【必見】横断歩道で待っている自転車がいたとき、さてどうする?

今日は書くことがないため、横断歩道の入口で、自転車に乗り、片足をついている人がいたときの対処方法についてお伝えします。

車を運転する人は必見です。

関連記事です。

●【必見】意外と知らない追越しの作法
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1075.html#more

広告

道路交通法38条です。

●第1項
車両等は、横断歩道又は自転車横断帯(以下この条において「横断歩道等」という。)に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という。)がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道等の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止することができるような速度で進行しなければならない。
この場合において、横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない。
●第2項
車両等は、横断歩道等(当該車両等が通過する際に信号機の表示する信号又は警察官等の手信号等により当該横断歩道等による歩行者等の横断が禁止されているものを除く。次項において同じ。)又はその手前の直前で停止している車両等がある場合において、当該停止している車両等の側方を通過してその前方に出ようとするときは、その前方に出る前に一時停止しなければならない。
●第3項
車両等は、横断歩道等及びその手前の側端から前に30メートル以内の道路の部分においては、第30条第30条3号の規定に該当する場合のほか、その前方を進行している他の車両等(軽車両を除く。)の側方を通過してその前方に出てはならない。

道交法38条は、概要、次のように規定しています。

(1)横断歩道の通行者がいないことが明らかなときは、そのまま進行してもよい。
(2)横断歩道の通行者がいないことが明らかではないときは、横断歩道の直前で停止できる速度で進行しなければならない。
(3)横断歩道の歩行者がいるときは、横断歩道の直前で一時停止し、通行車の通行を妨げてはならない。

この解説書によれば、


歩行者等に向けられた信号機の信号が赤色の灯火であるため、青色の灯火に変わるまで待っているときは、「横断しようとしている歩行者等」には当たらない。


とされていますので、信号機によって歩行者等の横断が禁止されているときは、車はそのままの速度で進行することができることになります。

問題は、自転車横断体のない横断歩道の入口で、自転車に乗り、片足をついている人がいたときです。
この場合、車は速度を緩め、横断歩道の直前で停止し、自転車の通行を優先させなければならないのでしょうか?

上記解説書によれば、


路面に両足で立って、自転車のハンドルを持っているときは、自転車を押して歩いてきた者の一時的停止状態と見ることができるから、これは歩行者であると解されるので、その歩行者がその横断歩道によって横断するのかどうか明かでないときは、車両等の運転者には本項1項前段の義務が生ずる。
しかし、所問のような自転車乗りの一時的停止状態は、引き続き運転進行するという意思が明らかであるので、歩行者とみなすことはできないであろう。


とされていますので、車は速度を緩めることなく、そのまま進行すればよいことになります。

ただし、自転車が横断歩道に飛び出てくる可能性があり、速度を緩めないでそのまま進行すると、飛び出した自転車をはねてしまうリスクがありますので、法律上の義務はなくても、実際には速度を緩めたほうがよいでしょう。

この点について、上記書籍によれば、


横断歩道を通行する自転車乗りに関して、昭47.8.12東京地裁の次のような判例がある。
「自転車の運転者が道路を横断するにあたって横断歩道を利用する場合には、自転車に乗ったまま疾走し、飛び出すような形で横断歩道を通行することは厳にしてはならないというべきであって、自動車通行者はこのような無謀な横断者はないものと信頼して運転すれば足りる。」


とされていますので、飛び出した自転車をはねたとしても、法的責任は回避できる可能性があります。
しかし、道路で既に死んでいる犬や猫をひいても非常に気分が悪いのに、生きている人をはねてしまうと精神的にくるものがあるでしょうし、逮捕されるリスクもありますので、自転車の飛び出しに対処できる速度まで緩めて進行したほうがよいでしょう。


では、自転車が自転車通行帯のない横断歩道上の通行を開始しているとき、車はどうしたらよいでしょうか。

上記解説書によれば、


歩行者とは、歩いている人はもとより、二輪の車両を押して歩いている人(法第2条3項参照)をいうから、自転車に乗って通行している人は、歩行者ということはできない。
したがって、自転車に乗って横断歩道を通行している者がいても、本項1項後段の義務は生じない。
もっとも、この場合に法第70条(安全運転義務)の義務があることは当然である。


