たわら先進国株の積立てをすれば、為替リスクは心配無用

ご質問をいただきました。

たわら男爵様
はじめまして、初めて質問させていただきます。
毎日こちらのブログをチェックして、勉強させていただいております。

私は投資を始めて、まだ3ヶ月ほどで今だに自分のアセットアロケーションをどのようにすべきか迷っております。
そこでお伺いさせていただきたいのですが、円建てだけではなくドル建の資産も持つべきでしょうか?
とりあえず現在は株式中心の投資信託を積み立て始めており、たわら先進国をメインに、iFreeのNYダウや日経TOPIXなどを保有しております。
この先のことはなかなか分からないと思うのですが、この先20数年という長期間積み立てていく上で、最終的に円しか持っていないというのは、円安などが予想される中で怖い気がし始めました。
このあたりどのようにお考えになるか、ぜひお聞かせいただければ幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

毎日チェックいただいているとはうれしいですね。
では、さっそく回答します。

広告

結論から言うと、全く気にする必要はありません。

まず、たわら先進国株を積み立てて、最後に円安になったケースを考えます。

円安になると、たわら先進国株の基準価額は爆上げします。

たわら先進国株の純資産額は円で表記されていますが、マザーファンドは各国の現物株を保有しています。円表記は、単に毎日の為替レートで円に引き直したらいくらになるかを示したものにすぎず、マザーファンドが円資産を保有しているわけではありません。

したがって、円安になれば、マザーファンドが保有する現物株の円貨換算の価額が増えますので、その分、ファンドの円貨換算の保有資産も増えます。全く心配する必要はありません。

つぎに、たわら先進国株を積み立てて、最後に円高になったケースを考えます。

円高になると、たわら先進国株の基準価額は下がります。
しかし、それまでの長い積立期間の間には、円高になったときもあれば円安になったときもあるでしょう。つまり、積立てをするということは、株価が平準化されるほか、為替も平準化されることを意味します。
積立てで購入していく限り、円安時に高値掴みして、円高時に安値で売却する羽目にはなりません。

また、円高時に一括購入したとしても、先進国株の期待リターンは年5.5%ですから、2年で11%です。
つまり、120円のときに一括で買って100円の円高になり、ずっと円高のままでも、4~5年もたてば株価と配当金による基準価額の値上がりによって為替差損は取り戻せるでしょう。80円の円高になっても、10年もたてば取り戻せます。

しかも、円高が常態化すれば、アメリカはインフレになり、アメリカの株価もインフレにつられて高くなりますので、円貨換算後の期待リターンも年5.5%より増えていきます。
【参考記事】
株には為替リスクはありません
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-23.html

というわけで、

(1)積立てをする限り、為替リスクは考える必要はない

(2)最後に円安になれば大儲けでウハウハ

(3)最後に円高になっても、しばらく待てば円安になるだろうし、もし円高が常態化してもアメリカの株価が上がるので損はしない

ということになります。

広告

コメント

どっちが良いか迷っています

たわら様、・・・・・・質問です
たわら先進国株とeMAXISslim先進国株は
どちらが良いのでしようか?

20年バイ&ホールドです、たわら様不粋な質問ですみません、投資は自己責任な事は解っております

No title

たわら男爵様

早速のご回答どうもありがとうございました。
関連記事も含めて熟読いたしました。
なるほど、円で基準価額が表示されていても、保有しているのは海外の現物株なので、円安になれば、マザーファンドの円貨換算の保有資産も増えるわけなんですね。

大変勉強になりました。そして安心しました。
これからもたわら男爵様のブログを日々欠かさずチェックして、投資について学んでいきたいと思います。
このたびは本当にありがとうございました。

No title

コメントありがとうございます。

>たわら先進国株とeMAXISslim先進国株は
どちらが良いのでしようか?

明日の記事でご回答しますので、しばらくお待ちください。


>大変勉強になりました。そして安心しました。
これからもたわら男爵様のブログを日々欠かさずチェックして、投資について学んでいきたいと思います。

参考にしていただけたのであればよかったです。
今後も当ブログをご愛読ください。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理