LINE Payコード払いで23.5%残高バックキャンペーンが開催(2/22~2/28)

2月22日から28日までの7日間限定で、LINE Payコード払い限定で、23.5~25%残高バックキャンペーンが開催されます。
https://linepay.line.me/campaign/paytoku.html

ペイペイのような100%残高バックはありませんが、還元率はペイペイを抜く23.5~25%です。
また、ペイペイのように、1決済の付与上限額が1000円という制限もありません。

広告

●キャンペーン期間
2019年2月22日(金)0:00~2019年2月28日(木)23:59

●キャンペーン内容
下記の対象店舗・サービスにて、LINE Payのコード支払い、オンラインでのお支払い、請求書支払いをしていただいた方全員に、お買い上げ金額の20%相当のLINE Pay残高を還元致します。

※コード払いをすると、誰でも最低3.5%のLINEポイントが付与されます(付与率は、前月の利用額に応じて3.5~5%となります)。
また、LINEポイントは等価でLINE Pay残高にチャージできます。
したがって、誰でも23.5%(前月の利用額が多い人は25%)の残高バックがなされることになります。

●付与上限
本キャンペーンにおけるLINE Pay残高の付与上限は、お一人様につき最大5000円相当となります。

●キャンペーン対象外
お酒・タバコ・書籍・チケット・金券などの一部商品、処方箋が必要となる一部店舗、保険診療、介護施設、動物病院、神社仏閣、役所・役場、海外の店舗、月額制サービス、税金の請求書支払いなどはキャンペーン対象外となることがあります。
ご購入商品が本キャンペーンの対象となるか否かのお問い合わせに関しましてはLINE Pay残高の還元をもって回答とさせて頂きます。
LINE Pay カードまたはLINE Payに登録したクレジットカード、Google Pay™(QUICPay+™)でのお支払い時には適用されませんのでご注意ください。


注意点は、次のとおりです。

(1)残高バック上限額が5000円ですので、2万5000円までの決済が20%残高バックの対象です。
決済額が2万5000円を超えると、還元率が落ちていきます。

(2)LINE Payコード払い限定ですので、リアルカードを使っても残高バックはされません。

(3)LINE Payコード払いは、LINEポイントから支払いに充当する設定をすることができますが、下記注意書きのとおり、残高バックの対象額はポイント払い後の金額ですで、LINEポイントは必ずLINE Pay残高に等価交換しておくべきです(アプリ上の操作で数分で完了します)。

LINEポイントまたは各店舗のクーポン等をご利用の場合、適用後のお会計金額がキャンペーン対象となります。
https://linepay.line.me/campaign/paytoku.html


対象店舗を見ると、家電量販店は、ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、ジョーシンがあります。

●ジョーシンで今日から+5%キャンペーンが開始(~2/22)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1222.html

ジョーシンのリアル店舗で利用すると、5%のジョーシンポイントが付与されますが、もっとうまい方法があります。
それは、ヤフーショッピングのジョーシンを利用することです。

昨年、ジョーシンに問い合わせたことがあります。


●質問
現在、ラインで、2万5000円で5000円残高バックキャンペーンを実施しています。ジョーシンウェブ(御社の公式サイト)では上記のキャンペーン対象であることが明記されていますが、ヤフーショッピング店ではどうなるのでしょうか?
また、株主優待券を持っていますが、これを使うと後日代金が減額されますが、ラインやヤフーのキャンペーンは減額時ではなく注文時のものが適用されるのでしょうか?
ラインショッピング(ラインのアフィリエイト)を経由するとラインポイントが貰えますが、株主優待券を利用したときも適用されますか?


●回答
日頃は、ジョーシンをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
また、いつもご支援いただきましてありがとうございます。
お問い合わせの件につきまして、LINE Pay「Payトク」キャンペーンについては、 Joshin web Yahoo!ショッピング店も対象でございます。
株主優待券をご利用の場合、株主優待券が到着次第、別途、金額を変更したお支払方法のご案内をいたします。
変更後の金額で、LINEPayでお支払いいただくこととなりますので、変更後の金額が対象となります。
また、ラインショッピング(ラインのアフィリエイト)を経由するとラインポイントについては、お支払い方法に関わらず、対象でございます。
何卒よろしくお願い申し上げます。


具体的には、ヤフーショッピングのジョーシンで普通に注文します。
ただし、支払方法は、「振込(銀行/郵便局等)コンビニ」を選択してください。

そうすると、数十分後に「コンビニ・銀行振込でのお支払いにつきまして」というタイトルのメールが届きます。
そのメールに記載されたリンクを踏んで、LINE Pay払いを選択して支払えば20%残高バックがなされます。

ヤフーショッピングは、ヤフープレミアム会員であれば常時10%のTポイントが付与されますし、22日のゾロ目の日には最大10%のクーポンが配布されますので、株主優待券を利用しなくても、最大で43.5%~45%のポイント・残高バックを獲得できることになります。

また、本部に郵送する手間はかかりますが、ヤフーショッピングのジョーシンで株主優待券を利用することもできます。

さらに、通例だと、毎週金曜日にはLINEショッピングで「ポチポチフライデー」を開催しており(要エントリ)、3240円以上のショッピングで300ポイントが貰えます。
そのため、LINEアプリのLINEショッピングのヤフーショッピングのアフィリエイトを踏み、ヤフーショッピングに遷移してから購入すべきです。

※楽天市場にもジョーシンがありますが、ヤフーショッピングとは異なり、楽天が決済を代行するため、「Joshin Web」扱いにならず、LINE Pay払いは利用できないという説があります(私は未確認です)。


ペイペイは、100%残高バックがあるので、5000円以下の少額決済に利用し、LINEペイは5000円を超える高額決済に利用するという使い分けをするのが得です。

また、LINEペイは、ペイペイが使えないショップでも利用できますので、その場合はLINEペイを利用すべきです。
ちなみに、面白いショップにラクマ、ゾゾタウンがあります。ラクマは、5%引きクーポン券を定期的に配布していますので、それと併用するのが最も得です。


広告

コメント

ラクマで金券を買ったらどうなるんでしょうね

No title

コメントありがとうございます。

>ラクマで金券を買ったらどうなるんでしょうね

私も実はこれを疑問に思っており、実験中です。
成功すれば、2月中に付与されます。

書籍

キャンペーン対象外に、「お酒・タバコ・書籍・チケット・金券などの一部商品」とありますが、オンライン支払いにはhontoが入っています。

また、ウエルシアでお酒を買えるし、どれが対象外か分かりにくいです。

「ご購入商品が本キャンペーンの対象となるか否かのお問い合わせに関しましてはLINE Pay残高の還元をもって回答とさせて頂きます。」というのは、とりあえず買えということで、何の説明にもなってないですし。

ただ、さすがにhontoは大丈夫だと思うので、25000円近く高価な専門書を買ってみます。

No title

コメントありがとうございます。

>キャンペーン対象外に、「お酒・タバコ・書籍・チケット・金券などの一部商品」とありますが、オンライン支払いにはhontoが入っています。また、ウエルシアでお酒を買えるし、どれが対象外か分かりにくいです。

私は、再販制度や税法との関係で、対象になると明言してしまうとまずいとの政治的判断ではないかと考えています。
対象外であると明言せず、「対象外となることがあります」との曖昧な表現はあえてしているのでしょうね。

しかし、このような表記があるということは、対象外になっても諦めるしかありませんので、

>さすがにhontoは大丈夫だと思うので、25000円近く高価な専門書を買ってみます。

楽天市場やヤフーショッピングでも、買い回りを利用すれば20~30%引きで買えますので、私ならばそちらを利用します。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理