とされていますので、車は、横断歩道の直前で一時停止したり、自転車の通行を妨げないようにしたりする義務はありません。

とはいえ、そのまま自転車をはねてしまうと、道交法38条違反にはならないものの、道交法70条違反にはなりますので、実際には、横断歩道の直前で一時停止し、自転車が通行し終わるまで待機することになるでしょう。


広告

コメント

No title

車のマナーが悪さが目立ちます。横断歩道で止まっていても、停車しない車が多い。ジャベリン携行を許可される日が来ることを願います。

No title

運転免許を取ったことのない自転車乗りは特に道交法を知らず対自動車どころか歩道で歩行者をベルで蹴散らしたりと無謀極まりないですね。
子供、女性、老人がマナーが悪いです。
マネー管理もそうですが自転車の交通ルールに関しても学校教育に導入しないとだめだと思います。

No title

いつも拝読しております.

記事内容とは無関係で恐縮なのですが,KYASHについて,改悪がありました(KYASH自体の改悪ではありません).

私はリアルカードをP-one wizカードに紐づけて使用していたのですが,11月請求分からKYASH利用分のキャッシュバックがなくなっていました.

P-one wizカードとの連携を解除して,楽天カードやリクルートカードとの連携に変更しようと考えていますが,男爵様が利用中のカードではまだ対策されていませんでしょうか?

No title

男爵様

男爵様の日産自動車の株購入に対するスタンスを教えていただけると幸いです
もちろん、自己判断しますが、参考までに。

No title

コメントありがとうございます。

>ジャベリン携行を許可される日が来ることを願います。

そんな無法社会は私は嫌です。

>自転車乗りは特に道交法を知らず対自動車どころか歩道で歩行者をベルで蹴散らしたりと無謀極まりないですね。

警察がどんどん自転車を検挙しない限り、状況は変わらないでしょうね。

>私はリアルカードをP-one wizカードに紐づけて使用していたのですが,11月請求分からKYASH利用分のキャッシュバックがなくなっていました.

残念でしたね。
ちなみに、楽天カード(11/27支払分)は付いています。

>男爵様の日産自動車の株購入に対するスタンスを教えていただけると幸いです

ゴーンがいなくなり、フランスとルノーに搾取される未来が見えます。

なお、私は、日産株は一旦買ったものの、その後の下落に嫌になり、10万円に戻った時点で売却しています。

根本的に間違いです

大前提に、自転車が優先させる義務がないので、自転車より優先される権利は発生しない。
それと
右左折先や信号機のある横断歩道は標識がありません。夜間や降雪時などは通常にある状況であって、標示で自転車横断帯との区別は求められることは決してない。あってはならないこと。
すなわち区別は、横断者にしか意味を持たない。事実、自転車横断帯が付近にあればそれによって横断する義務があるだけで、横断歩道の横断が禁止されているものではない。
従って、自転車から降りている、跨っている、足が地面に付いている、などは無意味でバカな判断である。
軽車両でも横断歩道では横断と言い横断を優先させなくても良い法律などありません。
根本的に間違っています

No title

コメントありがとうございます。

>軽車両でも横断歩道では横断と言い横断を優先させなくても良い法律などありません。

もしそうされたいのであれば、ご自身の見解に賛同する国会議員を集めて道交法を改正するしかないと思います。

No title

自転車対自転車だったらどうなるんですかね。つまり、自転車で走行中に横断歩道を渡ろうとしてる自転車がいた場合、一旦停止の義務は生じるのでしょうか。

No title

コメントありがとうございます。

>自転車で走行中に横断歩道を渡ろうとしてる自転車がいた場合、一旦停止の義務は生じるのでしょうか。


車両等は、その前方に出る前に一時停止しなければならない。

と規定されています。

車両等には軽車両(自転車)も含まれますので、この場合の自転車は一時停止しなければならないでしょうね。

No title

>もしそうされたいのであれば、ご自身の見解に賛同する国会議員を集めて道交法を改正するしかないと思います。

ですから、「そうではない」理由はなんですか。
自転車でも、横断歩道による“横断”と言う。
違うのであれば、自転車は横断用の信号機に従う義務はない。
あなたの虚言が正しければ、わざわざ横断歩道まで迂回して横断する自転車も、優先されない事になります。青で横断する自転車であっても自動車側が優先されなければ矛盾です。
自転車の横断権利を軽視するのは時代遅れですので止めましょう。

