの楽天全米株が、なんと、ネット証券3社で購入できるようになります。

読者の方からの情報提供です。
ありがとうございました。


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●ニッセイ新興国株が新規設定も、乖離・高コストの予感
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-574.html#more

広告

エディネットにアップされた訂正有価証券届出書によれば、楽天証券とマネックス証券では9月29日から、SBI証券では10月20日から、それぞれ販売開始です。

これらのファンドは、当初は、楽天証券のみ、10月13日から取扱開始でした。
私は、証券会社の報酬が0.05%であり、これは投信保有ポイントと同額であることから、運用会社の報酬を含めて楽天グループで儲けることができる楽天証券はよいとしても、SBI証券の取扱いはないのではないかと考えていましたが、運用会社がかなり営業したのでしょう。

なお、マネックス証券は、元々低コスト投信にはポイントを付与していないことから、普通に儲けることができます。

これで楽天専売による純資産額の伸び悩みも解消されそうです。
やったね。

なお、マネックスやSBIの取扱いは不明ですが、楽天証券では一般販売され、特定口座で普通に買えます。
【参考記事】
●楽天全世界株・楽天全米株の一般発売が確定
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-553.html#more

広告

コメント

No title

私は米国株をオーバーウェイトしたいので、
来月からSBI証券の毎営業日積み立てで
野村つみたて外国株+楽天全米株の組合せで行きます。
(日本株はサテライトで個別株投資中)

No title

iFreeS&P500も終わった感ありですね。
野村つみたて外国株
楽天全世界株・全米株
SBI毎営業日積み立て
新しい主役達が出揃ってきました。

楽天・バンガード・ファンドのシリーズ創設だそうです

なんだか大量ラインナップが来そうです。
次は新興国株、中小型株、米国高配当・配当貴族あたりでしょうか。
exe-iシリーズもがオワコンですね。
VGTなどセクターものも来ると面白いです。

なんだか、インデックスファンド業界のリーサルウエポンになりそう。

https://www.vanguardjapan.co.jp/retail/articles/news-from-vanguard/20170928-press-release.htm

No title

重ねての情報提供、感謝です。
さっそく記事にさせていただきました。

それにしても、俄然、面白くなってきましたね。

No title

 SBI証券での取り扱いがあることがわかり、ほっとしました。

 これで同社からNISA口座を移管させずに1月から積立NISAを始められます。

 私もバンガードからのメールを見ましたが、本当に黒船来航ですね。

 日本の運用会社の奮起を期待したいところです。

No title

コメントありがとうございます。

>SBI証券での取り扱いがあることがわかり、ほっとしました。

私は、正直びっくりしました。
まさか楽天投信がバンガード社と共同声明を出すまでの関係を築いているとは思ってもいませんでしたので、SBIは様子見に徹するものだと考えていました。

>日本の運用会社の奮起を期待したいところです。

単純にバンガードETFを買うだけのファンドにコストで対抗するのはきついでしょうね。
いま一番困っているのはイーマクシススリムかもしれません。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理