No title

コメントありがとうございます。

>ですから、「そうではない」理由はなんですか。

道交法がそう規定しているからです。

>自転車は横断用の信号機に従う義務はない。

「自転車専用」と記載された横断用の信号があるときは車道ではなく自転車横断帯に移動して信号機に従って横断しなければならないというだけです。

>あなたの虚言が正しければ、わざわざ横断歩道まで迂回して横断する自転車も、優先されない事になります。

自転車横断帯が併設されていなければ優先されません。

>自転車の横断権利を軽視するのは時代遅れですので止めましょう。

あなたのご見解を支持する政党を見つけて道交法改正に向けて頑張ってもらうしかないでしょうね。

No title

>車両等には軽車両(自転車)も含まれますので、この場合の自転車は一時停止しなければならないでしょうね。

おかしいですね
車両の仲間という理由で、横断自転車の横断権利がないと考えておられるのに、何故、相手が同じ自転車だからと横断の優先権が発生するのでしょうか。
支離滅裂だ。
車両同士で、優先道路側の車両を優先させるのと全く同じ事。自転車同士であれ横断側が優先されるだけの事。相手が自動車、自転車に関係なく横断が優先されなければ、「車両の仲間だから~」と自転車の横断権利を無視するのは矛盾だ。
どういう事でしょうか。

No title

>道交法がそう規定しているからです

反論になっていません。
逃げずに答えてください。

横断用の信号機に従う義務があると言う事は、25条の2の義務に該当されず、横断歩道による横断であるのは明らかな事。
また、原則徐行で横断する義務があり、歩行者の通行を妨害する恐れがある場合に降車をするのです。ですから歩行者と同じ扱いを受けるのです。自動車側には乗降車の違いは意味がなく、自動車側の為に降車をする義務はない。徐行義務違反を想定した勝手解釈は止めてください。

No title

>「自転車専用」と記載された横断用の信号があるときは車道ではなく自転車横断帯に移動して信号機に従って横断しなければならないというだけです。

ですから横断用の信号機に従う義務があり、かつ、25条の2も従わなければならないのは何故ですか。
信号機の有無により異なる。など論外は返答しないでくださいね。
横断歩道の存在を無視する事になりますので。
現状の、直進先の横断歩道は殆ど渡れないのと同じ事ですから。

No title

>自転車横断帯が併設されていなければ優先されません。

自転車横断帯は、横断通行量が多いから歩行者の通行と分ける為にあるのです。歩道上で区別されているのと同じ事です。歩道を横切る場合に、区別されているのか否か、又は、自転車の走行の禁止の有無に関係なく自転車を優先させせるのと同じ事です。
即ち、区別は横断者にしか意味を持たないのです。自転車可の標識もそうです。自動車側には意味を持ちません。標識が無い事をわざわざ確認し、自転車の通行を妨害しても良い事とはなりません。
横断歩道は歩道とは違い、原則禁止されていませんので尚の事です。より一層、自転車の通行に気を付ける必要があるのです。

No title

>あなたのご見解を支持する政党を見つけて道交法改正に向けて頑張ってもらうしかないでしょうね。

おかしいですねぇ
あなたの考えが本当に正しいならば、法改正される事はありません。
それなのに、それを肯定すると言う事は、正しくない考え、及び、本来あるべきの考えと逆行する活動をしていると言う事。
自転車を軽視するのはいい加減に止めましょう。障害消えない端の証ですよ、このサイト

No title

コメントありがとうございます。

>車両の仲間という理由で、横断自転車の横断権利がないと考えておられるのに、何故、相手が同じ自転車だからと横断の優先権が発生するのでしょうか。

あの質問の趣旨は、「自転車通行帯がある横断歩道を通行しようとしている自転車がいるとき、直進しようとしている自転車は停車すべきかどうか」ということだと思いますよ。

なお、たくさんのコメントをされていますが、独自の法解釈は意味がありません。

自転車は車両であって歩行者でないというだけのことです。

No title

>あの質問の趣旨は、「自転車通行帯がある横断歩道を通行しようとしている自転車がいるとき、直進しようとしている自転車は停車すべきかどうか」ということだと思いますよ

意味不明は返答ですねぇ
相変わらずですが。
W168さんは「横断歩道を横断する」と書いています。また、自転車横断帯の場合をここで質問する筈がありませんよね。
いい加減に逃げずに答えてください。

独自の法解釈は意味がないのなら、このサイトも無意味と言う事です。
本末転倒な事で逃げないでください。

>自転車は車両であって歩行者でないというだけのことです。

ですから
車両の仲間であって軽車両なのですよ。
バイクや自動車と混同されては困ります。
横断する軽車両が優先されるだけの事。軽車両の横断権利を無きものにしないでください。
同じ車両同士と言うのなら“公平”に交通の土俵で語ってほしいものです。

No title

コメントありがとうございます。

ご自身でいろいろと考えても実益はありませんから、道交法についての専門知識を得たければ本文でご紹介した文献をご一読することをお勧めします。

No title

なんか最近の、回答になっていない記者会見の言葉のようですね。
ご自身でも、そう思われている筈です。
私は数多く反論してきましたが、何1つ答えてもらえない様ですね。

文献、条文を引用するのなら、それをしっかりと理解されてから引用して下さい。
ですので、あなたは引用になっておらず、勝手解釈と言う事です。
私は全てに理屈を持って返答しております。
見当違いしか返答できない事が、それを証明していています。

あなたは自身が屁理屈ではない事すらも反論できていない。違うでしょうか。
軽車両の横断権利を無視している証拠です。
無視しないのであれば絶対に、この様な勝手解釈はしません。
違うでしょうか。

No title

コメントありがとうございます。

>私は全てに理屈を持って返答しております

あなたの理屈は間違っています。

>軽車両の横断権利を無視している証拠です

道交法ではそのような権利はありません。
自転車通行帯がない横断歩道は歩行者のためのものであって自転車のためのものではないからです。
そのような権利を認めてほしいのであれば、道交法を改正するしかないでしょう。


歩行者とは、歩いている人はもとより、二輪の車両を押して歩いている人(法第2条3項参照)をいうから、自転車に乗って通行している人は、歩行者ということはできない。
したがって、自転車に乗って横断歩道を通行している者がいても、本項1項後段の義務は生じない。

No title

17条は道路をまっすぐ通行するとき、道路が車道や歩道や路側帯などに分かれているとき、どこを誰が通るかという通行区分に関する規定です。
質問は横断歩道によって道路を横断することの可否を問うています。見当違いです。
横断歩道と歩道を混同しているのであればそれも間違いです。明確に区別された場所です。自転車と原動機付自転車を混同するのと同じ間違いです。

道交法2条1項4号の規定に横断歩道は歩行者のための場所であると書いてあるため違法であると主張する人がたまにいますが、それも間違いです。歩行者のための場所と書いてあるけれども、他の通行を禁止するとは書いていないからです。
たとえば歩道であれば、道交法17条で自動車は歩道と車道の区別がある道路では車道を通行しなければならないと書いてあり、罰則規定もあります。これが自動車の歩道通行を禁止する規定であって、道交法1条2号の歩道に関する定義によって自動車の通行が禁止されているわけではありません。

それでも「車両だから~」と書くのなら、どの法令の何条で禁止されているのか書いてください。

No title

あなたの勝手解釈は結構ですので
私の返答に答えてください。

何故、横断用の信号機に従う義務があるのに、更に25条の2も従わなければならないのか

何故、自転車同士に限り横断の優先権が発せするのか

横断帯との区別は横断者の為に分けているのであって自動車側には関係ない。についての反論

あなたの考えが正しければ法改正される可能背は0%なのに、法改正を肯定する理由、及び、法改正されて然るべき事を認めておきがら、それと逆行する活動をする趣旨

バイクや自動車の場合と全く同じ考えである矛盾


少なくともこれには答えてもらいたいです。

No title

コメントありがとうございます。

何をおっしゃりたいのか全く理解できません。

歩行者とは、歩いている人はもとより、二輪の車両を押して歩いている人(法第2条3項参照)をいうから、自転車に乗って通行している人は、歩行者ということはできない。
したがって、自転車に乗って横断歩道を通行している者がいても、本項1項後段の義務は生じない。

上記の文献の記載が不満だということですか?

>何故、横断用の信号機に従う義務があるのに、更に25条の2も従わなければならないのか

何を聞きたいのでしょうか?

>何故、自転車同士に限り横断の優先権が発せするのか

自転車通行帯があれば横断する自転車のために直進する車(自転車を含む)は停車する義務がある、なければそのような義務はないということを一貫して私は述べています。

>横断帯との区別は横断者の為に分けているのであって自動車側には関係ない。についての反論

自転車通行帯がなければ歩行者のためのもので、あれば歩行者と自転車のためのものです。
自転車通行帯がないのに自転車のためのものだというあなたの考えは間違っています。

>あなたの考えが正しければ法改正される可能背は0%なのに、法改正を肯定する理由

私は法改正の必要はなく、自転車から降りて自転車を押して歩いて横断歩道を渡ればよいと考えています。

自転車に乗ったまま横断歩道を横断したいとあなたが考えるのであれば、頑張って法改正してくださいということです。

>法改正されて然るべき事を認めておきがら、それと逆行する活動をする趣旨

私は法改正の必要性は全くないと考えています。

>バイクや自動車の場合と全く同じ考えである矛盾

ご質問の意味が分かりません。

No title

絵に書いた様な堂々巡りですねw
全く反論なっていませんね。
反論の余地が無く、私の考えが正しいと認め、それを露呈している様なものでよ。


>自転車に乗って通行している人は、歩行者ということはできない。

だから何故、自転車は【横断歩道による横断】とされないのですか。
横断歩道による横断なのに優先されない。とか意味不明な返答は不要です。
歩行者になる必要がそもそもないのです。

>何を聞きたいのでしょうか?

何を言っているのでしょうか?
答える気がないのなら、本サイトを消して下さい。
横断用の信号機を守り、かつ、25条の2により、自動車側を優先させる。というあなたの解釈があるのだから、何故両方を守る必要、道理があるのか説明できて然るべき事です。
できない、しようとすらもしないあなたは勝手解釈と言う事です。

>自転車通行帯があれば横断する自転車のために直進する車(自転車を含む)は停車する義務がある、なければそのような義務はないということを一貫して私は述べています。

で す か ら 横断歩道を横断する自転車の話なんですけど。自分のサイトの意味すらも忘れた?
それと、通行帯とは?
一貫して「~だ」「~は違う」と文句を言っているだけで、「~だから、違う」の説明が一切ない。会話なりませんね。

>自転車通行帯がなければ歩行者のためのもので、あれば歩行者と自転車のためのものです。
自転車通行帯がないのに自転車のためのものだというあなたの考えは間違っています。

うん、ですから
区別されているのは横断者の為です。
それについての反論になっていませんよね。

>自転車に乗ったまま横断歩道を横断したいとあなたが考えるのであれば、頑張って法改正してくださいということです。

まさしく自転車軽視の発言ですね。
横断歩道を渡らなければ自転車の交通は成立できません。
基本、車道を走行していてる場合でもです。
無条件で降車させるのは、38条を無条件で停止させるのと同様の不合理です。
自動車目線でしか物事を見ていない証拠です。

>ご質問の意味が分かりません。
自転車がバイクや自動車と明確に区別されているのはご存知ですか。
意味がわからなければ、勝手な法解釈を書くことはできません。
勉強してから出直してください。
また、同じ軽車両には台車を押した者も含まれます。
自転車と同じく、横断歩道を横断しなければ交通が成立できません。
この矛盾をどうお考えでしょうか。

No title

コメントありがとうございます。

あなたの言いたいことが全く理解できないので、次の2点に答えてください。

(1)横断歩道には、自転車横断帯がついているタイプとついていないタイプの2種類があることはご存知ですか?

(2)歩行者とは、歩いている人はもとより、二輪の車両を押して歩いている人(法第2条3項参照)をいうから、自転車に乗って通行している人は、歩行者ということはできない。
したがって、自転車に乗って横断歩道を通行している者がいても、本項1項後段の義務は生じない。

文献の上記記載について、あなたは否定したいのでしょうか?

No title

(3)道交法は、横断歩道の端に自転車にまたがって乗っている人が道路を横断しようとして待っているとき、自転車横断帯があれば自動車は横断歩道の直前で一時停止して自転車を横断させる義務があるが、自転車横断帯がなければそのような義務はないとしているわけですが、あなたはこれを否定したいのでしょうか?

No title

>(1)

どの様にしたら、私の返答文が理解できていないと判断できるのでしょうか。
質問を質問で返すのもいい加減に止めてください。会話になりません。
歩道上で、区別されているタイプがあるのと同じ事だと書きましたよね。
同様に、区別に関係なく自転車を優先させる。当たり前の事です。
ことなる正当な理由は?
それとも歩道の場合でも、あなたは自転車を妨害するのですか?

>(2)

ですから引用するのなら、それの正当な趣旨を説明して下さい。
あなたは、あなたより偉い人の事が全て正しいとお思いですか?
「~がそう言ったから」「~に書かれているから」としかあなたは返答していません。
先の池袋での自転車の妻子が死亡した事故が良い例です。
厳罰に国民は活動しています。
自転車の横断優先を否定すると言う事は、被害妻子にも過失があると言っている様なものです。
引用し、それを肯定するのなら、それの正当な趣旨を説明できてからにしてください。
あなたは勝手解釈そものであり、自転車軽視、横断権利を無視した証明でもあります。
どうでしょうか。

No title

>(3)道交法は、横断歩道の端に自転車にまたがって乗っている人が道路を横断しようとして待っているとき、自転車横断帯があれば自動車は横断歩道の直前で一時停止して自転車を横断させる義務があるが、自転車横断帯がなければそのような義務はないとしているわけですが、あなたはこれを否定したいのでしょうか?

うん、だから
あなたは何故、自転車の横断を妨害する事に賛同するのでしょうか?
あなたの活動の趣旨はなんでしょうか?
まして、待っている歩行者ですら停まらない現状において。
その様に、交通弱者の通行権利を無視する事が停まらない根本の原因なのです。
だから、真面目に反論しているのです。

自転車横断帯が付近にあれば、それにより横断する義務があるだけです。
拡大解釈は止めましょう。
また、それを“正当な根拠、終始もなく”信じることも止めましょう。
会話になりません。

No title

コメントありがとうございます。

>引用するのなら、それの正当な趣旨を説明して下さい。

正確な趣旨も何も書いてあるとおりです。

自転車横断帯がない横断歩道のときは、自転車がいても車は一時停止する義務はないということですね。

>あなたは、あなたより偉い人の事が全て正しいとお思いですか?
「~がそう言ったから」「~に書かれているから」としかあなたは返答していません。

ようやく理解できました。
あなたが言っていることは法解釈論ではなく運動論にすぎませんので、「あなたのご希望どおりに道交法が改正されるといいですね」としか言えません。

No title

感情論は論外です。

自転車軽視、及び
交通弱者軽視を認めるのですね

救いようがありませんね。
お話になりませんね。
あたはたの活動は

最低です。
反論できませんよねぇ
いつものように

No title

コメントありがとうございます。

私は運動論には全く興味がありません。

とはいえ、あなたの活動を否定するつもりはありませんので、あなたのご希望に沿う道交法の改正が実現することを陰ながらお祈り申し上げます。

No title

ですから私は、事実を申しておるのであり、
希望ではありません。
自転車の横断より自動車の通行を優先させたいという、身勝手な希望はあなたの方です。

見当違いの返答もいいところで、結局
悪口になっていますよ。

化けの皮が剥がれましたね。


>あなたの活動を否定するつもりはありませんので

では、今までの討論(あなたは逃げ回ってしていませんが)は無意味だったいう事ですね。
バカにするのもいい加減にしなさい。
即刻、このサイトを消しなさい。

無責任にも程がある。

No title

>横断歩道は歩行者の為のもの

そうです、歩行者の為、又は、自転車の為に自転車横断帯で区別をするのです。

自転車横断帯を通行している歩行者も、自転車は優先させる。
自動車側も当然に、その歩行者も優先させる。ですので、自動車側には区別の意味を持たない。勿論、横断歩道の自転車に限りそれが異なる事はない。
区別に意味を持ちませんので。

てか、これ前にも書きましたよね。
完全に無視されていますがw

No title

コメントありがとうございます。

もはや運動論であり論評のしようがありませんが、頑張ってください。

No title

いつまでも
論点変え…
いや、悪口言っていないで

横断帯との区別が自動車側に何故、
意味を持つのか、持つ必要があるのかを答えなさい。

No title

コメントありがとうございます。

>横断帯との区別が自動車側に何故、意味を持つのか、持つ必要があるのかを答えなさい

道交法38条1項に書いてあるとおりです。

自動車が一時停止する義務があるのは、横断歩道に歩行者がいるとき又は自転車横断帯に自転車がいるときだけです。

横断歩道に自転車がいるときは一時停止の義務はありません。
ただし、横断歩道にいる自転車であっても路面に両足で立って自転車のハンドルを持っているときには歩行者として扱われますので、自動車は一時停止しなければなりません。

あなたがこの解釈に不満であれば、頑張って道交法を改正してください。

No title

うん、だから
論点を変えないでください。
跨った、股がっていない
地面に足がついているとか
幼稚な判断の話などしていません。

38条は、横断歩道等、歩行者等と
それぞれ、横断歩道と自転車横断帯。
歩行者と自転車を総称したものです。
それは、何度も言うように、横断帯と区別されているのは横断者の為だからで、降車をするのも歩行者の為で、自動車側の為に容赦をする義務はないからです。

ではなぜ、38条は総称ではなく、横断帯との区別が自動車側に意味を持つのかと
問うているのです。
これ以上の検討違いな返答は無視します。
かつ、通報したします。
ご返信は慎重に願います。

No title

コメントありがとうございます。

あなたのご主張は法律論ではなく単なる根拠のない願望です。

法律解釈論で独自の主張をしても無意味であり、裁判例や文献の記載を示す必要があります。

No title

うん、だから
根拠がない事を証明しろと言っているんだ

「私は正しい」「あなたは間違っている」
と根拠のない事を延々連呼しているのはあなたです。

近年の法改正で、横断歩道で自転車が横断出来る事を明確化されました。
あなたの様な間違った勝手解釈をする者があるからです。
また、先の池袋の事故があり、警察の考えも変わっています。

この様なサイトは危険と判断され、詳しく調査される事でしょう。

では、延々にさようなら

No title

コメントありがとうございます。

>近年の法改正で、横断歩道で自転車が横断出来る事を明確化されました。

ですから、あなたが間違っているんですって。

東京高裁平成22年5月25日判決です。
これを読めば分かりますが、道交法38条1項ヲ根拠とする徐行義務ないし一時停止義務はなく、注意して走行すればよいとされています。

平成20年6月1日施行の改正後の道路交通法施行令2条1項をみると、例外的に歩道を通行することができる自転車の範囲を明確化したことに伴い、自転車横断帯が設置されていない交差点において、これらの自転車が横断歩道を進行して道路を横断することが見込まれていることを踏まえ、横断歩道を進行しようとする自転車については、人の形をする記号を有する信号に従わなければならないと規定している。
また、それに伴い、国家公安委員会告示第3号「交通の方法に関する教則」も、自動車の安全な通行について、「横断歩道は歩行者の横断するための場所ですので、横断中の歩行者がいないなど歩行者の通行を妨げるおそれのない場合を除き、自転車に乗ったまま通行してはいけません」(第3章第2節1(5))、「横断歩道を進行する場合は、歩行者信号機の信号に従わなければなりません」(同3(1))とそれぞれ改められ、自転車が一定の場合に横断歩道を利用して道路を横断することを想定している。
したがって、進路前方の交通整理の行われていない交差点に横断歩道がある場合には、適宜速度を調整し、横断歩道による歩行者及び自転車の有無並びにその安全を確認して進行するべき注意義務が認められる。原判決も同趣旨と解され、所論がいうように歩行者に対して要請される道路交通法38条1項による徐行義務等を流用して、被害者車両の予見可能性を認定しているわけではない。

>先の池袋の事故があり、警察の考えも変わっています。

警察には道交法違反でないものを検挙する権限はありません。

>この様なサイトは危険と判断され、詳しく調査される事でしょう。

あなたの政治運動が実現することをお祈り申し上げます。
頑張ってください。

横から失礼

その判決は引用文にある、被告の控訴を却下した判決が出ているぞ
都合の良い文を抽出しているね

あと、事故の原因は38条前段の徐行義務違反であって、被害者が歩行者の場合であっても結果は変わらないとしている

結果、被害者が自転車というだけで、過失の度合いの判決であって、自転車に対して停止義務がないなど一切書かれていない

加えて、自転車の横断を容認することが書かれている

たわら男爵氏は日本語が読めないのかな
それとも‥‥

No title

コメントありがとうございます。

>被告の控訴を却下した判決が出ているぞ

徐行義務違反を否定した上で、安全運転義務違反で過失をとっていますね。

被告人が横断歩道の安全確認を怠っていた以上、これは仕方がないことです。

>事故の原因は38条前段の徐行義務違反であって、被害者が歩行者の場合であっても結果は変わらないとしている

高裁判決は徐行義務違反を明確に否定しています。

>自転車の横断を容認することが書かれている

自転車横断帯でなければ、自動車には安全運転をする義務はありますが、徐行義務ないし一時停止義務はありません。

本件の被告人は安全運転をする義務を怠ったことから有罪になっただけのことであって、徐行義務や一時停止義務を怠ったことから有罪になったものではありません。

というか、ここまでおっしゃるからには控訴理由をご覧になったでしょ?
道交法38条1項に基づく徐行義務違反ないし一時停止義務違反で過失をとると道交法の解釈適用を間違った違法が認められてしまうことから、高裁判決はあえて道交法38条1項違反ではないとの判断を示したわけです。

やはり、判決文を理解できていない様ですね
今度は、都合の良いように引用していないので
日本語が理解できていない"フリ"なのは
確信犯ですね

>というか〜
あんたが反論する理由そのものを、自身で不当だと認めていますね
墓穴の大穴掘りましたね
おめでとう

No title

コメントありがとうございます。

>あんたが反論する理由そのものを、自身で不当だと認めていますね

高裁判決は道交法38条1項違反ではないと明確に判断しています。

徐行義務ないし一時停止義務があるとあなたが主張するのであれば、その根拠(裁判例ないし文献)を示してください。

だったら
自転車が自動車に対する優先義務違反や、それに起因する判例はこの世に存在するのか

あんたが正しければ、必ずあるハズです
あんたこそ、自転車が優先義務を果たさなくてはならない根拠を示せ

No title

コメントありがとうございます。

私は既に文献、裁判例を示しました。
あなたは何も示しておらず、感情的に論拠のない自説を繰り返し述べるだけです。

何も論拠を示すことができないのであれば、あなたはもう黙るべきです。

自転車に優先義務はないと認めたのですね
ありがとうございます

No title

コメントありがとうございます。

>自転車に優先義務はないと認めたのですね

ごめんなさい。
あなたが何を言いたいのかが全く理解できません。

論拠を示すおつもりはないのでしょうか?

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

自転車が足をついて停止している状況だと、自転車を降りて即座に押して歩くことができる。
実際に、降りて押すつもりで、停止している可能性がある。(押して歩くためには、一旦停止するのだから)

だから車は、直前で停止できる速度に減速しながら、横断歩道に接近する法的な義務がある。

その状態で自転車が走り出し、車が停止できずに衝突したらどうなるか?
車側の 100%過失になる。

停止状態の自転車は、飛び出すような加速はできない。車はいつでも停止できる速度で接近している。ドライバーが道交法を守っていれば、衝突は発生するはずないのだ。
したがって、衝突が発生すれば、自動車側が道交法違反(減速していない)なので、100%悪いことになる。

繰り返すが、
横断歩道を渡るつもりで停止している自転車がいたら、その自転車は即座に歩行者になる可能性がある。
車側に一時停止する義務がないとしても、いつでも停止できる速度、つまり徐行速度で通過しなければならない。

徐行で通過するつもりなら、一時停止して自転車をわたらせた方が合理的だ。
結局、横断歩道を渡ろうとして停止している自転車がいたら、車は一時停止した方が良いのだ。
どうせ徐行で通過しなければならないのだから。

自転車が停止状態から発進している限り、万一、事故が発生すれば、車側の過失が 100%になる。

No title

コメントありがとうございます。

>だから車は、直前で停止できる速度に減速しながら、横断歩道に接近する法的な義務がある。

そのような法的義務はありません。

>その状態で自転車が走り出し、車が停止できずに衝突したらどうなるか?
車側の 100%過失になる。

基本は80対20で自転車が悪くなりますが、自転車が自転車横断帯が付設されていない横断歩道を走行していたときは自転車に有利に修正されますが、それでも75対25で自転車が悪くなります。
つまり、自転車に1000万円の損害が発生したとき、250万円しか請求できません。

なお、自転車が自動車の直前に飛び出したようなケースでは自動車が免責されることもあります。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理